ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年09月15日串本海中観察会の実施報告

吉野熊野国立公園 岩田佐知代

 環境省熊野自然保護官事務所 アクティブ・レンジャーの岩田です。

 9月に入り、熊野では日中まだまだ残暑厳しいですが、朝夕は秋の気配が感じられる今日この頃です。

 8月21・24日に開催したふれあいイベント「吉野熊野国立公園パートナーシップイベント串本海中観察会~スノーケルでサンゴの海を観察しよう~」の実施報告をいたします。

 台風等で中止が相次ぎ3年ぶりの開催となった海中観察会は、応募者多数の盛況ぶりで、大阪府、和歌山市、田辺市、新宮市、三重県等からの応募の中から厳正なる抽選の結果、21日に17名、24日に21名に参加いただきました。 

 両日ともに午前中は串本町職員によるラムサール条約湿地についての座学がありました。サンゴを保護するとともに賢明な利用をすすめるため、世界最北のサンゴの群生地として串本がラムサール条約において登録されていること、日本の太平洋側を流れる暖流である黒潮の影響でこのあたりの海域でもサンゴが生息できることなどを学びました。その後、串本海中公園センター講師から、串本の海で見られる生物について学び、海中でみられる代表的なサンゴ(クシハダミドリイシ、スギノキミドリイシ等)や魚(ソラスズメダイ、様々なチョウチョウウオ類)、危険な生物(ゴンズイ、カサゴ、ウツボ等)についてのレクチャーを受けました。休憩後には、フィンやマスク、スノーケルの使い方、注意点等のレクチャーを受け、午後からは海中観察を楽しみました。

開会式シュノーケル装着
  開会式の様子               マスク装着のレクチャー

 1回目は快晴、波、風ともに問題なく、ベストコンディションで海中観察に臨むことができ、きれいな海でソラスズメダイ、チョウチョウウオ類、メジナ、クマノミ類やクシハダミドリイシの群集などの生物を見ることができました。2日目は、快晴でしたが風と海上のうねりが発生したため、観察場所を変更しました。多少にごりはあったものの、海中のスギノキミドリイシ群集やソラスズメダイ、ニシキベラなどきれいな魚等を見て楽しんでいただきました。

 スノーケリングが初めての方からは、「思っていた以上に海中がきれいでした。かわいい魚もたくさん見ることができた。サンゴもすごかった。」と驚きと喜びの声をいただき、2回の海中観察会を無事に終了することができました。

 今後も吉野熊野国立公園のすばらしい自然の楽しみ方を皆さんに紹介していきます。ぜひ「よしくま」へ遊びにお越しくだい。

フィン装着海中観察の様子

               

  フィンの装着                 海中観察の様子

サンゴ群集ソラスズメダイとサンゴ

                 

  サンゴ群集                  ソラスズメダイ

ページ先頭へ↑

2017年08月14日ちびっ子砂丘レンジャーへの道2017 開催決定!

山陰海岸国立公園 井原早紀

 皆さん、こんにちは。8月に入り、蒸し暑い夜が続いている今日この頃ですが、そんな時は星を見に出かけてみてはいかがでしょうか。

 先日私も、鳥取砂丘の星空観察会に行ってきました。実は鳥取砂丘は、迷子になることさえ気を付けていれば、転んでも痛くないうえ、ひんやりした砂地の上にどこでも寝転がることができるため、星を眺めるにはとても良いスポットなのです!暗がりと静けさに包まれて日本海を見れば、水平線に白イカ漁の漁り火が浮かんでいて、昼間とは全く異なる雰囲気が楽しめます。

 暑さしのぎに、ぜひ夜の鳥取砂丘を訪れてみてください♪

 さて、そんな鳥取砂丘で今年も、子ども向けの自然体験プロジェクト「ちびっ子砂丘レンジャーへの道2017」を開催します!

 「ちびっ子砂丘レンジャーへの道」とは、様々な体験を通して、砂丘のおもしろいひみつをたくさん知っている"ちびっ子砂丘レンジャー"になろう! というプロジェクトです。

(大好評だった昨年の様子は2016年8月8日以降のアクティブレンジャー日記をご参照ください。

 過去の記事は、「配置地区」→「山陰海岸国立公園」→「浦富」よりご覧いただけます。)

 今年は、砂丘のいきもの観察や、砂丘のすぐそばにある多鯰ヶ池(たねがいけ)でのカヌー体験、らっきょう畑の間を走り抜けるサイクリング体験など、普段観光客のみなさんが目にする砂丘よりももっと広い砂丘を楽しむことができる内容が盛りだくさんです!

 冒頭でお伝えした砂丘での星空観察も行います☆

【砂丘でのいきもの観察】 【多鯰ヶ池カヌー】
【らっきょうの花畑】

【昨年ちびっ子砂丘レンジャーが作成した

               砂丘マップ】

 昨年の参加者の口コミ効果もあって、今年は早くも募集定員15名に達しました!!

 今年のちびっ子たちは砂丘でどんな発見をするのでしょうか。ちびっ子たちの冒険に乞うご期待です!

 今年もアクティブレンジャー日記で報告していきますので、お楽しみに◎

ページ先頭へ↑

2017年07月20日よしくまの海

吉野熊野国立公園 中村千佳子

 こんにちは 田辺自然保護官事務所アクティブレンジャーの中村です

 7月に入り、和歌山県も30度を超える真夏日が続いていますが、吉野熊野国立公園の田辺地域には、暑さを忘れさせてくれる、静かできれいな海が広がっています。

 さて、田辺自然保護官事務所では、田辺の海域においてサンゴの健康状態やサンゴを食害する動物の生息状況を調べるモニタリング調査を6回実施しました。

 田辺の海域では、天神崎周辺のエンタクミドリイシ群集や沖島周辺のクシハダミドリイシ群集等、 まとまった規模のサンゴ群集を見ることができます。今回は沖島周辺の海中の様子をご紹介します。

沖島の灯台                   マメダワラ

クシハダミドリイシ               ソラスズメダイと調査員

 沖島の白灯台周りの水深3m~5mの海中では、暖流である黒潮の影響を受けることから、クシハダミドリイシ、エンタクミドリイシ、ニホンミドリイシ、スギノキミドリイシ等からなる世界最北のサンゴ群集と、そこに生息するカラフルな熱帯魚を沢山観察することができます。また、田辺の海域では 熱帯性の生物からなるサンゴ群集のみでなく、温帯性の生物からなる藻場といった多様な環境で様々な生態系が成立しているのが特徴です。

ウミウサギ

 サンゴ群集の中を観察していると、水底に白と黒の貝を見つけました。これは「ウミウサギ」と呼ばれる巻き貝の仲間で、浅海のサンゴ礁域に生息します。白い部分は卵形の殻で、黒い部分は殻をとりまく身(み)の部分です。殻は貝細工や首飾りの材料にもなります。真っ白で名前のとおり海のウサギみたいでした。

 田辺自然保護官事務所では、8月に小学3年生~6年生を対象に「よしくまアドベンチャーin鹿島でシュノーケル」というイベントを開催します。

 是非この機会に吉野熊野国立公園「よしくま」の美しい海の中を一緒に観察しませんか。

「よしくまアドベンチャーin鹿島でシュノーケル」詳細はこちら↓

ページ先頭へ↑

2017年07月19日イベント告知「串本海中観察会」のお知らせ

吉野熊野国立公園 熊野 岩田佐知代

 環境省熊野自然保護官事務所アクティブ・レンジャーの岩田です。

 恒例、夏休みイチ押しマリンレジャー「吉野熊野国立公園パートナーシップイベント 串本海中観察会」のご案内をさせていただきます。

 本州最南端に位置する和歌山県串本町では、スノーケリングで色とりどりのサンゴや熱帯魚をみることができます。美しい景色が広がる串本沿岸海域は吉野熊野国立公園の海域公園地区に指定され、ラムサール条約湿地にも登録されています。世界最北となるテーブルサンゴ群集の生態系や海の生き物について学び、自然環境への関心と理解を深めることを目的としたふれあい観察会で、毎年、和歌山県との共催で、串本海中公園センターや串本町のご協力を得て開催しております。

 昨年は、残念ながら台風の影響で中止となりましたので、今年こそは皆様に楽しんでいただきたいと思います。

 日程は821日(月)もしくは824日(木)です。申込期限は731日(月)までになっています。参加を希望される方はぜひお申し込みください。応募者多数の場合は抽選となります。現在、24日は若干余裕がある状況です。イベントの詳細や申込方法等はこちらからお願いいたします。 

 http://kinki.env.go.jp/to_2017/post_93.html

 海中の生き物やサンゴ群集をスノーケリングで観察してみませんか?

いろいろな生き物に出会える海の世界に、きっと感動される事と思います。

ご家族での夏の思い出作りに皆さまのご参加をお待ちしております。

チラシ
サンゴ群集                      

講師の説明を聞く(以前開催した時の様子)       クマノミ

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ