ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

山陰海岸国立公園 浦富

25件の記事があります。

2022年04月25日初めての管内巡視で感動

山陰海岸国立公園 浦富 堀田利明

 みなさん、はじめまして。この4月からアクティブ・レンジャーとして浦富自然保護官事務所で勤務している堀田です。どうぞよろしくお願いします。

 直前まで職場は変わりながらも、鳥取砂丘に関わる仕事に永年従事してきました。その間、ガイドとしても多くのお客様に鳥取砂丘の魅力を案内してきました。出身は、大山隠岐国立公園大山の西麓で学生時代から大山の自然も存分に楽しんでいました。もちろん山陰海岸国立公園も学生時代、社会人となってからも仕事や釣り、撮影小旅行などプライベートでもよく通ったところです。このたび、アクティブ・レンジャーとして山陰海岸国立公園の仕事ができることを大変うれしく、幸せ者だと思っています。皆様の期待に応えられるかは、少し不安はありますが・・・。

 自己紹介は、さておき、先日、自然保護官と管内の施設点検など巡視に出かけましたのでそのときの様子などを紹介させていただきます。

 まずは、鳥取砂丘ビジターセンターへ。来館者は、春休みに入り少し増えた感じでしたが、春休みが終わるとまた静かな鳥取砂丘に戻り、ビジターセンターでは来館者もゆったりと過ごされていました。

春休みの鳥取砂丘

【春休みの鳥取砂丘】

 つづいて、岩戸(いわど)海岸、大谷(おおたに)海岸と車で看板などを確認しながら進み、鴨ヶ磯(かもがいそ)へ。

鴨ヶ磯では、海岸に沿って整備された遊歩道を歩いて巡視します。鴨ヶ磯展望駐車場から高低差約50mの遊歩道を下っていくと白砂のポケットビーチ的な小鴨ヶ磯にたどり着きます。続いて石英斑岩の柱状節理が見事な椿谷を抜けると大鴨ヶ磯へ。ここも花崗岩由来の少し粗い粒の白い砂浜で、永年鳥取砂丘の黄色っぽい砂ばかり見ていた私は、その様に感動しました。また視線を海に向けるとマツの生える大小の小島が浮かんでいます。これまでは、展望駐車場(海抜約50m)から俯瞰するばかりでしたが、磯浜から間近にみる景色は、絶景です。椿谷手前の遊歩道は、満潮時は通行に支障があるため注意看板を数カ所設置していますが、特に異常はありませんでした。この後、遊歩道沿いの落石など確認しながら令和3年3月に開通したショートカットコースで県道に戻り、車道をしばらく歩き元の場所へ着くと汗ばむ位の運動量でした。

                  【椿谷付近からの島々】

                     【大鴨ヶ磯】

 途中、数組の観光客とすれ違いましたが、皆さん感動されている様子で何よりでした。

さらに車で東に向かい、兵庫県は新温泉町の諸寄港を見下せる城山園地へたどり着くと昼の時間となりました。ここでは、案内看板などに支障が無いか確認しました。桜の花も満開で、花見をしながらお弁当を食べる方々もいらっしゃいました。桜の花咲く時期に初めて来ましたが、他の利用者も風景を撮影するなどここの景観に感動されている様子でした。

                    【諸寄港】

                   【城山の桜】

 山陰海岸は、いつ来ても素晴らしい。ここから見る日本海に沈む夕日もきっと素晴らしいでしょう。 機会があれば是非夕陽の時間に様子を見てみたいです。

 まだ巡視は、続きましたが、今回はここらで初日記をさせていただきます。

 山陰海岸一帯は、2月下旬から大量の注射器の漂着が続いています。危険ですので、海岸を散策される際はご注意いただき、発見された場合は、手を触れずに最寄りの県事務所や市町村にご連絡ください。

 鳥取県HP:https://www.pref.tottori.lg.jp/208432.htm

ページ先頭へ↑

2021年12月23日環境省・山陰海岸ジオパーク推進協議会協働事業 新温泉町有識者視察

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 12月5日、6日に3名の有識者(地域振興、エコツー、観光)と、兵庫県新温泉町の現地視察を行いました。現地ガイドの案内で新温泉町の見どころを視察、そして地元の方々と交流、意見交換を行い、エリアの活性化のためのアドバイスをいただきました。

 2日間新温泉町の国立公園とその周辺の魅力的な場所を回りました。

一日目

○浜坂駅前のまち歩き案内所「松籟庵」(しょうらいあん)。

松籟庵には、新温泉町や周辺地域の観光情報、浜坂の歴史紹介やお土産物、レンタサイクルもあります。そこで1番びっくりしたのが奥の展示コーナーにある蓄音機でした。

      【浜坂駅前 松籟庵】

        【蓄音機】

なぜ、新温泉町に蓄音機、と思われませんか。

そこには、新温泉町と針の関わりにありました。

冬は雪と荒波に閉ざされる新温泉町では、江戸時代後期より縫い針の生産が始まり、明治期には住民の多くが針製造に従事したとされています。

縫い針からはじまった技術は、現在レコード針製造へ発展し、特にオーダーメイドで生産される蓄音機の針は評判が高く、世界中から注文が来るとのことでした。受け継がれてきたすばらしい技術に感動しました。

○三尾(みお)地区

浜坂駅前から車で20分ほど山道を走った所にある小さな漁村です。地元で取れるわかめの加工や海上タクシー(小さな漁船による海上ツアー)、地区の抱える問題など、次のようなお話を聞かせてもらいました。

・わかめは収穫後水で洗わず冷凍することによって、解凍後大変おいしく頂くことができ、東京の有名な寿司店でも提供されていること。

・海上タクシーは小船のため、少しでも天候が荒れると出港できないので、予約があってもおことわりをしなければならないことも多いこと。

・漂着ゴミのこと。

○諸寄(もろよせ)地区

諸寄を見渡せる城山園地より諸寄港を一望。ここから見る日本海に沈む夕日は絶景です。

どんなに大荒れの日でも、大きく入り込んだ湾のおかけで、港内はいつもおだやかです。恵まれた地形から北前船の風待ち港として昔より栄えている港町です。

国道から一歩中に入っていくと、昔からの歴史を感じる建物が残り、道はどれもまっすぐ海へ向かっています。諸寄基幹集落センターでは貴重な江戸時代の航海図や諸寄出身の芸術家の作品などもあり、見応えたっぷりでした。

   【城山園地展望所より見た諸寄港】

○夜の意見交換会

地元活動団体の活動報告と有識者との意見交換会がありました。

荒天で海のアクティビティが実施できない場合の代替策、

インバウンド対応などについて質問がでました。

有識者からは、次のようなご意見をいただきました。

・各地区に休憩ポイント、カフェなどが欲しい。

・雨天時対応は代替プランを提案。

・外国人にはガイドが英語を話せなくても、紙芝居形式の解説・資料を用意して対応。

・すばらしい資源がたくさんあるので、もっとアピールしよう。

・フェノロジーカレンダー(月ごとの見どころ、味覚、行事などをまとめたもの)をみんなで議論して作成するとよい。

二日目

○漁港の競り(せり)見学

関係者以外立ち入りできない浜坂港の競り売りを、特別に見学させていただきました。松葉ガニシーズン本番ということもあり、大変活気がありました。今年のカニも大変おいしそうでしたが、例年と比べて漁獲量がとても少なく、かなり高値となっているとのことでした。

 この2日間の訪問先でご対応いただいたみなさんが、大変生き生きと活躍されていて、どうやったら町が活気づくか真剣に取り組んでおられる姿が印象的でした。

ご協力ありがとうございました。

新温泉町には多くの見どころや、温泉、豊富な海の幸、町を大好きで魅力あふれる人たち、伝統を受け継いできた素晴らしい技術がありました。有識者との意見交換等がきっかけとなって、地域の連携や魅力の発信がより一層進むことを期待し、私たちも国立公園としての利用促進に、一緒に取り組んでいきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2021年10月20日秋の鳥取砂丘

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 日増しに秋の深まりを感じるようになりました。

空は高く澄み渡り、夕方には美しい夕焼けにしみじみと秋の風情を楽しむこのごろです。

秋晴れの日、鳥取砂丘を歩いてきました。

 砂丘のあちこちでコウボウムギを見かけます。今の季節は、枯れて雌株の穂から焦げ茶色の種がたくさんおちていました。穂先もムギによく似ています。

       【コウボウムギ】

 ところで、麦わら帽子のことを英語で「ストローハット」と呼びます。ムギを含め、イネ科の植物は茎の中がストローのように空洞になっているのが特徴です。(というより、昔はもっぱら麦わらをストローとして使っていたのです。)

一方、コウボウムギの茎の断面を見てみると、、、なんと、中に空洞がありません。つまりコウボウムギはムギの仲間ではないとわかります。コウボウムギはイネ科ではなく、カヤツリグサ科の植物です。

いじわるなネーミングですね。私もまんまとだまされてしまいました。(笑)

    【コウボウムギの茎の断面】

コウボウムギと同じように、ランの仲間ではないのに「ウンラン」とか、ニンニクの仲間ではないのに「ハマニンニク」という植物もあります。興味がある方は調べてみて下さい。植物だけではなく、ほかにもたくさんありますよ。

 さて、山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンターでは、オープン3周年を記念して、10月23日土曜日より10月31日日曜日まで「鳥取砂丘ビジターセンターフェスティバル2021~砂だけじゃない❤鳥取砂丘を遊びつくそう~」が開催されます。缶バッチつくりなど、期間限定のイベントがあります。

【 #鳥取砂丘川柳コンテスト2021】
#鳥取砂丘川柳コンテスト2021で鳥取砂丘をテーマにした川柳をTwitterにつぶやこう。

鳥取砂丘ビジターセンター館内でも同時募集しています。

私も、一生懸命アイディアを考え中です。なかなかいい句が思いつきませんが、記念に一句、がんばって応募したいと思っています。みなさんもつぶやいてみて下さい。

 また、企画展示では【鳥取砂丘今昔写真展】が展示中です。(10月9日(土)~10月31日(日))

数十年前と現在を比べてみると、昔と大きく変わったもの、昔から変わらないもの、、、なつかしさとおどろきがいっぱいです。

展示物だけではなく、写真集としても置いてありますので、たくさんの写真を見ることができます。

この機会に是非ビジターセンターへお越し下さい。

 10月中旬17時頃の夕日です。夕日の時間は、砂丘の色々な場所で、夕日を見ている方がおられます。時間を忘れて、見入ってしまいます。

2021イベントチラシ.pdf

ページ先頭へ↑

2021年08月17日但馬御火浦(たじまみほのうら)のみどころ

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま、こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 但馬御火浦は兵庫県新温泉町岸田川河口から香美町井笹岬までの約8kmの岩石海岸です。変化に富む力強い海岸線が魅力ですが、急峻な地形ゆえに陸上からは近づくことができません。

 今回は、船上より観察した日本列島形成にかかわる岩石が描くさまざまな模様、洞門や奇岩などがパノラマのように連なる素晴らしい景色をご紹介したいと思います。

 浜坂港より東へ向けて出発すると、【鬼門崎】が見えてきます。浜坂の東にあった芦屋城から見て鬼門に当たるので鬼門崎の名がついています。銛の先端のような形の岩です。約7000万年前、日本列島がアジア大陸の東の端にあった頃に噴火した流紋岩で出来ています。

流紋岩は白っぽい色の溶岩で、地表近くで固まった溶岩を火山岩と呼びます。

【龍宮洞門】

一帯は花崗岩でできていますが、一筋の安山岩の岩脈がこれを貫いています。海面付近の洞門から、天に向かって昇る岩脈の様子を龍にたとえ、龍宮洞門と名がつきました。花崗岩は日本が大陸の一部だった時代にマグマが地下深くで固まったもの(深成岩)で、白っぽい色をしています。一方、岩脈は日本列島形成後に花崗岩の岩山を割って吹き出した火山岩で、やや黒っぽい色をしています。

【獅子の口】

黒い岩の間の裂けた穴から赤い岩が見えています。獅子が赤い口を開けているように見えることから、この名前が付いています。日本海ができるころに流れた溶岩が波によって侵食され、獅子が口を開けたような割れ目が出来上がりました。

獅子の口の真っ赤な色に見えているのは岩石に含まれる鉄分が酸化してできた赤さびの色です。

海岸線の色が手前(右)から<黒っぽい~黄土色~黒っぽい>へと色の変化が見られます。手前の黒っぽい岩石が獅子の口があるところで安山岩です。黄土色は流紋岩、奥はデイサイトという火山岩です。こうやって眺めるだけでも、変化に富む景色を見ることが出来ます。

【三尾大島】

島全体に柱状節理が発達しており、とくに南東側の岩壁には無数の柱状節理と、それを横切る板状節理が美しい景観を造っています。

        <南西部>                 <南東部>

【鋸岬(のこぎりみさき)と旭洞門】

新温泉町と香美町境の岬です。岬の頂上部が鋸状になっていることから、鋸岬と名付けられました。岬の中央部の洞門は旭洞門と呼ばれ、洞門から朝日がさす景色の素晴らしさから名付けられていますが、見られるのは5月中旬の数日だけで、この時期の日の出時刻は5時頃。船上からしか見られないので、なかなか難しいですね。漁師さんの特権といったとこでしょうか。

 このように但馬御火浦では、日本列島がまだ大陸の一部だった時代から、様々な年代にできた様々な種類の岩石がモザイク状に組み合わさり、岩質によって色や割れ方、崩れ方が違うことでそれぞれ異なる景観を形づくっています。

 以上、船上より観察した、但馬御火浦のご紹介でした。

ページ先頭へ↑

2021年06月11日自然歩道点検

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま、こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 毎年鳥取県、鳥取市、岩美町の担当者と環境省で、自然歩道の点検を二日間に分けて行っています。

 ・施設が老朽化し壊れそうなものはないか。

 ・下り道、滑りやすく危なくないか。

 ・道がわかりにくくはないか。

 ・景色は見えるか。

等、安全に利用できるかを確認します。

 今年も晴天の二日間、自然歩道点検を行いました。3ルートの点検を行いましたが、今回は今年3月に新ルートが開通した駟馳山(しちやま)ルートの様子をご紹介致します。

【大谷~岩戸】

 駟馳山とは鳥取市と岩美町をまたがる山です。従前のルートは、2017年に発生した地すべりのため通行止めとなっていました。昨年の点検で新ルートの工法検討を行い、秋から工事が行われていました。今回の点検は、完成した新ルートを岩美町側より出発し鳥取市側へ向かいました。

自然歩道路線図

岩美町網代

【中腹からの景色(岩美町網代)】

しち山最高地点

【最高地点】

 ルートの最高地点にはベンチがあり休憩できます。

 ここからは鳥取市へ向かう下り道となります。途中、牛ヶ首・滝ヶ磯と絶景ポイントがあります。

 滝ヶ磯へのルートも土砂崩落により通行止めでしたが、昨年度歩道が整備され、柱状節理の迫力のある断崖の景色を間近で見られるようになりました。

滝ヶ磯

【滝ヶ磯】

鳥取砂丘

【鳥取市側展望所より眺める鳥取砂丘】

 駟馳山から浦富海岸や鳥取砂丘の景色を見ながら歩く新ルート。日本海を望め、駟馳山の森の中も楽しめる素敵なコースとなっていました。

 今回の点検では、歩道内の草の繁茂、ビューポイントの支障木、柵、手すりのぐらつき、道がわかりづらい等の課題がありました。みなさまに安全に自然歩道を楽しんでいただけるよう、関係機関で協力して整備や維持管理に取り組んでいきます。

ページ先頭へ↑

2021年05月06日鳥取砂丘合同救助訓練

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま、こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 夏の砂丘、砂の表面温度は60度近くまで上がります。砂丘を散策中に、熱中症で救急搬送される事故は、気温が温かくなる5月頃より発生し、8月特に多く発生しています。

去年はコロナ緊急事態宣言等で観光の方の数も少ない中、年間救急車要請5件、ヘリ要請2件あり、8月には死亡事故が1件ありました。令和元年度は救急車要請20件、ヘリ要請2件でした。

 4月27日、鳥取砂丘では砂丘レンジャー、鳥取砂丘ビジターセンター(以下:ビジターセンター)、自然公園財団及び鳥取県消防防災航空隊との合同救助訓練が行われました。

砂丘レンジャーとは、鳥取砂丘の利用者の方への解説指導、落書きやゴミのポイ捨てに係る巡視活動を行う鳥取県の職員です。

 合同救助訓練は実際の状況を想定し、場所を変え2回行われました。

【訓練状況1の場合】

9:08 訓練開始

9:09 体調不良者発見 119番通報

9:26 上空に消防ヘリ到着

9:36 救急隊要救助者に接触

9:48 消防ヘリへピックアップ開始

9:50 消防ヘリ離脱 

現地では、砂丘レンジャーとビジターセンタースタッフが、観光客の安全確保のための誘導や、訓練中であることの周知にあたり、無事に終了しました。

【救助を呼ぶ際には】

・119番へ連絡し、海から○○m、オアシスから西に○○mなど、目印となるものから救助者の位置を伝え  る。砂丘内には100m間隔で杭が立てられてるので、杭の番号を伝えると伝わりやすい。

・ヘリが到着するまでに、救助者のまわりのゴミや人をよける。

(ヘリの風で飛ばされたゴミによるケガを防ぐため。)

 

砂丘へ行く時には、

必ず飲み物を持って、こまめに水分補給して下さい。

砂丘内は休憩しながらゆっくりと楽しんで下さい。

日差しの強いときは、帽子も必須です。

体調がすぐれないときには、決して無理しないで下さい。

安全に気をつけて、鳥取砂丘をお楽しみください。

【ハマニガナの花が咲き始めていました】

ページ先頭へ↑

2021年03月02日浦富海岸・鴨ヶ磯ショートカットコースのご紹介

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま、こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 浦富海岸とは、駟馳山(しちやま)から陸上岬(くがみみさき)に至る岩美町の海岸の総称で、ほとんどが国立公園区域となっています。

見どころは、大小の島々や白砂の浜、洞門、そして透明度の高い海。崩れやすい花崗岩で成り立っているため、優しい海岸線の印象を受けます。ジオパークトレイルコースにもなっている自然歩道もありますので、ドライブだけではなく、ウォーキングも楽しめます。

今回は、浦富海岸の見どころの一つである鴨ヶ磯について紹介します。小鴨ヶ磯・椿谷・大鴨ヶ磯をまとめて鴨ヶ磯と言います。

【小鴨ヶ磯】

【大鴨ヶ磯】

白い砂浜が大変きれいな海岸で、海水の透明度が極めて高く、駐車場から見ても、海の中が透けて見えています。鴨ヶ磯へは駐車場より、階段を300段ほど下りていきます。行きはよいですが、帰りはのぼりが続き息が切れます。体力的に自信がないとあきらめてしまう方もおられたかもしれません。

【駐車場より眺めた大鴨ヶ磯】

 

 そこでご紹介です。

令和3年3月下旬、鴨ヶ磯ショートカットコースが開通します。

階段の上り下りが少なくなり、もっと多くの方に鴨ヶ磯を楽しんでいただけるようになりました。これまで

1時間以上を要していた周回コースも、ショートカットコースを使えば、30~40分の小回りコースとして利用いただけます。また既存の階段に展望デッキと手すりも設置されました。海岸にはベンチもできましたので、この機会にぜひ鴨ヶ磯の絶景をお楽しみください。

 

      【県道からの階段】                 【橋】

 

        【丸太階段】                【展望デッキ】

 

       【手すり付階段】               【海岸のベンチ】

【お知らせ】

 椿谷の木道橋が倒壊し、当面の間通行止めとなります。ご迷惑をおかけしますが、椿谷と小鴨ヶ磯の間は通りぬけできませんので、ご了承ください。

ページ先頭へ↑

2021年01月15日鳥取砂丘のいろんな表情

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま、こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 昨シーズン、鳥取は雪が少なかったのですが、今シーズンは12月15日に初雪が降り20cmを超える積雪がありました。年末も30日より雪が降り、雪のお正月でした。

 1月8日11時、気温0度、お昼の風速は5m/s以上、3度目の雪の中鳥取砂丘へ行ってきました。砂丘への階段は雪が積もり、強風で粉雪が吹きつけてきました。

 風速が5m/s以上になると、砂が移動を開始して波のような模様【風紋】が出来ます。この日は、さらさらな雪が風で移動して雪の風紋ができていました。

 雨を伴う強風の後には、砂の表面がごつごつと突起状になる模様【砂柱】を見ることができます。この日は風も強く砂丘入口で雪の砂柱を見つけました。落ち葉や小石などが風よけになり、そこから風下側に雪の帯ができているようです。

 円弧状に曲がった急斜面に囲まれた凹地【スリバチ】です。障害物の周囲で風の渦が発生したことで形成されます。

 

 鳥取砂丘はその日のお天気の状況によって、様々な地形を見ることができます。乾燥した砂の動きとさらさらとした雪の動き。とても寒く乾燥した雪が降ったこの日は、いつもの砂丘で見る地形の雪版を見ることができました。

ページ先頭へ↑

2020年10月08日鳥取砂丘ビジターセンターフェスティバル2020開催します

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 朝晩涼しくなり、日中も大変過ごしやすい時期になりました。夏には砂の温度が60度以上にもなる大変暑い鳥取砂丘ですが、今の季節は海からの風も気持ちよく、歩いて散策するのにはとてもいい季節です。先日、私も鳥取砂丘を歩いてきました。青紫色でさわやかな香りのハマゴウの花が大変きれいでした。実がついているものがあるなか、まだきれいな花を咲かせているものもあるのですね。ハマゴウの実はいい香りがします。ビジターセンターに展示してあるので是非かいでみてください。

 さて、山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター(以下:ビジターセンター)では、オープン2周年を記念して、10月17日土曜日より11月3日火曜日まで「鳥取砂丘ビジターセンターフェスティバル2020 ~砂だけじゃない!遊びと学びの世界を楽しもう!~」が開催されます。

 去年も好評だった【ワンコインガイド】は、500円でリクエストに応じて砂丘を案内してもらえる素敵なスペシャルツアーです。毎日ビジターセンターカウンターにて受け付けていますので、ガイドと一緒に鳥取砂丘へ出かけてみませんか。みんなの知らない砂丘のひみつをたくさん教えてもらえますよ。

 【鳥取砂丘スマホでスタンプラリー】は、鳥取砂丘にある6つのポイントをめぐるスタンプラリーです。スタンプ3個以上でハズレなしのガチャに挑戦できます。何が当たるかはお楽しみです。さらに、6個ゲットすると、抽選でアクティビティ体験チケットや鳥取砂丘の名産品がもらえます。ぜひ挑戦してみたいですね。

 期間中の土日祝日には参加費無料のワークショップも行われます。開催日により内容が異なりますのでご注意ください。ワークショップの午前の部は事前の申込みが必要です。(先着10名)

~去年のフェスティバルの様子~

  

      【海ごみパネル展】       【鳥取大学乾燥地研究センター企画展】

       【砂絵体験】

 

 ビジターセンターでは展示やガイドによる案内で鳥取砂丘のさまざまな魅力を紹介しています。鳥取砂丘へふみ入る前にビジターセンターに立ち寄れば、今までとは違う鳥取砂丘の魅力に出会えるかもしれません。また、鳥取砂丘から戻って来られたら、砂丘の感動をふりかえり、ほっと一息つく場所としてもご利用ください。無料の足洗い場もあります。

 みなさん、是非とも鳥取砂丘ビジターセンターへお越し下さい。

イベントチラシ.pdf

ページ先頭へ↑

2020年08月04日レンジャーと学ぼう

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 さて6月になりますが、浦富自然保護官事務所の近くにある小学校で自然保護官が5年生の総合の授業を行いましたので、その様子をお伝えします。

 総合の授業の中で、岩美町の宝の一つである「海」の素晴らしさについて意見を出し合っていました。

岩美町の海はすばらしい。きれい。という意見がでる中、こんなにゴミがあるのに本当にきれいな海って言えるのか。という意見が出てきたそうです。確かに言われてみると、ゴミがたくさんあるなあ、、、という同調する意見も出始め、子どもたちは「きれい」「きたない」の二つのグループに分かれて議論しました。

【きれいな理由】

 ・透明度が高い

 ・水質AA

 ・砂浜がきれい 等

【きたない理由】

 ・ゴミが多い

 ・漂着ゴミがすごい

 ・将来魚よりゴミの方が多くなる

 ・マイクロプラスティックゴミ 等

 そこで今回、山陰海岸国立公園の自然保護官(レンジャー)のお話を聞こうとなりました。

 レンジャーからは、国立公園は日本を代表する自然の風景地であること、全国に34箇所が指定されていることなどをクイズや質問を交えて説明しました。

 「国立公園に行ったことがあるか」という質問には、行ったことがないと答えた子どもたちもいましたが、すぐ身近にある浦富海岸が国立公園であることを知ると、大変生き生きした表情で聞き入っていました。レンジャーが質問すると、毎回手を上げて答えが返ってきます。レンジャーの話を一生懸命に聞いて、黙々とメモをとっている姿に感心しました。

 また、山陰海岸は世界ジオパークとなっている世界的に貴重な地質・地形の宝庫であることを説明し、浦富海岸の美しい景色を写真で紹介しました。

 子どもたちは、浦富海岸は水の美しさ、砂浜の美しさだけでなく、景観的な美しさにおいてもすばらしいところであることを理解したようでした。

授業風景1    休憩時間 

  <質問にはたくさんの手が上がります>         <休み時間もレンジャーへ質問中>

【レンジャーへの質問】

・ゴミの量はどこが一番多いですか。

・浦富海岸の生き物をなぜ捕ってはいけないのですか。

・今までで、保護したことがある希少な動物はなんですか。

・国立公園で一番おすすめはどこですか。

・一番面積が大きい国立公園、小さい国立公園はどこですか。

【今日の授業で感じたこと】

・レンジャーの仕事は自然環境や動物を守ること。

・環境のためゴミ拾いをしたい。

・国立公園やレンジャーについてわかった。

・岩美に国立公園があってすごい

・地元に国立公園があるので、大切にしたい。

授業風景2

       

       <授業風景>

 やはり、子ども達の一番の関心は、海岸の漂着ゴミについてのようでした。

 最後にレンジャーから、山陰海岸国立公園には浦富と竹野の2つの自然保護官事務所に4人しかレンジャーがいないので、みんなもゴミを拾ったり、環境を守る取り組みに参加して、一緒に国立公園を守ってほしいとお願いして、授業が終わりました。

 一生懸命話を聞いていた子どもたち。国立公園やレンジャーについて、初めて聞いた話もあったと思います。今日の話を聞いたことで、環境などについて考えるきっかけになったらいいなと思います。そしてこれから先、美しい海を、環境を守っていって欲しいです。

校舎からの風景

   <校舎から見える浦富海岸>

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ