ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年03月12日海岸に〇〇がいっぱい!

山陰海岸国立公園 竹野 派谷 尚美

皆さま、こんにちは。

竹野自然保護官事務所の派谷です。

竹野といえば、「竹野ブルー」とも称される夏の海のイメージが強く、観光で訪れる方の多くは夏の海を目にします。

しかし今回は敢えて、3月の海岸の様子をお伝えしたいと思います。

大浦湾(2019年3月撮影)

2019年3月のとある日の大浦湾 (兵庫県豊岡市竹野町)です。

スッキリと晴れて、海は深みのある青色です。

浅瀬で見つけたイトマキヒトデ

素晴らしい透明度!

水に濡れない所から少し覗いただけでも、ヒトデ、ウニ、ヤドカリが見られました。

しかし浜に視線を向けると、もっとたくさんのあるものが目につきます......。

浜辺の様子

浜辺の様子(カメラを寄せたところ)

たくさんの漂着ごみです。

日本海に面した大浦湾では、季節風の影響で冬を中心に漂着ごみの量が増えます (夏の台風通過後なども大量のごみが流れ着きます)。

特に多いのはペットボトル、プラスチック製品、ロープやフロートなど漁で使う道具です。

浜に落ちている韓国語ラベルのボトル

ボトルのラベルを見ると韓国語や英語のものがあり、外国からのごみが混ざっていることが分かります。

風や海流に乗って様々な国からごみが運ばれて来ますが、同様に、日本のごみも海に流れ出て、世界中に散らばっていることは容易に想像できます。

私が大浦湾を訪れたこの日、一人のパークボランティアさん(※)と出会いました。この方は、長い間大浦湾の海岸清掃を続けてくださっています。

清掃活動中のパークボランティアさん

ご了承をいただいて、お話を伺いました。

(パークボランティアさんのお話)

「こんなにきれいな海を前にして、浜辺がごみで汚れているところを見るのは悲しいです。少しでもごみを拾うことで、少しでもきれいにできたらという思いで続けています。

私は中国にたくさんの知人がいまして、元気を知らせる便りを送るときに、海岸清掃の写真を添えています。日本の海岸に大量のごみが流れ着いていること、こんなふうに人の力で拾っていることを少しでも伝えることができたらと。

中国の人たちを山陰海岸のきれいな海に連れて来ると、皆、海水の透明度に衝撃を受けます。このきれいな海でも、岸辺にはたくさんのごみが打ち上げられているという現実を少しでも伝えたいです。

外国からのごみが流れ着いている一方で、日本から出たごみも外国に運ばれています。(大浦湾を見渡して)この状況に対処するには、時間と人力を使ってコツコツと清掃を続けることが必要だと思います。」

回収された漂着ごみ

この日だけでも、こんなにたくさんのごみを回収してくださいました。

それでも大浦湾にはまだまだごみが残っています。

大浦湾は、段差や砂利などの影響で重機を使った海岸清掃が難しい場所です。

そのため、パークボランティアの多くの方々が、ごみをひとつひとつ手で拾う作業を少しずつ続けてくださっています。

一度きれいにしても、別のごみが次々と流れて来ます。だからといって何もしなければ、ごみは増える一方です。

少しずつでも拾って片づける、そしてそれを続けることが今私たちにできる一番の対処法だということを、私も海の近くで暮らしたこの一年間を通して強く感じてきました。

この日、パークボランティアさんのお話を改めて聞き、私自身もさらに力を入れてこの問題に取り組むぞ~!と気合を入れ直しました。

※パークボランティアとは、自然保護思想の普及啓発を図ることを目的として、国立公園での活動に自発的に協力頂ける方にご登録頂いている環境省のボランティア団体です。竹野地区では、竹野スノーケルセンターの運営補助や海岸清掃を中心とした活動にご協力を頂いています。

ページ先頭へ↑

2019年02月28日よしくまの春

吉野熊野国立公園 中村千佳子

 皆さん、こんにちは。田辺自然保護官事務所アクティブ・レンジャーの中村です。

春の訪れを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。事務所周辺では梅の花が咲き、蜂たちが花粉を集める姿が見られ、ほのかに梅の香りが漂っています。周辺の梅林も多くの観梅客で賑わっています。

「一目百万、香り十里」とも呼ばれる梅林を是非、皆さんにもご覧頂きたいと思います。

梅林情報は下記のURLからご覧下さい。

南部梅林開園情報

https://www.minabe-kanko.jp/topic/3224

紀州石神田辺梅林開園情報

http://www.tanabe-kanko.jp/event/kanbai/

 南部梅林に咲く梅の花  梅の花の花粉を集める蜂達

 南部梅林                       花粉を集める蜂達

 さて、今回は紀南地方に春の訪れを感じさせるカスミサンショウウオの産卵について紹介したいと思います。

 カスミサンショウウオは全長10センチ程の両生類で、日本固有種です。西日本の平地から丘陵地にかけて分布し、主に農耕地や水辺周辺の雑木林に生息しています。12月頃から3月にかけて浅い水辺で産卵をし、5月頃までにふ化します。この時期、田辺市稲成町にある「ふるさと自然公園センター」の周辺では、水草等の茎に巻きついたひも状の卵囊と産卵に来た成体を観察することができます。

産卵に来たカスミサンショウウオの成体

カスミサンショウウオ

 よく見ると、つぶらな目と小さな手が可愛らしくてじっと見つめてしまいます。産卵が終わると普段は山の中で暮らしているので、あまり姿を見ることができません。この時期だけの貴重な姿です。卵囊はぷるぷるとした感触で中には沢山の卵が見えます。少し動いているものもありました。

カスミサンショウウオの卵囊はひも状です。

 カスミサンショウウオの卵

 今年も沢山の卵を確認することができ、大変嬉しかったです。

 皆さんもよしくまの春を満喫しにお出かけください。

ページ先頭へ↑

2019年02月27日大台ヶ原登録ガイドが増えました!

吉野熊野国立公園 小川 遥

 皆さま、こんにちは。吉野の小川です。

 日が経つのは早いもので、節分の恵方巻きやバレンタインスイーツを楽しんでいる間に2月も終わりに近づき、日々過ごす中での天気や動植物の変化に春が訪れつつあることを感じるようになってきました。こちらの事務所でも、来シーズンの大台ヶ原に向けて、より楽しく利用してもらうために様々な取組みを進めております。今回は、その一つをご紹介します。

 平成29年10月より運用開始となった「大台ヶ原登録ガイド制度」。

大台ヶ原に訪れるみなさんに、深く、楽しく、安心して東大台や西大台を満喫していただくために始まりました。ニーズに対応しつつ大台ヶ原が持つ魅力を伝えていく、一定の要件を満たした多様な得意分野を持つガイドの方達が登録されています。

登録ガイドによるコケのお話

登録ガイドの解説

登録ガイド案内の東大台ツアー

登録ガイドによるコケのお話

登録ガイドの解説

登録ガイド案内の東大台ツアー

 そしてこの度、新規の登録ガイドを募集し、登録講習会を開催しました。

大台ヶ原というと、吉野熊野国立公園を代表する山の一つ、紀伊半島において希少な自然や景観がある場所といった印象がありますが、魅力はそれだけではありません。大台ヶ原がある上北山村ならではの地域づくり、間近で感じることができる自然再生への取組み、独特の歴史やまつわる話などたくさんの要素があります。

 これからガイドを利用される皆さんにそれらを広めるために、登録ガイドとなる方達には、倫理や安全管理を踏まえたガイドとしてのあり方やエコツーリズムからみた観点も含め、さまざまな視点から大台ヶ原を捉えた講習を受けていただきました。

自然再生についての講習

大台ヶ原における安全管理の話合い

自然再生についての話

大台ヶ原における安全管理の話合い

 新たに登録された方も含め、大台ヶ原登録ガイドは、現在なんと31名!

大台ヶ原登録ガイドのHPでは、登録ガイドの皆さんを紹介しております(※今後更新予定の箇所もあります)。是非チェックして、次のシーズンでは、登録ガイドと一緒に大台ヶ原を楽しんでみてください。きっと今まで知らなかった大台ヶ原が見えてくることと思います♪

---------------------【大台ヶ原公園川上線(大台ヶ原ドライブウェイ)冬期通行止め】--------------------

平成30年12月3日(月)午後3時~平成31年4月19日(金)午後3時(予定)

上期間中は冬期閉鎖のため、大台ヶ原山上へ通じるドライブウェイは通行止めです。

詳細はこちら→ 【報道資料】平成30年度奈良県内冬期通行止めについて

ページ先頭へ↑

2019年01月18日2019年!大台ヶ原の恵方

吉野熊野国立公園 小川 遥

 皆さま、こんにちは。吉野の小川です。

遂に2019年となりました。1月も半ばを過ぎたものの、残念ながら正月にお餅を食べることができなかったので、この先もまだまだお雑煮や焼き餅、ぜんざいなどを食べていこうと、私の中で密かな餅ブームが到来しています。

 ところで2019年といえば、干支はイノシシにも象徴される己亥、恵方は東北東です。そこで今回は、今年の大台ヶ原をより楽しんでいただくために、2019年大台ヶ原の恵方を紹介します!

 地図とコンパスを取り出し、大台ヶ原における大体の東北東方面を確認してみると・・・。そこには、大台ヶ原の山頂である日出ヶ岳(ひでがたけ)があります。

東大台の地図 日出ヶ岳に続く道 正木峠から見た日出ヶ岳
東大台の地図 日出ヶ岳に続く道 正木峠から見た日出ヶ岳

 日出ヶ岳(標高約1,695m)にはベンチや地図が備わる展望台があり、昼食やコース確認を兼ねたちょっとした休憩にオススメです。山中で唯一避雷針が備わっている場所でもあるため、天候が急変しやすい大台ヶ原ではチェックしておくべき場所の一つです。春から夏には周辺でシャクナゲが咲き、耳を澄ませると遠くの山で鳴く鳥の声が聞こえ、夏から秋にはアキアカネが飛び交います。木々が芽を出し、美しい新緑から紅葉、そして冬の樹氷へと移り変わる山の四季を感じることができます。

日出ヶ岳展望台 シャクナゲ(東大台) 日出ヶ岳から東を望む
日出ヶ岳展望台 シャクナゲ 日出ヶ岳から東を望む

 展望台から恵方を含む東の方角を見ると、熊野の海を見渡すことができ、空が澄んだ日には、日の出とともになんと富士山を拝めることがあります。更にこの方角は、日本三大渓谷に数えられる大杉谷と繋がっており、そちらには大きな滝やそそり立つ岩壁が連続し、見事な景観が広がっています。

(※大杉谷は中上級者向け登山道であり、安全面上、大台町にある大杉峡谷登山口から大台ヶ原へ登るコースを推奨しています。ヘルメット着用を含む装備の準備、ルートや天候などの事前確認、山小屋への宿泊、登山届の提出など十分な計画を立ててお越し下さい)

大杉谷の岩壁 七ッ釜滝(大杉谷) 吊り橋(大杉谷) 堂倉滝
大杉谷の岩壁 七ッ釜滝(大杉谷) 吊橋(大杉谷) 堂倉滝(大杉谷)

 また、日出ヶ岳展望台から西の方角に目を向けると、近畿最高峰の八経ヶ岳を含む、世界遺産の一部である大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)が通る大峰山系を一望できます。北の方角には高見山地や御在所山方面に連なる山々、南の方角には大台ヶ原の正木峠に続く景色が広がります。

日出ヶ岳から西を望む 日出ヶ岳から北を望む 日出ヶ岳から南を望む

 現在は車道が冬期通行止めとなっていますが、今年は大台ヶ原に行こうと思っている方もまだ予定にはない方も、節分の日には、大台ヶ原の恵方に思いを馳せてみてください。展望台でのんびりしてから東大台を一周するのもよし、大杉谷から日出ヶ岳まで登ってくるのもよし、早朝から日の出と富士山を眺めるのもこれまたよし!是非大台ヶ原にお越しいただき、2019年にしか味わえない日出ヶ岳をお楽しみ下さい。今年もたくさんの方々に、大台ヶ原を気持ち良く楽しんでいただけることを願っております。

----------------------【大台ヶ原公園川上線(大台ヶ原ドライブウェイ)冬期通行止め】---------------------

平成30年12月3日(月)午後3時~平成31年4月19日(金)午後3時(予定)

上期間中は冬期閉鎖のため、大台ヶ原山上へ通じるドライブウェイは通行止めです。

詳細はこちら→ 【報道資料】平成30年度 奈良県内 冬季通行止について(リンク)

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ