ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年07月20日よしくまの海

吉野熊野国立公園 中村千佳子

 こんにちは 田辺自然保護官事務所アクティブレンジャーの中村です

 7月に入り、和歌山県も30度を超える真夏日が続いていますが、吉野熊野国立公園の田辺地域には、暑さを忘れさせてくれる、静かできれいな海が広がっています。

 さて、田辺自然保護官事務所では、田辺の海域においてサンゴの健康状態やサンゴを食害する動物の生息状況を調べるモニタリング調査を6回実施しました。

 田辺の海域では、天神崎周辺のエンタクミドリイシ群集や沖島周辺のクシハダミドリイシ群集等、 まとまった規模のサンゴ群集を見ることができます。今回は沖島周辺の海中の様子をご紹介します。

沖島の灯台                   マメダワラ

クシハダミドリイシ               ソラスズメダイと調査員

 沖島の白灯台周りの水深3m~5mの海中では、暖流である黒潮の影響を受けることから、クシハダミドリイシ、エンタクミドリイシ、ニホンミドリイシ、スギノキミドリイシ等からなる世界最北のサンゴ群集と、そこに生息するカラフルな熱帯魚を沢山観察することができます。また、田辺の海域では 熱帯性の生物からなるサンゴ群集のみでなく、温帯性の生物からなる藻場といった多様な環境で様々な生態系が成立しているのが特徴です。

ウミウサギ

 サンゴ群集の中を観察していると、水底に白と黒の貝を見つけました。これは「ウミウサギ」と呼ばれる巻き貝の仲間で、浅海のサンゴ礁域に生息します。白い部分は卵形の殻で、黒い部分は殻をとりまく身(み)の部分です。殻は貝細工や首飾りの材料にもなります。真っ白で名前のとおり海のウサギみたいでした。

 田辺自然保護官事務所では、8月に小学3年生~6年生を対象に「よしくまアドベンチャーin鹿島でシュノーケル」というイベントを開催します。

 是非この機会に吉野熊野国立公園「よしくま」の美しい海の中を一緒に観察しませんか。

「よしくまアドベンチャーin鹿島でシュノーケル」詳細はこちら↓

ページ先頭へ↑

2017年07月19日イベント告知「串本海中観察会」のお知らせ

吉野熊野国立公園 熊野 岩田佐知代

 環境省熊野自然保護官事務所アクティブ・レンジャーの岩田です。

 恒例、夏休みイチ押しマリンレジャー「吉野熊野国立公園パートナーシップイベント 串本海中観察会」のご案内をさせていただきます。

 本州最南端に位置する和歌山県串本町では、スノーケリングで色とりどりのサンゴや熱帯魚をみることができます。美しい景色が広がる串本沿岸海域は吉野熊野国立公園の海域公園地区に指定され、ラムサール条約湿地にも登録されています。世界最北となるテーブルサンゴ群集の生態系や海の生き物について学び、自然環境への関心と理解を深めることを目的としたふれあい観察会で、毎年、和歌山県との共催で、串本海中公園センターや串本町のご協力を得て開催しております。

 昨年は、残念ながら台風の影響で中止となりましたので、今年こそは皆様に楽しんでいただきたいと思います。

 日程は821日(月)もしくは824日(木)です。申込期限は731日(月)までになっています。参加を希望される方はぜひお申し込みください。応募者多数の場合は抽選となります。現在、24日は若干余裕がある状況です。イベントの詳細や申込方法等はこちらからお願いいたします。 

 http://kinki.env.go.jp/to_2017/post_93.html

 海中の生き物やサンゴ群集をスノーケリングで観察してみませんか?

いろいろな生き物に出会える海の世界に、きっと感動される事と思います。

ご家族での夏の思い出作りに皆さまのご参加をお待ちしております。

チラシ
サンゴ群集                      

講師の説明を聞く(以前開催した時の様子)       クマノミ

ページ先頭へ↑

2017年07月07日六甲山のアジサイ

瀬戸内海国立公園 神戸 高橋明子

 みなさんこんにちは。今年の梅雨時期の神戸は、雨の日が2、3日続いたり、晴天の日があったりと1週間のなかで天気が目まぐるしく変わっています。

 この時期、六甲山ではアジサイが見ごろを迎えます。

 六甲山系は風化しやすい花崗岩を中心とした地質から形成されており、表土の多くが真砂土と呼ばれる粒子の大きい土で排水が良く、酸性土壌であること、また海から近く霧がよく発生し湿潤であることから、アジサイの生育に適した土壌となっています。

 登山道脇でもいたるところに自生しているアジサイを見ることができます。

                      コアジサイ

 アジサイは神戸市の花にも指定されており、神戸市立森林植物園や摩耶自然観察園では様々な品種のアジサイが観察できます。

 中でも一番有名なのは「シチダンカ(七段花)」です。シチダンカは、近代西洋医学を日本に伝えたとされるシーボルトが幕末から明治にかけて執筆した著書『日本植物誌』に記載されていましたが、その後誰も見たことがなく、幻の花と言われていました。

 シーボルトが著書で紹介してから100年以上経過した1959年に六甲山で自生しているものが発見され、全国に広まったと言われています。

 神戸市立森林植物園 摩耶自然観察園

 

 シチダンカ

 梅雨時期は、外出することが億劫になってしまうところですが、一歩踏み出せばこの季節ならではの植物に出会えます。

 道路情報や天気予報をご確認頂き、無理のない範囲で梅雨の六甲山をお楽しみ頂ければと思います。

ページ先頭へ↑

2017年06月28日【実施報告】浦富海岸おそうじプロジェクト!!~西脇海岸おそうじカヌー~

山陰海岸国立公園 井原早紀

 皆さん、こんにちは。梅雨入りを感じさせないほど、いいお天気が続いている山陰海岸国立公園ですが、梅雨を感じさせる珍客が浦富自然保護官事務所にやってきてくれました!

 大きなカエルくんです(体長約5cm)!

 事務所の外の杭の上で休んでいるのをレンジャー(自然保護官)が見つけました。目の虹彩が少し赤みを帯びているので、モリアオガエルでしょうか?まさかこんな場所で見られるとは!!びっくりです。

雨が降るまで、ゆっくりしていってね。と思いました。

 さて、先日告知させていただいた、西脇海岸おそうじカヌーが6月14日に開催されましたのでご報告します。

 このイベントは、毎年、岩美町観光協会、岩美町、鳥取県、近畿地方環境事務所が、地元のシーカヤック協議会や漁協などと連携して実施してきましたが、今年はさらに地元のカフェや民宿からも協賛いただくなど、今まで以上に多くの方々のご協力を得て実施することができました。

 当日は、一般からの参加者やボランティアスタッフ等合わせて、総勢35名。昨年、一昨年も参加されたリピーターの方や、昨年に引き続き参加してくださったボランティアの方もいて、おそうじカヌーも少しずつ継続的な活動として根付いてきたなと感じます。

 さて、カヌーに乗り込み、浦富ブルーの美しい海を堪能しながら意気揚々と向かった岩場や洞窟には・・・

 大量のゴミが!!

 いよいよおそうじ開始です!

カヌーで清掃ポイントへ

洞窟の中に溜まったゴミ

岩場のゴミを回収中

カヌーで運搬中

 皆で力を合わせて、漁業用のロープや発泡スチロールなどの漂着ゴミをカヌーに乗せ、浜辺まで運搬しました。集めたゴミの量は、約2トン! 今年もたくさん回収できました。

 当日の様子は下記リンク先に動画がありますので、ご覧ください♪

https://youtu.be/4oCU3m73-oU

 おそうじカヌーは今年で3回目。このイベントを通じて「利用するほどキレイに!」の考え方がだんだんと浸透してきているのでしょうか。有志により、SNSを通じてキレイな浦富海岸を守っていく取り組み等を発信、情報共有する「おそうじプロジェクト!!」が立ち上がるなど、浦富海岸を楽しむ誰もが・いつでも美化清掃に関わることができる取り組みが少しずつ広がり始めているようです!

(参考情報:「浦富海岸おそうじプロジェクト!!」FacebookページURL:https://www.facebook.com/groups/1808823392715828/

(集めたゴミはトラックに乗せて処分場まで運搬し、適切に処分しました)

 おそうじカヌーを通じて、美しい浦富海岸をいつまでも楽しめる「持続的な利用」が定着していけば良いなと思います!皆さん、お疲れさまでした!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ