ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年11月

3件の記事があります。

2020年11月10日山陰海岸ジオパークトレイルを歩こう!

山陰海岸国立公園 竹野 久畑久美子

 みなさまこんにちは。竹野自然保護官事務所の久畑です。

 近畿自然歩道の巡視に行ってきたので、その紹介をしたいと思います。

 今回巡視したコースは今年全線開通したロングトレイル「山陰海岸ジオパークトレイル」のルートにもなっています。

 このトレイルは鳥取・兵庫・京都の3府県の海岸沿いを歩く、全長230.9kmの日本で3番目(日本ロングトレイル協会加盟トレイルの中で)に長いルートとなっています。山陰海岸国立公園を端から端まで横断し、見どころを隅々まで見ることができます。

 今回のコースは兵庫県香美町のしおかぜ香苑から柴山駅まで約10km、高低差約145mと難易度が高めです。

まずはスタート地点のしおかぜ香苑から車道沿いを歩き今子浦へ進みます。かえる島を見ながら大引の鼻展望台へ寄り道しました。

 展望台は少しだけルートから外れますが、とても綺麗な景色を見ることができます。

海を向いているかえる島 大引の鼻展望台からの景色

     (海を向いているかえる島)               (展望台からの景色)

 ここからがこの日の本命、近畿自然歩道として整備された未舗装路です。近畿自然歩道の標識にある時計の針のような矢印がジオパークトレイルのサインです。これにしたがって先ほど展望台から見た山を尾根伝いに歩いて行きます。

近畿自然歩道の標識と時計の針のようなトレイルの矢印 山中の木のトンネル

     (近畿自然歩道の標識と矢印)           (木のトンネル) 

 山の中は倒木を跨いだりくぐったり、斜面をよじ登ったりと思わず童心に返ってしまう大変ワイルドなコースでした。

 時折見える景色と吹き上がってくる風に海を感じながら歩きます。

 稜線沿いには見晴らしの良い場所があります。

 崖なので怖くてあまり近づけませんでしたが柵がないためすごい開放感です。

 振り返ると歩いてきた尾根と荒々しい岩の山陰海岸らしい景色を見ることができます。このコースの海岸側は国立公園のなかでも特に厳格に保護するべき景観として、特別保護地区に指定されているエリアになります。

振り返ると見える歩いてきた尾根と海岸線

(振り返ると見える尾根と海岸線)

 森の中で少し平坦なところがあると、どこが道なのかとたんにわからなくなりますが、ジオパークトレイルの目印のテープや、標識があり安心でした。

トレイルルートの標識 トレイルルートの目印テープ

       (ルート標識)                     (目印テープ)

 しかしところどころでテープが外れているところがあるなど、継続的に安全に利用するには維持管理が重要だと改めて感じました。


 海岸から離れ山を下り始めると突如大きな穴が!洞窟か防空壕か坑道か、想像力がかき立てられます。そして山間からのぞく港町にゴールが近いことを感じ残念なような、少しほっとした気持ちにもなりました。

目前の土壁に大きな穴が 山間から見える港町

      (目前の土壁に穴が)                (山間から見える港町)

 決して歩きやすいわけではなく全線通じて動物の気配を感じる野性味あふれるコースでしたが、ありのままの大自然を楽しみたい方にはとても満足できるコースだと思います。

 利用者が増えるよう今回気付いたことを関係機関とも共有し、よりよいコースになるよう協力していきたいです。

 また11月末までトレイルの開通記念キャンペーンが行われていますので、この機会に歩いてみてはいかがでしょうか?

 コースのうち、いくつか通行止めになっている箇所もありますので、歩かれる際は事前に山陰海岸ジオパークのホームページ(下記リンク)などでコースを下調べし、装備を整えてからご利用ください。

 歩くからこそ見える景色もある☆

 それではまた次回。

<リンク>

山陰海岸ジオパークトレイルページ

https://sanin-geo.jp/play/geotrail/

ページ先頭へ↑

2020年11月05日大台ヶ原・大杉谷の森林再生応援団

吉野熊野国立公園 小川 遥

 皆さま、こんにちは。吉野の小川です。

 本日は、10月初めに開催したボランティアイベント「大台ヶ原・大杉谷の森林再生応援団」をご紹介します。平成28年度から林野庁と環境省との共催で行っており、台風や大雨の影響を受けて中止となる年もありましたが、5年目となる今回は天候に恵まれ、無事にイベントを開催することが出来ました。

 東大台正木峠を散策していると、一面にササが広がる光景が広がります。実はその中には、かつて森林だった頃の生き残りであるトウヒの稚樹が隠れています。この稚樹をシカの食害から守るために小さな柵(稚樹保護柵)で囲っていますが、まだまだ小さい稚樹は周辺のミヤコザサの勢いにまけて、覆われそうになってしまいます。そのため、稚樹に太陽光が充分当たるよう、稚樹がササの背丈を超える高さになるまで、周りのササを刈る作業が必要となります。また、正木峠から少し離れた森の方では、シカの樹皮剥ぎから守るため、成木に防止ネットを巻いています。

正木峠に広がるササ原

歩道から見える稚樹保護柵

剥皮防止ネット

正木峠に広がるササ原

歩道から見える稚樹保護柵

剥皮防止ネット

 このイベントではボランティアを募集し、皆さまにササ刈りとネット巻きを行っていただきました。

作業の合間には、森林再生の取組の紹介や山と人との関わりの話なども織り交ぜ、青空と少し早いシロヤシオの紅葉を味わいつつ歩きながら、大台ヶ原の森の良さだけでなく、衰退が進みつつある場所や保全・再生への取組などを体感していただきました。

ササ刈りの様子

ササ刈り後のトウヒ稚樹

取組紹介

ササ刈りの様子

ササ刈り後のトウヒ稚樹

取組紹介

 今は大台ヶ原の紅葉も終盤を迎え、麓より一足早く冬が近づきつつあります。11月に入ると、冷え込みが更に増し、天候によってはドライブウェイの一部凍結や積雪が見られる場合もあります。雨具や防寒具のほか、スタッドレスやタイヤチェーンなどの備えにもご注意の上、お越しください。

【〈注意〉ツキノワグマについて】

大台ヶ原はツキノワグマ生息地です。今年度はドライブウェイや歩道周辺での目撃情報が多く寄せられています。熊鈴の携帯やビジターセンターでの情報確認、人気が少ない時間帯の入山は控えるなど対策にお気をつけください。

【大台ヶ原の利用におけるお願い】

大台ヶ原を気持ちよく楽しんでいただくために、下記のご協力をお願いしております。

・ゴミのお持ち帰りにご協力ください。

・駐車場やドライブウェイでのキャンプや焚き火はご遠慮ください。

・新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ビジターセンターでは、マスク着用の呼びかけや消毒液の設置などの対応を行っております。入館時には、玄関にある留意事項をご確認ください。

大台ヶ原ビジターセンターFacebook

大台ヶ原ビジターセンター窓口による大台ヶ原の情報をお知らせしております。

大台ヶ原登録ガイド

環境省では、大台ヶ原をより深く楽しく安全に満喫いただくために、大台ヶ原登録ガイド制度を運用しております。ガイドを選んで、是非自分だけの大台ヶ原をカスタマイズしてみてください。

ページ先頭へ↑

2020年11月02日登山歩道補修~in大杉谷

吉野熊野国立公園 吉野 早川諒介

 皆さま、こんにちは。吉野管理官事務所の早川です。

 さて、先日は三重県多気郡大台町にある大杉谷で登山歩道補修を行いました。吉野熊野国立公園に指定されている大杉谷は日本三大渓谷の1つにあげられており、他に黒部峡谷(富山県)、清津峡(新潟県)があります。大杉谷は日本有数の多雨地帯として知られており、この激しい水の流れが大杉谷特有の様々な地形の渓谷を生み出しています。

 登山歩道補修は2日間で行い、1日目はモルタルを使用し、歩道が滑りやすい箇所に施工をしました。登山道の途中には鎖場や日本の滝100選に選ばれた七ツ釜滝があり、様々な景色を堪能できます。

エメラルドグリーンの淵 七ツ釜滝

(エメラルドグリーンの淵)          (七ツ釜滝)

モルタル施工中 施工完了

(モルタル施工中)              (施工完了)

 宿泊は標高約480mにある桃の木山の家に泊まらせていただきました。桃の木山の家の目の前には大きな吊り橋があり、山小屋と吊り橋と併せて景色を楽しむことができます。

桃の木山の家

(桃の木山の家)

 2日目は、登山歩道にある木橋の補強作業を行いました。木橋は早朝の朝露などで滑りやすいため、新たに木材で滑り止めを設置しました。

滑り止め設置中 設置完了

(滑り止め設置中)              (設置完了)

 大杉谷の登山歩道には、七ツ釜滝をはじめ、多くの素晴らしい滝や吊り橋があり、手つかずの渓谷景観を随所で堪能することができます。登山歩道は鎖場が多く、滑落の危険もあるため注意が必要です。事前にルート確認を行い、登山経験が中級者以上の方と一緒に行くことをおすすめします。今年度シーズン(11月23日まで)の登山期間は残り少ないので、大杉谷登山センターなどに現地の状況を確認し気温が低いため登山装備をもう一度見直した上で、大杉谷にお越しください。

大杉谷登山センター:https://www.oosugidani.jp/

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ