ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年12月

5件の記事があります。

2017年12月21日成ヶ島クリーン作戦

瀬戸内海国立公園 神戸 高橋明子

 今年も残すところあとわずかとなりました。先日、毎年12月の第一土曜日に開催される「成ヶ島クリーン作戦」に参加してきましたが、この恒例行事に参加すると今年も時間がたつのが早かったな・・・と焦りを感じてしまいます。

 さて、成ヶ島クリーン作戦は、淡路島の東端に位置する成ヶ島に漂着するゴミを、地元の由良中学校の生徒・保護者・成ヶ島を美しくする会、公共機関、関係団体など多くの方が参加し、総勢200名以上で一斉に清掃するものです。毎年多くのゴミが漂着しますが、今年は台風の影響もあり、例年より多くのゴミが漂着していました。

開会式 ゴミ拾い中
海岸に漂着したゴミ

 

 実際にゴミ拾いをしていて感じたことは、そのゴミの多くがペットボトル、お菓子やお弁当のパッケージ、食品が入っていたプラスチックのトレイといった、生活ゴミだということです。これらのゴミはルールを守り、分別して処分していれば出なかったゴミです。

 また、プラスチックのゴミは漂流したり、日光にさらされたりしているうちに劣化し、粉々になり回収することが困難になります。このようなゴミのうち5mm以下の微細なプラスチックごみは、マイクロプラスチックと呼ばれ、それ自体や、吸着する化学物質が誤食により生物に取り込まれることによって、生態系に影響を及ぼす危険性のあることが懸念されています。今回のクリーン作戦でも、拾い上げることができないほど細かくなったゴミが多数みられました。

    木の根元のプラスチックごみ

   植え込みに散らばった発泡スチロール

    (白く見える部分すべて)

 今回のイベントは20年以上続いているもので、当時中学生だった方が現在はお子さんと参加されていたり、なかには親子3代で参加されている方がいるなど幅広い年齢層の方が参加しており、地域ぐるみで環境に関心を持ち、行動に移しているすばらしい例だと感じました。ゴミが漂着する地域だけではなく、誰もが関わっている問題として多くの方に認識して頂けたらと思います。

ページ先頭へ↑

2017年12月19日☆大台ヶ原の冬支度☆

吉野熊野国立公園 小川 遥

 皆さま、こんにちは。

秋も終わりに近づき、冬の寒さが身にしみてくる時期となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

大台ヶ原は麓より一足先に本格的な冬を迎えました。

12月1日(金)15時をもって山頂駐車場へ続く大台ケ原公園川上線(通称:大台ヶ原ドライブウェイ)が閉鎖され、大台ヶ原ビジターセンターも冬期閉館となりました。

 その冬支度として、大台ヶ原地区パークボランティアの今年最後となる活動が11月半ばにあり、今シーズン感謝の気持ちを込めつつ、皆でゴミ拾いや木道階段の苔取りなどの清掃活動を行いました。

そして、なんとその翌日には大台ヶ原は初冠雪となり、綺麗な霧氷を見ることができました。

日出ヶ岳階段から見た正木峠 シロヤシオの霧氷

木道階段の霧氷(正木峠) 雪を被った沢(中道)

 来年の春の訪れまで大台ヶ原は人を寄せ付けないほどの厳しい冬の季節となりますが、皆さまは今シーズンの大台ヶ原を楽しまれましたか。来春の開山後には、よりたくさんの方に訪れていただくことを楽しみにしています。冬の間もこのAR日記にて、今シーズンの大台ヶ原の振返りや写真などをご紹介していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

-----------【大台ヶ原公園川上線(大台ヶ原ドライブウェイ)冬期通行止め】-----------
平成29年12月1日(金)午後3時~平成30年4月20日(金)午後3時(予定)まで
上記期間中は冬期閉鎖のため大台ヶ原山上駐車場へ通じるドライブウェイが通行止めになります。

ページ先頭へ↑

2017年12月08日よしくまアドベンチャーin対の浦でジオのアート

吉野熊野国立公園 田辺 中村千佳子

 皆さん、こんにちは。田辺自然保護官事務所アクティブ・レンジャーの中村です。

寒い時期になり、事務所近くの里山には、旅する蝶で知られる「アサギマダラ」が飛来しました。

 こちらの個体にはマーキングがされており、移動距離を調査中のようです。

アサギマダラ

 さて、今回は11月19日(日)に和歌山県白浜町の対の浦で開催した子どもパークレンジャー事業、「よしくまアドベンチャーin対の浦でジオのアート」についてご報告したいと思います。

 19日は寒波の影響で気温が下がり、寒い朝となりましたが、"子どもは風の子"と言われるのも納得の元気な17名が参加してくれました。参加者全員が対の浦は行ったことのない場所との事で、これから始まる1日に期待感いっぱいで出発しました。

対の浦                     浜まで移動

 浜まで2班に分かれ移動した後、4グループに分かれてジグソーストーンというネイチャーゲームをしました。
 砂に描いた○□△といった図形の中に拾い集めた石をパズルのように隙間なく詰めていくゲームです。

石を敷き詰めています              ジグソーストーン完成

 子ども達は丸や四角や不思議な形の石、大きくて一人では持てない石など、色々な石をグループで協力して集めました。中にはサンゴのかけらを拾った子や漂着ゴミの中から見つけた油性マーカーで石に顔を描いている子もいました。
 完成したパズルの中の石を観察し、石が砂や泥からできていることや、生痕化石(せいこんかせき:いきものが生活していた痕跡が地層に残ったもの)を見つけました。

ビンゴ用紙                    フィールドビンゴ中

 パズルの次は、フィールドビンゴをしました。普通のビンゴと違い、フィールドビンゴのカードには、数字ではなく自然の中にある色々な色、不思議な形、音など目や耳や手など様々な感覚を使って探すフィールドの中のアイテムが書かれています。子ども達はグループで協力してアイテムを探しに行き、ビンゴすると戻ってきてリーダーに伝えました。顔のように見える貝やイカの骨を持ってきたり、ハートの形をした岩のくぼみをみつけたり、アイテム全部に丸がつきました。

 講師の先生から、これらのゲームを通じて、この場所が長い年月をかけて波に浸食されて作られた浜だと教えてもらい、私達の暮らす大地の成り立ちについて学びました。

ハートの形をした岩の窪み(波の浸食)

 子ども達からは、「来年も参加するからまたやってね!」、「この場所には初めて来たけど不思議な形の地層や石があって面白かった」、「津波によって形作られた岩の形が面白かった」、「フィールドビンゴをしてハートの形がまわりに沢山あるのに気づいた」等の感想がありました。

 次回は12月3日(日)に開催した「よしくまアドベンチャーin神島でおそうじカヤック」の様子をご報告したいと思います。

ページ先頭へ↑

2017年12月07日ふれあいイベント報告

吉野熊野国立公園 岩田佐知代

環境省熊野自然保護官事務所 アクティブ・レンジャーの岩田です。

1111日(土)に本宮町で開催した「吉野熊野国立公園 アユの伝統漁法を学ぶ!」のイベント報告をします。

このイベントは、熊野川流域のアユの伝統漁法である「小鷹網(こたかあみ)漁」を見学し、人と自然の関わりや環境保全についての理解を深め、自然とふれあい楽しんでいただこうと企画しました。

10月末に襲来した台風21号と22号の大雨の影響で、開催場所に作っておいた'せぎ'(竹や笹を使い、魚を集めて捕る仕掛け 写真1、2参照)」が流されてしまい、川の濁りもとれず開催が危ぶまれましたが、急遽、開催場所を変更し、講師の方に'せぎ'を作っていただいて、無事に当日を迎えることができました。

写真1 竹や笹を使って作る"せぎ"         写真2 開催場所のせぎ 

当日は、講師の先生から、アユの習性として、9月から12月に産卵のために上流から下流へと移動することやこの習性を利用した小鷹網漁について、網の種類や投げ方などの説明も受け、'せぎ'の上流に網を投げて、下流を目指して集まったアユを捕る様子を見学しました。講師に網の投げ方を教わり、実際に網投げを体験した子もいました。また、熊野川で見られる回遊魚(アユ、ウナギ、ハゼ科の魚等)、純淡水魚(コイ、オイカワ、カワムツ、アマゴ等)、河口近くの汽水域にも住む海水魚(ボラ、スズキ等)の解説もあり、きれいな川だからこそいろいろな魚が生息できることも知ってもらいました。

漁の見学の後には、アユのつかみ獲りを体験しました。子ども、大人も楽しそうに、そして必死にアユを追いかける姿は、見ていてもほほえましく感じました。

獲ったアユは、その場で焼いて試食し、新鮮なアユに舌鼓を打ちました。

地域の伝統漁法や川に生息する魚について知ったり体験したり、自然とのふれあいを楽しんでいただきました。

網の投げ方の説明                8歳の時から小鷹網漁をしている88歳の講師

小鷹網で獲れたアユ                 アユのつかみ獲り
アユを焼く                      最後に集合写真

ページ先頭へ↑

2017年12月01日ちびっ子砂丘レンジャーへの道2017(第2回)を開催しました!

山陰海岸国立公園 井原早紀

 皆さん、こんにちは。12月に入り、日を追って寒さが増してきていますね。浦富自然保護官事務所も冬支度を始めています。

 さて、10月1日に開催された「ちびっ子砂丘レンジャーへの道2017」(第2回)の内容をご報告します!

 第2回のプログラムは、砂丘の生きもの学習、漂着物を使った工作体験、夜の砂丘での星空観察です。

 まず、「砂丘の生きもの学習」の時間では、鳥取砂丘を散策しながら、そこに生息する昆虫や植物について学びました。砂に似た体色をしたバッタ、砂に穴を掘って生活するハチ、丈夫な茎や根を横に長くのばして広がるハマゴウなど、工夫しながら砂丘を生き抜いている生きものの姿に、みんな興味津々!

 ちなみにこの日は、前日の雨と強風によって、砂丘にたくさんの砂柱(砂が固まって小さな柱のようになったもの)ができていて、不思議な自然のアートも見ることができました。

【昆虫を観察。特大サイズのアリジゴクも見られました!】

【たくさんの砂柱。「横から見ると三角形の形をしている!」】

 砂丘から帰ってくると、砂丘の海岸で集めたゴミや流木などの漂着物を使って、オリジナルのフォトフレーム作りに挑戦します。

  

 「砂丘にこんなにゴミや漂着物があるとは知らなかった」、「海に落ちているゴミでこんな写真立てが作れるなんてびっくりした!」と、みんな思い思いの作品を作ってくれました。

 最後は、お楽しみの星空観察です!いつもと違う雰囲気の、夜の砂丘にみんなドキドキ。

 広い砂丘は真っ暗ですが、海の向こうにはイカ釣り船の漁火が見えます。この日の夜空は雲が多かったのですが、雲の合間から星が見える度に、ちびっ子たちの歓声が湧き起こり、とても楽しそうでした!

【夏の大三角や秋の四角形も見ることができました】

 昼の砂丘も夜の砂丘もしっかり楽しんで、みごと第2回のミッションをやり遂げたちびっ子たち。

 次回はいよいよ最終回!果たしてちびっ子たちは、すべてのミッションをクリアして「ちびっ子砂丘レンジャー」になれるのか、乞うご期待です◎

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ