ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年12月

5件の記事があります。

2021年12月28日今年1番の思い出写真

山陰海岸国立公園 竹野 久畑久美子

 皆さま、こんにちは。

 竹野自然保護官事務所の久畑です。


 先日から降り続く雪で日本海側には大雪警報が発令されていましたが、日本海まで50メートルもない竹野事務所の周辺は、12月27日9時現在の積雪量、3センチメートル程です。

竹野自然保護管事務所前の積雪の様子

   (竹野事務所前の積雪の様子)

 先日から、ごうごうと風が強く吹いていたので、雪雲が飛ばされたようです。内陸の方では積雪が多いそうです。車でのご走行にはご注意ください。海岸部では風がやむと積もり始める合図。車の運転など一層気を引き締めていきたいと思います。

 今年1年もあと数日ですね。私の今年1番の思い出写真をご紹介します。

来日岳山頂から見る夜明け前の雲海

      (来日岳山頂から見る夜明け前の雲海)

 11月に撮影した来日岳の雲海の写真です。

 おおよそ北側半分が国立公園区域内にある山で、豊岡盆地、竹野、京丹後、山間に久美浜湾が一望できます。朝5時過ぎに到着したのですが、山頂にはすでにカメラを構えた方がたくさんおられました。

円山川から昇り立つ霧が盆地に溜まり雲海になります。豊岡市は霧の発生率は高いのですが、雲海発生には晴れていること、前日の夜と朝の気温差が大きいこと、風がないことなど、いくつか条件があり、1つでも揃わないと綺麗な雲海を見ることはできません。今回の読みは大当たりでした!

 昼間の来日岳山頂からはこのような景色を眺めることができます。

晴れた日の来日岳山頂から見た豊岡盆地と円山川

   (晴れた日の来日岳山頂から見た豊岡盆地と円山川)

もう1箇所見ておきたい場所があったので、日が昇る前に移動しました。

日和山海岸を見下ろす

        (日和山海岸を見下ろす)

日和山海岸です。奥で一筋に伸びているのが円山川河口から流れ出ている雲海です。山を越えて流れているものは雲海が盆地から溢れてきているものです。日が昇るにつれ、どんどん流れ出してきます。時間を忘れて魅入った、今年一番の思い出となりました。

皆さまも、今年一番の思い出写真はありますか?

ページ先頭へ↑

2021年12月23日環境省・山陰海岸ジオパーク推進協議会協働事業 新温泉町有識者視察

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 12月5日、6日に3名の有識者(地域振興、エコツー、観光)と、兵庫県新温泉町の現地視察を行いました。現地ガイドの案内で新温泉町の見どころを視察、そして地元の方々と交流、意見交換を行い、エリアの活性化のためのアドバイスをいただきました。

 2日間新温泉町の国立公園とその周辺の魅力的な場所を回りました。

一日目

○浜坂駅前のまち歩き案内所「松籟庵」(しょうらいあん)。

松籟庵には、新温泉町や周辺地域の観光情報、浜坂の歴史紹介やお土産物、レンタサイクルもあります。そこで1番びっくりしたのが奥の展示コーナーにある蓄音機でした。

      【浜坂駅前 松籟庵】

        【蓄音機】

なぜ、新温泉町に蓄音機、と思われませんか。

そこには、新温泉町と針の関わりにありました。

冬は雪と荒波に閉ざされる新温泉町では、江戸時代後期より縫い針の生産が始まり、明治期には住民の多くが針製造に従事したとされています。

縫い針からはじまった技術は、現在レコード針製造へ発展し、特にオーダーメイドで生産される蓄音機の針は評判が高く、世界中から注文が来るとのことでした。受け継がれてきたすばらしい技術に感動しました。

○三尾(みお)地区

浜坂駅前から車で20分ほど山道を走った所にある小さな漁村です。地元で取れるわかめの加工や海上タクシー(小さな漁船による海上ツアー)、地区の抱える問題など、次のようなお話を聞かせてもらいました。

・わかめは収穫後水で洗わず冷凍することによって、解凍後大変おいしく頂くことができ、東京の有名な寿司店でも提供されていること。

・海上タクシーは小船のため、少しでも天候が荒れると出港できないので、予約があってもおことわりをしなければならないことも多いこと。

・漂着ゴミのこと。

○諸寄(もろよせ)地区

諸寄を見渡せる城山園地より諸寄港を一望。ここから見る日本海に沈む夕日は絶景です。

どんなに大荒れの日でも、大きく入り込んだ湾のおかけで、港内はいつもおだやかです。恵まれた地形から北前船の風待ち港として昔より栄えている港町です。

国道から一歩中に入っていくと、昔からの歴史を感じる建物が残り、道はどれもまっすぐ海へ向かっています。諸寄基幹集落センターでは貴重な江戸時代の航海図や諸寄出身の芸術家の作品などもあり、見応えたっぷりでした。

   【城山園地展望所より見た諸寄港】

○夜の意見交換会

地元活動団体の活動報告と有識者との意見交換会がありました。

荒天で海のアクティビティが実施できない場合の代替策、

インバウンド対応などについて質問がでました。

有識者からは、次のようなご意見をいただきました。

・各地区に休憩ポイント、カフェなどが欲しい。

・雨天時対応は代替プランを提案。

・外国人にはガイドが英語を話せなくても、紙芝居形式の解説・資料を用意して対応。

・すばらしい資源がたくさんあるので、もっとアピールしよう。

・フェノロジーカレンダー(月ごとの見どころ、味覚、行事などをまとめたもの)をみんなで議論して作成するとよい。

二日目

○漁港の競り(せり)見学

関係者以外立ち入りできない浜坂港の競り売りを、特別に見学させていただきました。松葉ガニシーズン本番ということもあり、大変活気がありました。今年のカニも大変おいしそうでしたが、例年と比べて漁獲量がとても少なく、かなり高値となっているとのことでした。

 この2日間の訪問先でご対応いただいたみなさんが、大変生き生きと活躍されていて、どうやったら町が活気づくか真剣に取り組んでおられる姿が印象的でした。

ご協力ありがとうございました。

新温泉町には多くの見どころや、温泉、豊富な海の幸、町を大好きで魅力あふれる人たち、伝統を受け継いできた素晴らしい技術がありました。有識者との意見交換等がきっかけとなって、地域の連携や魅力の発信がより一層進むことを期待し、私たちも国立公園としての利用促進に、一緒に取り組んでいきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2021年12月20日EVバス実証実験in吉野山

吉野熊野国立公園 早川諒介

 皆さま、こんにちは。吉野管理官事務所の早川です。

 先日、奈良県吉野町の吉野山にてEVバス実証実験を行いました。

環境省HP<http://kinki.env.go.jp/to_2021/post_234.html>

 吉野山は吉野熊野国立公園や世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に指定・登録されており、中でも国宝にも指定されている金峯山寺は東大寺に次ぐ規模の木造建築であり、その存在感は圧巻です。また、4月にかけて満開の桜で多くの観光客が訪れ、日本でも有数なシロヤマザクラの名所としても知られています。

 今回実施したEVバス実証実験とは、マイカー規制及びEVバスなどの環境配慮型2次交通を導入した周遊システムの社会実験になります。環境省では、脱炭素社会に向けて対策が進められており、今後の国立公園における保護と利用の実現に向けて本実験を行いました。

吉野山EVバス

 吉野山は以前より、観桜期や紅葉期の自家用車乗り入れ等による交通渋滞や利用者の満足度の低下が懸念されています。そのため今後、地域の特性に応じた吉野山の魅力を高め、利用者が集中する時期以外の通年での利用促進、自然環境に配慮したインフラ整備が重要と考えています。

吉野山EVバス2

 吉野山は下千本が標高約200~350m、奥千本では標高約600~750mと急勾配な坂道が続くので、実証実験では、特に高齢者の方々に登りでEVバスに乗車していただき、下りは徒歩でゆっくりと吉野山を満喫していただけました。EVバス利用者からは、「とても静か」、「乗車目線も低く、お土産屋の中も確認できよかった」など様々なご意見をいただき、無事終了することができました。また、年に一度、この急勾配を利用したロードバイクでのヒルクライムも開催されています。今後私も出場を検討しています。

吉野山EVバス3   吉野山EVバス4

 吉野山は桜が有名ですが、利用者のメインルートからはずれた脇道沿いにも、修験道にまつわる歴史的、文化的な資源を発見することができます。少し寄り道をして、金峯山寺や修験道の歴史・文化に目を向けて散策すると、これまでとは違う風景や空気感を感じることができると思います。

ページ先頭へ↑

2021年12月17日家島諸島の景観調査を行いました

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 皆さんこんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 早速ですが、先日、チャーター船を走らせて、瀬戸内海に浮かぶ家島諸島を一周してきました!

チャーター船 もちろん優雅にクルーズを楽しんだわけではありません。瀬戸内海国立公園の多島海景観を構成する家島諸島の島々(無人島)について、自然植生の状況の変化や違法な工作物などが設置されていないかどうかなどを調査したものです。

 家島諸島には大小あわせて40余りの島が点在しているのですが、有人島(男鹿島、坊勢島、家島、西島の4つ)以外に定期船はなく、家島諸島全ての島を調査するには船をチャーターするしかありません。

家島から船に乗り込んで、さっそく調査開始です【家島から船に乗り込んで、さっそく調査開始です】

双眼鏡やカメラを用いて調査を行いました【双眼鏡やカメラを用いて調査を行いました】

 神戸自然保護官事務所のアクティブレンジャーである私は、業務で家島諸島を訪れる機会が多いのですが、今回のようにチャーター船からじっくりと島を見ることは今までありませんでしたので、たくさんの気付きがありました。

例えば、前回の日記にも登場した無人島 『加島』を例に紹介すると・・・

海蝕洞の様子島の外縁部に、打ち付ける波によって地形がえぐられて生じる、海蝕洞が複数あることや

外から見た加島島の最南端であるボンノ鼻と呼ばれる地形の先端部が靴のような面白い形になっていることなど、今回私は初めて知りました。前回のイベントの際に事前に知っていれば、子ども達にこの面白い地形を紹介できたのに・・・と少し後悔もしました。

その他にも

島の植生【上島 かみじま】と【クラ掛島 くらかけじま】

近い位置にある2つの島であっても、外観からみる色の違いで島の植生が異なっていることが分かったり

灯台の上にハヤブサがいます無人島の一部に設置されている灯台には、希少種(国内希少野生動物種)であるハヤブサがいたりなど様々な発見をしたとても充実した調査になりました。

ページ先頭へ↑

2021年12月01日家島の無人島で宝探し

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 みなさんこんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 神戸でも寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。12月になり、もう本格的な冬を迎えています。

 さて、先日は姫路港沖合の家島諸島の加島にて、地元の子ども達を対象にしたイベント『無人島で宝探し in 加島』を開催しましたのでその様子をご報告いたします。

【受付 消毒・検温をしっかりと】【出港!どんな冒険が待っているのかな】 【受付 消毒・検温をしっかりと】 【出港!どんな冒険が待っているのかな】

 今回イベントを開催した家島諸島は、姫路港から沖合20kmほどにある、播磨灘に浮かぶ大小44の島々からなっております。その中で人が住んでいるのはここ家島と、坊勢島、男鹿島、西島の4つのみ。家島在住の子ども達も、他の島、特に無人島には行く機会はないため、期待が高まっています。

 【船から直接浜に上陸】【国立公園の勉強もしました】 【船から直接浜に上陸】     【国立公園の勉強もしました】

 今回上陸した無人島の加島は、瀬戸内海国立公園を代表する美しい景観『多島海景観』を形成する島の一つであり、この島からもその景観を見ることが出来ます。到着後はそんな、家島や国立公園のことを勉強しました。

 勉強の後は今回のイベントの目的である『無人島で宝探し!』スタートです。

【地図を片手に島内探検開始です】【茂みの中を歩いて、浜を目指します】【地図を片手に島内探検開始です】  【茂みの中を歩いて、浜を目指します】

目的地 西の浜に到着!【目的地 西の浜に到着!】

 山を歩き、森を抜けてたどり着いた浜では、生き物と漂着物を観察しました。普段誰も来ることがない無人島の浜にはいったいどんな生き物・漂着物があるのでしょうか。宝探しのような感覚でみんな楽しみました。

【大きいウニを見つけました】【イカの甲を拾ったよ!】【大きいウニを見つけました】    【イカの甲を拾ったよ!】

【きれいなシーグラスがたくさん】【面白い形のウキもありました】【きれいなシーグラスがたくさん】   【面白い形のウキもありました】

自分だけの宝を見つけられたかな?【自分だけの宝を見つけられたかな?】 

 当日は寒空の下でしたが、子どもたちは元気いっぱいに生き物・漂着物観察を楽しんでくれました。今回取り組んでもらったのは宝探しと銘打っておりますが、実はビーチコーミングという、漂着物の収集をする行為のこと。今回のイベントを通して、海洋の環境問題への関心や、家島諸島の自然を大切にする気持ちを子ども達に持ってもらえれば、とても嬉しいです。

皆でポーズ!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ