ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年11月29日白浜のはしっこから地球を体感〜ジオ冒険!

吉野熊野国立公園 田辺 戸口協子

冷えた朝の通勤時に、沿岸で蒸気霧を見ることができる日が多くなってきました。

(蒸気霧:海面で蒸発した水蒸気が、陸からの冷たい大気によって急激に冷やされることで湯気のように立つ霧が見られる現象です。)

みなさま、こんにちは。

田辺管理官事務所の戸口です。

空の青色が鮮やかな秋晴れの10月30日に、白浜町で開催したふれあいイベントの様子をお伝えしたいと思います。

紀南地域の小学生を対象に、三段壁と千畳敷の成り立ちをジオガイドさんに教えてもらうジオツアーを開催しました。

白浜町にある三段壁と千畳敷は、近隣の円月島と共に「円月島(高嶋)・千畳敷・三段壁」の名称で国指定の名勝地もなっていて、白浜に観光にくる人は三段壁・千畳敷とセットで必ずというくらい訪れる場所です。地元の皆さんにもお馴染みの観光地で、今回参加いただいた子どもたちもみんな「一度来たことがある」と答えてくれました。

しかし、今回のツアーは「冒険」。一般的には雄大な海の景色を見て楽しむ場所となりますが、違う角度から探検し、壮大な地球の営みを体感することを目的としています。

さて、どんな冒険になるでしょう!

01_sandanpeki(2021.02.03) 02_senjojiki(2020.07.16)

小学生8名と同伴の保護者ら合わせて13名の参加者が集まり、ツアースタート。

ジオガイドさんからは、三段壁の名前の由来は、見段(みだん)→ミ段→三段と変化したと説明を受けました。見段とは高い場所から見通す場所を意味し、かつてボラ漁に利用されていたと言います。見張り役が沖に集まるボラの群れを見つけると、のろしを上げて仲間に知らせ、一斉に漁に出ていたそうです。

三段壁は高低差40mの切り立った崖になっています。このような地形ができるのは大地が南から押され山型に押し上げられたところにヒビが入り、そこから崩れていくためですが、ジオガイドさんからはその様子を、なんとコッペパンを使って分かりやすく説明していただきました。

03_sandanpeki-setumei1(2021.10.30) 04_sandanpeki-setumei2(2021.10.30)

次に、2018年9月台風21号の後に突然現れた大きな石の塊「サドンロック」(2021年4月に命名)について。波によって運ばれたと考えられているとの説明がなされ、こんな大きな石が波で運ばれてくることを聞いて、みんな一様にビックリしていました。水の動きの力の大きさに驚かされます。

ちなみにサドンロックの「サドン」は〝突然に〟を意味する英語の「sudden」と「三段」が掛けられた名前になっています。

05_sadonrokku(2021.10.30)
サドンロック

次からいよいよ冒険に入ります。ちょっとしたけもの道と少し段差になっている岩を降りて、三段壁のうちで主だって観光地となっているエリアから少し外れたところにワクワクしながら向かいました。

06_sandanpeki-anaba(2021.10.30)

周辺を散策していると、ガイドさんが立ち止まり、地面を指さします。これは一体...?

07_seikon-kaseki(2021.10.30)
「これ、な-んだ?」

これは「昔の生物が住んでいた巣穴の跡」。"生痕化石(せいこんかせき)"と呼ばれるもので、色んな形があります。この生痕化石はサラシノイデスという生物のものだそうです。

そのほかにも、波など水の動きや流れの跡が水底に付けた模様が化石となって残っている"漣痕化石(れんこんかせき)"も教えてもらいました。

08_renkon-kaseki(2021.10.30)
漣痕化石

説明を受けて、みんなで化石探しです! 子どもたちはみな、化石探しにワクワクし、目が輝いていました。よく目を凝らすと、いろんなところにいろんな化石が見られ、それぞれ違った形の化石を見つけて、何の化石かを尋ねていました。

化石探しのあとはちょっとした岩登りのアドベンチャーコースを進みます。

09_aadobencha-ko-su(2021.10.30) 10_adobecha-ko-su(2021.10.30)

ガイドさんから先頭で手足の付き方を教わり、ほかのスタッフも要所で目を離さずに補助をし、みんな無事に登りきれました。

その後、千畳敷に移動し地層の観察です。千畳敷でも生痕化石や漣痕化石をたくさん見つけることができましたが、上から観察した三段壁と異なり、それらを横から観察することができました。

11_renkon-kaseki(2021.11.16)12_seikon-kaseki(2021.11.16)

漣痕化石の断面             縦に伸びた生痕化石

                     (上下面にも生痕化石が見られる)

生痕化石は、横から観察すると、生物が縦方向にも巣穴を広げ、立体的に動いていた様子が分かりました。漣痕化石は、ところにより波の打ち方が異なる様子が分かりました。参加した子どもたちに見えている世界は、大昔の時代へ想像が広がったことと思います。

千畳敷では、ジオガイドさんから「ユビナガコウモリ」の紹介もありました。

千畳敷の側にある海食洞が、近畿で唯一のユビナガコウモリの繁殖地になっていることを初めて知った子が多かったです。子どもたちからは、コウモリは何を食べているのか、飛んでいるときに人間にぶつかったりしないのか、などの質問が飛び交いました。ユビナガコウモリの出産・子育て時期は初夏であるため、今はもういませんでしたが、また来年にユビナガコウモリにも会えるといいですね。

なお、ユビナガコウモリについては以前私がアクティブ・レンジャー日記で取り上げたものがあるので、参考までに紹介いたします。

URL:https://kinki.env.go.jp/blog/2021/07/post-187.html

13_sejojiki-kansatu(2021.10.30

さて、最後に一つ、このように冒険を楽しめる場所で残念なことがあります。

それは、落書きです。訪れた子どもたちも「文字がいっぱい書いてある」とあちこち指をさしていました。

14_chokoku-rakudaki(2021.10.30) 15_chokoku-rakugaki(2021.10.30)

やわらかい砂岩質の千畳敷では、靴で地面をこするだけでも跡は残り、たとえば石などで削れば文字を刻むことも可能です。観光でいらっしゃる方の一部には、やってきた記念にと、自身の名前や日付を刻む方がいらっしゃいます。長い長い年月を経て形成された大地に刻まれた落書きは、容易には元の状態に戻すことはできず、何十年と未来に残されてしまいます。

千畳敷の素晴らしい風致景観は多くの人の記憶に刻まれ、愛されるものです。そんなとき、目に入ってきてしまう個人的な落書きは大変残念でなりません。訪れる方に感動を与える人類共通の財産は、未来に渡ってみんなで守っていきたいものです。

今回の三段壁・千畳敷ジオツアーで、子どもたちは見るだけではなく、体感して雄大な地形の成り立ちを知り、また化石探しや岩登りでドキドキワクワクの冒険を全身で楽しんでくれました。それだけではなく、地域の宝を未来に繋げていくことの大切さについても考えてくれて、とても実りある1日でした。

イベントが終わった後には、「このようなイベントはほかにもないか」と興味を示してくれる子どももいて、私としても身の引き締まるような思いになりました。参加者の皆さん、そしてご協力いただいたジオガイドさんや白浜町役場の皆さん、ありがとうございました。

16_azetona-no-hana(2021.10.30)
9月~12月海岸に咲くアゼトウナ(畦唐菜)

ページ先頭へ↑

2021年10月26日こうべ森の文化祭2021 in 再度公園

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 皆さんこんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 季節外れの暑さがやっと過ぎたと思えば、急に寒くなってびっくりしました。過ごしやすい秋はいったいどこに行ってしまったのでしょうか。急激な気温の変化に六甲山の木々達も驚いているのか、色づいている木々はほとんど見受けられず、紅葉の見ごろまではもうしばらく時間がかかりそうです。

 さて、そんな六甲山地・再度山頂上の北に位置する再度公園にて、1024日(日)に神戸市主催のイベント「こうべ森の文化祭2021」が開催され、我々も参加してきましたので、その様子をご紹介いたします。

こうべ森の文化際

 こうべ森の文化祭は、六甲山緑化百周年を記念して、2002年からスタートしており、六甲山をフィールドに活動している団体が各々ブースを出展し、参加者に活動を紹介するパネルの展示や、ワークショップや自然体験ゲーム等を楽しんでもらうイベントで、神戸自然保護官事務所も毎年参加しています。昨年はコロナ禍の影響を受け中止しておりましたので、今年は2年ぶりの開催となりました。

公園内に様々なブースが出現し、パネル展示や体験プログラムが催されました【公園内に様々なブースが出現し、パネル展示や体験プログラムが催されました】

 我々の神戸自然保護官事務所のブースではカミツキガメ・ブラックバス等の剥製展示や外来種・国立公園を紹介するパネルの展示を行いました。

【剥製展示】と【国立公園パネル・パンフレット】【剥製展示】          【国立公園パネル・パンフレット】

お客さんも盛況です コロナ禍ということもあり、なかなか大々的にPRを行っていなかった今回のイベントでしたが、ご家族連れで来ていただいた方や、登山中にふらっと訪れてくれる方など、たくさんの方に参加いただきました。子どもはカミツキガメ・ブラックバスの剥製に興味津々です。他にもスタンプラリー用の国立公園クイズで子どもから大人まで、みんなで盛り上がりました。

再度公園の様子 イベントが開催されたここ再度公園は瀬戸内海国立公園の六甲地域にもふくまれる都市公園で、休みの日は自然を満喫できる公園として、家族連れやハイカーで賑わいます。公園内にある修法ヶ原池は、秋が深まると真っ赤な紅葉が映り込む紅葉の名所としても有名です。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

紅葉の様子(過去に撮影したもの。今年の紅葉が待ち遠しいですね)

【紅葉の様子(過去に撮影したもの。今年の紅葉が待ち遠しいですね)】

ページ先頭へ↑

2021年10月26日大台ヶ原のササ刈り業務

吉野熊野国立公園 吉野 丸毛絵梨香

吉野管理官事務所アクティブレンジャーの丸毛です。

前回8月の続きで、大台ヶ原の自然再生事業をご紹介します。9月に正木峠にある地樹防鹿柵内のササ刈り業務を行いました。

正木峠から正木ヶ原にかけて歩いていると、黒い柵がたくさん建っているのが見えることかと思います。

これらは、針葉樹(主にトウヒやウラジロモミ)の稚樹をシカの食害から守るために設置されたものです。稚樹は柔らかく、シカにとってはごちそうだからです。

正木峠は現在、樹木の次世代の生育が、林床がササに覆われているため非常に難しくなっています。そのため、数少ない稚樹をこのように保護して昔の森林の姿に戻そうとしているのです。

 1936年の大台ヶ原の様子 2021年10月の正木峠の様子

(1936年の正木峠の姿、菅沼孝之氏撮影)    (2021年10月の正木峠)

 稚樹防鹿柵の中の様子(ササ刈り前) 稚樹防鹿柵の様子(ササ刈り後)

(防鹿柵内 トウヒ稚樹・ササ刈り前後。分かりにくいですが刈った真ん中にある緑が稚樹です。)

ササ刈りをしないと、稚樹は光や水分を獲得しにくく、うまく成長ができません。一般に、ササの根から冬に蓄えた養分を葉に戻したあとの6月頃と、夏に生産した栄養が根に戻る前の9月頃に行うことが良いとされています。

生命力の強いササに一面を覆われてしまうと、他の植物が生育することは非常に難しくなります。正木峠には140基近くの稚樹防鹿柵があるため、重労働となりますが環境省職員が一丸となって刈り作業を行っています。今年度はコロナの関係で実施できませんでしたが、一般ボランティアの募集イベントも例年開催しておりますので、ご興味ある方は来年度の9~10月頃、ご応募してみてくださいね。

※大台ヶ原は多くの部分が国立公園の特別保護地区になっており、一般に植物の採取や損傷が規制されています。刈り作業などができるのは防鹿柵内などで環境省事業として行う限られた範囲や状況のみとなりますのでご注意ください。

ページ先頭へ↑

2021年10月20日秋の鳥取砂丘

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 日増しに秋の深まりを感じるようになりました。

空は高く澄み渡り、夕方には美しい夕焼けにしみじみと秋の風情を楽しむこのごろです。

秋晴れの日、鳥取砂丘を歩いてきました。

 砂丘のあちこちでコウボウムギを見かけます。今の季節は、枯れて雌株の穂から焦げ茶色の種がたくさんおちていました。穂先もムギによく似ています。

       【コウボウムギ】

 ところで、麦わら帽子のことを英語で「ストローハット」と呼びます。ムギを含め、イネ科の植物は茎の中がストローのように空洞になっているのが特徴です。(というより、昔はもっぱら麦わらをストローとして使っていたのです。)

一方、コウボウムギの茎の断面を見てみると、、、なんと、中に空洞がありません。つまりコウボウムギはムギの仲間ではないとわかります。コウボウムギはイネ科ではなく、カヤツリグサ科の植物です。

いじわるなネーミングですね。私もまんまとだまされてしまいました。(笑)

    【コウボウムギの茎の断面】

コウボウムギと同じように、ランの仲間ではないのに「ウンラン」とか、ニンニクの仲間ではないのに「ハマニンニク」という植物もあります。興味がある方は調べてみて下さい。植物だけではなく、ほかにもたくさんありますよ。

 さて、山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンターでは、オープン3周年を記念して、10月23日土曜日より10月31日日曜日まで「鳥取砂丘ビジターセンターフェスティバル2021~砂だけじゃない❤鳥取砂丘を遊びつくそう~」が開催されます。缶バッチつくりなど、期間限定のイベントがあります。

【 #鳥取砂丘川柳コンテスト2021】
#鳥取砂丘川柳コンテスト2021で鳥取砂丘をテーマにした川柳をTwitterにつぶやこう。

鳥取砂丘ビジターセンター館内でも同時募集しています。

私も、一生懸命アイディアを考え中です。なかなかいい句が思いつきませんが、記念に一句、がんばって応募したいと思っています。みなさんもつぶやいてみて下さい。

 また、企画展示では【鳥取砂丘今昔写真展】が展示中です。(10月9日(土)~10月31日(日))

数十年前と現在を比べてみると、昔と大きく変わったもの、昔から変わらないもの、、、なつかしさとおどろきがいっぱいです。

展示物だけではなく、写真集としても置いてありますので、たくさんの写真を見ることができます。

この機会に是非ビジターセンターへお越し下さい。

 10月中旬17時頃の夕日です。夕日の時間は、砂丘の色々な場所で、夕日を見ている方がおられます。時間を忘れて、見入ってしまいます。

2021イベントチラシ.pdf

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ