ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2022年01月18日防鹿柵の成果

吉野熊野国立公園 吉野 丸毛絵梨香

あけましておめでとうございます。

吉野管理官事務所の丸毛です。

11月頃から霧氷や積雪が観察された大台ヶ原も、12月1日に閉山となりました。

今年は大きな台風や豪雨災害が大台ヶ原では起きませんでしたが、緊急事態宣言等により全国からの来山が難しい一年でもありました。

今まで防鹿柵(ぼうろくさく)の紹介をしてきましたが、正木峠などルート上から確認できる限られた防鹿柵しか、中を見ることができません。

防鹿柵はトウヒ(針葉樹)を保護するためのものだけではなく、スズタケ(コマドリが営巣する背の高いササ)や全体的な生物多様性を保護するためなど、保護対象も様々です。

下の写真は歩道外に設置された防鹿柵になります。一般の方々の立入は禁止となっていますが、シカ等の侵入がないか点検したり、植生回復状況の確認のために職員は時折、立ち入ります。

とある防鹿柵の中は、稚樹がところ狭しと生えていて、歩くのも一苦労でした。もしここにシカが侵入すれば、若くておいしい稚樹や実生たちはあっという間に食べられてしまうことでしょう。

防鹿柵の中の稚樹密生地

そのほか、防鹿柵の内側はシカの食害がないためササの背丈が高くなっているのが観察できますね。

防鹿柵の中と外のササの様子

実は、大台ヶ原のミヤコザサはミヤコザサとは別種であると言われていた時期があります。と言うのも、シカに食べられすぎた結果、ササは防御反応として葉を小さくしていたため、普通のミヤコザサとは姿が違うように見えたのです。

シカの捕獲や防鹿柵設置のおかげで、食害に合わなくなった結果ミヤコザサは元の葉の大きさに戻りました。ただそこに生えているだけに見える植物も、意外と大胆に姿を変えて自然環境に適応していますね。

非公開部分の多い防鹿柵ですが、西大台では今年の秋に新しく防鹿柵が設置されました!

なんと!この防鹿柵は皆さんに入っていただくことができます。

既存の歩道上に防鹿柵を設置した形になります。

今の林床はシカが食べないミヤマシキミが優占していて、稚樹や実生も多くはありません。

ミヤマシキミ

(△ミヤマシキミ:有毒でシカが食べない種類のため残っている高さ0.3~1m程度の低木。このサイズでも成木です)

この防鹿柵の中も、5年後、10年後には植生が回復して、今とは全く違う景色が広がっていることが予測されます。東大台の苔道以外に防鹿柵の中を歩くことができるのは、この新設された柵だけです。

植生回復、という他の登山では考える機会のあまりない視点を持って歩いていただければと思います。そして、経年で変化していくであろうこれからの大台ヶ原の植生を想像しながら楽しんでください。

※大台ヶ原は植生保護のため、歩道外への立入を禁止しています。ササの薄い道のような跡を見ることがあるかと思いますが、それらはシカ等につけられた獣道になります。西大台は歩道が時折分かりにくくなっていますが、水色のテープを目印に歩くと迷うことがありません。歩道外への立入りはご遠慮いただきますようお願いします。

ページ先頭へ↑

2021年12月28日今年1番の思い出写真

山陰海岸国立公園 竹野 久畑久美子

 皆さま、こんにちは。

 竹野自然保護官事務所の久畑です。


 先日から降り続く雪で日本海側には大雪警報が発令されていましたが、日本海まで50メートルもない竹野事務所の周辺は、12月27日9時現在の積雪量、3センチメートル程です。

竹野自然保護管事務所前の積雪の様子

   (竹野事務所前の積雪の様子)

 先日から、ごうごうと風が強く吹いていたので、雪雲が飛ばされたようです。内陸の方では積雪が多いそうです。車でのご走行にはご注意ください。海岸部では風がやむと積もり始める合図。車の運転など一層気を引き締めていきたいと思います。

 今年1年もあと数日ですね。私の今年1番の思い出写真をご紹介します。

来日岳山頂から見る夜明け前の雲海

      (来日岳山頂から見る夜明け前の雲海)

 11月に撮影した来日岳の雲海の写真です。

 おおよそ北側半分が国立公園区域内にある山で、豊岡盆地、竹野、京丹後、山間に久美浜湾が一望できます。朝5時過ぎに到着したのですが、山頂にはすでにカメラを構えた方がたくさんおられました。

円山川から昇り立つ霧が盆地に溜まり雲海になります。豊岡市は霧の発生率は高いのですが、雲海発生には晴れていること、前日の夜と朝の気温差が大きいこと、風がないことなど、いくつか条件があり、1つでも揃わないと綺麗な雲海を見ることはできません。今回の読みは大当たりでした!

 昼間の来日岳山頂からはこのような景色を眺めることができます。

晴れた日の来日岳山頂から見た豊岡盆地と円山川

   (晴れた日の来日岳山頂から見た豊岡盆地と円山川)

もう1箇所見ておきたい場所があったので、日が昇る前に移動しました。

日和山海岸を見下ろす

        (日和山海岸を見下ろす)

日和山海岸です。奥で一筋に伸びているのが円山川河口から流れ出ている雲海です。山を越えて流れているものは雲海が盆地から溢れてきているものです。日が昇るにつれ、どんどん流れ出してきます。時間を忘れて魅入った、今年一番の思い出となりました。

皆さまも、今年一番の思い出写真はありますか?

ページ先頭へ↑

2021年12月23日環境省・山陰海岸ジオパーク推進協議会協働事業 新温泉町有識者視察

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 12月5日、6日に3名の有識者(地域振興、エコツー、観光)と、兵庫県新温泉町の現地視察を行いました。現地ガイドの案内で新温泉町の見どころを視察、そして地元の方々と交流、意見交換を行い、エリアの活性化のためのアドバイスをいただきました。

 2日間新温泉町の国立公園とその周辺の魅力的な場所を回りました。

一日目

○浜坂駅前のまち歩き案内所「松籟庵」(しょうらいあん)。

松籟庵には、新温泉町や周辺地域の観光情報、浜坂の歴史紹介やお土産物、レンタサイクルもあります。そこで1番びっくりしたのが奥の展示コーナーにある蓄音機でした。

      【浜坂駅前 松籟庵】

        【蓄音機】

なぜ、新温泉町に蓄音機、と思われませんか。

そこには、新温泉町と針の関わりにありました。

冬は雪と荒波に閉ざされる新温泉町では、江戸時代後期より縫い針の生産が始まり、明治期には住民の多くが針製造に従事したとされています。

縫い針からはじまった技術は、現在レコード針製造へ発展し、特にオーダーメイドで生産される蓄音機の針は評判が高く、世界中から注文が来るとのことでした。受け継がれてきたすばらしい技術に感動しました。

○三尾(みお)地区

浜坂駅前から車で20分ほど山道を走った所にある小さな漁村です。地元で取れるわかめの加工や海上タクシー(小さな漁船による海上ツアー)、地区の抱える問題など、次のようなお話を聞かせてもらいました。

・わかめは収穫後水で洗わず冷凍することによって、解凍後大変おいしく頂くことができ、東京の有名な寿司店でも提供されていること。

・海上タクシーは小船のため、少しでも天候が荒れると出港できないので、予約があってもおことわりをしなければならないことも多いこと。

・漂着ゴミのこと。

○諸寄(もろよせ)地区

諸寄を見渡せる城山園地より諸寄港を一望。ここから見る日本海に沈む夕日は絶景です。

どんなに大荒れの日でも、大きく入り込んだ湾のおかけで、港内はいつもおだやかです。恵まれた地形から北前船の風待ち港として昔より栄えている港町です。

国道から一歩中に入っていくと、昔からの歴史を感じる建物が残り、道はどれもまっすぐ海へ向かっています。諸寄基幹集落センターでは貴重な江戸時代の航海図や諸寄出身の芸術家の作品などもあり、見応えたっぷりでした。

   【城山園地展望所より見た諸寄港】

○夜の意見交換会

地元活動団体の活動報告と有識者との意見交換会がありました。

荒天で海のアクティビティが実施できない場合の代替策、

インバウンド対応などについて質問がでました。

有識者からは、次のようなご意見をいただきました。

・各地区に休憩ポイント、カフェなどが欲しい。

・雨天時対応は代替プランを提案。

・外国人にはガイドが英語を話せなくても、紙芝居形式の解説・資料を用意して対応。

・すばらしい資源がたくさんあるので、もっとアピールしよう。

・フェノロジーカレンダー(月ごとの見どころ、味覚、行事などをまとめたもの)をみんなで議論して作成するとよい。

二日目

○漁港の競り(せり)見学

関係者以外立ち入りできない浜坂港の競り売りを、特別に見学させていただきました。松葉ガニシーズン本番ということもあり、大変活気がありました。今年のカニも大変おいしそうでしたが、例年と比べて漁獲量がとても少なく、かなり高値となっているとのことでした。

 この2日間の訪問先でご対応いただいたみなさんが、大変生き生きと活躍されていて、どうやったら町が活気づくか真剣に取り組んでおられる姿が印象的でした。

ご協力ありがとうございました。

新温泉町には多くの見どころや、温泉、豊富な海の幸、町を大好きで魅力あふれる人たち、伝統を受け継いできた素晴らしい技術がありました。有識者との意見交換等がきっかけとなって、地域の連携や魅力の発信がより一層進むことを期待し、私たちも国立公園としての利用促進に、一緒に取り組んでいきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2021年12月20日EVバス実証実験in吉野山

吉野熊野国立公園 早川諒介

 皆さま、こんにちは。吉野管理官事務所の早川です。

 先日、奈良県吉野町の吉野山にてEVバス実証実験を行いました。

環境省HP<http://kinki.env.go.jp/to_2021/post_234.html>

 吉野山は吉野熊野国立公園や世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に指定・登録されており、中でも国宝にも指定されている金峯山寺は東大寺に次ぐ規模の木造建築であり、その存在感は圧巻です。また、4月にかけて満開の桜で多くの観光客が訪れ、日本でも有数なシロヤマザクラの名所としても知られています。

 今回実施したEVバス実証実験とは、マイカー規制及びEVバスなどの環境配慮型2次交通を導入した周遊システムの社会実験になります。環境省では、脱炭素社会に向けて対策が進められており、今後の国立公園における保護と利用の実現に向けて本実験を行いました。

吉野山EVバス

 吉野山は以前より、観桜期や紅葉期の自家用車乗り入れ等による交通渋滞や利用者の満足度の低下が懸念されています。そのため今後、地域の特性に応じた吉野山の魅力を高め、利用者が集中する時期以外の通年での利用促進、自然環境に配慮したインフラ整備が重要と考えています。

吉野山EVバス2

 吉野山は下千本が標高約200~350m、奥千本では標高約600~750mと急勾配な坂道が続くので、実証実験では、特に高齢者の方々に登りでEVバスに乗車していただき、下りは徒歩でゆっくりと吉野山を満喫していただけました。EVバス利用者からは、「とても静か」、「乗車目線も低く、お土産屋の中も確認できよかった」など様々なご意見をいただき、無事終了することができました。また、年に一度、この急勾配を利用したロードバイクでのヒルクライムも開催されています。今後私も出場を検討しています。

吉野山EVバス3   吉野山EVバス4

 吉野山は桜が有名ですが、利用者のメインルートからはずれた脇道沿いにも、修験道にまつわる歴史的、文化的な資源を発見することができます。少し寄り道をして、金峯山寺や修験道の歴史・文化に目を向けて散策すると、これまでとは違う風景や空気感を感じることができると思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ