ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年06月11日自然歩道点検

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま、こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 毎年鳥取県、鳥取市、岩美町の担当者と環境省で、自然歩道の点検を二日間に分けて行っています。

 ・施設が老朽化し壊れそうなものはないか。

 ・下り道、滑りやすく危なくないか。

 ・道がわかりにくくはないか。

 ・景色は見えるか。

等、安全に利用できるかを確認します。

 今年も晴天の二日間、自然歩道点検を行いました。3ルートの点検を行いましたが、今回は今年3月に新ルートが開通した駟馳山(しちやま)ルートの様子をご紹介致します。

【大谷~岩戸】

 駟馳山とは鳥取市と岩美町をまたがる山です。従前のルートは、2017年に発生した地すべりのため通行止めとなっていました。昨年の点検で新ルートの工法検討を行い、秋から工事が行われていました。今回の点検は、完成した新ルートを岩美町側より出発し鳥取市側へ向かいました。

自然歩道路線図

岩美町網代

【中腹からの景色(岩美町網代)】

しち山最高地点

【最高地点】

 ルートの最高地点にはベンチがあり休憩できます。

 ここからは鳥取市へ向かう下り道となります。途中、牛ヶ首・滝ヶ磯と絶景ポイントがあります。

 滝ヶ磯へのルートも土砂崩落により通行止めでしたが、昨年度歩道が整備され、柱状節理の迫力のある断崖の景色を間近で見られるようになりました。

滝ヶ磯

【滝ヶ磯】

鳥取砂丘

【鳥取市側展望所より眺める鳥取砂丘】

 駟馳山から浦富海岸や鳥取砂丘の景色を見ながら歩く新ルート。日本海を望め、駟馳山の森の中も楽しめる素敵なコースとなっていました。

 今回の点検では、歩道内の草の繁茂、ビューポイントの支障木、柵、手すりのぐらつき、道がわかりづらい等の課題がありました。みなさまに安全に自然歩道を楽しんでいただけるよう、関係機関で協力して整備や維持管理に取り組んでいきます。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ