ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年10月

7件の記事があります。

2021年10月26日こうべ森の文化祭2021 in 再度公園

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 皆さんこんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 季節外れの暑さがやっと過ぎたと思えば、急に寒くなってびっくりしました。過ごしやすい秋はいったいどこに行ってしまったのでしょうか。急激な気温の変化に六甲山の木々達も驚いているのか、色づいている木々はほとんど見受けられず、紅葉の見ごろまではもうしばらく時間がかかりそうです。

 さて、そんな六甲山地・再度山頂上の北に位置する再度公園にて、1024日(日)に神戸市主催のイベント「こうべ森の文化祭2021」が開催され、我々も参加してきましたので、その様子をご紹介いたします。

こうべ森の文化際

 こうべ森の文化祭は、六甲山緑化百周年を記念して、2002年からスタートしており、六甲山をフィールドに活動している団体が各々ブースを出展し、参加者に活動を紹介するパネルの展示や、ワークショップや自然体験ゲーム等を楽しんでもらうイベントで、神戸自然保護官事務所も毎年参加しています。昨年はコロナ禍の影響を受け中止しておりましたので、今年は2年ぶりの開催となりました。

公園内に様々なブースが出現し、パネル展示や体験プログラムが催されました【公園内に様々なブースが出現し、パネル展示や体験プログラムが催されました】

 我々の神戸自然保護官事務所のブースではカミツキガメ・ブラックバス等の剥製展示や外来種・国立公園を紹介するパネルの展示を行いました。

【剥製展示】と【国立公園パネル・パンフレット】【剥製展示】          【国立公園パネル・パンフレット】

お客さんも盛況です コロナ禍ということもあり、なかなか大々的にPRを行っていなかった今回のイベントでしたが、ご家族連れで来ていただいた方や、登山中にふらっと訪れてくれる方など、たくさんの方に参加いただきました。子どもはカミツキガメ・ブラックバスの剥製に興味津々です。他にもスタンプラリー用の国立公園クイズで子どもから大人まで、みんなで盛り上がりました。

再度公園の様子 イベントが開催されたここ再度公園は瀬戸内海国立公園の六甲地域にもふくまれる都市公園で、休みの日は自然を満喫できる公園として、家族連れやハイカーで賑わいます。公園内にある修法ヶ原池は、秋が深まると真っ赤な紅葉が映り込む紅葉の名所としても有名です。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

紅葉の様子(過去に撮影したもの。今年の紅葉が待ち遠しいですね)

【紅葉の様子(過去に撮影したもの。今年の紅葉が待ち遠しいですね)】

ページ先頭へ↑

2021年10月26日大台ヶ原のササ刈り業務

吉野熊野国立公園 吉野 丸毛絵梨香

吉野管理官事務所アクティブレンジャーの丸毛です。

前回8月の続きで、大台ヶ原の自然再生事業をご紹介します。9月に正木峠にある地樹防鹿柵内のササ刈り業務を行いました。

正木峠から正木ヶ原にかけて歩いていると、黒い柵がたくさん建っているのが見えることかと思います。

これらは、針葉樹(主にトウヒやウラジロモミ)の稚樹をシカの食害から守るために設置されたものです。稚樹は柔らかく、シカにとってはごちそうだからです。

正木峠は現在、樹木の次世代の生育が、林床がササに覆われているため非常に難しくなっています。そのため、数少ない稚樹をこのように保護して昔の森林の姿に戻そうとしているのです。

 1936年の大台ヶ原の様子 2021年10月の正木峠の様子

(1936年の正木峠の姿、菅沼孝之氏撮影)    (2021年10月の正木峠)

 稚樹防鹿柵の中の様子(ササ刈り前) 稚樹防鹿柵の様子(ササ刈り後)

(防鹿柵内 トウヒ稚樹・ササ刈り前後。分かりにくいですが刈った真ん中にある緑が稚樹です。)

ササ刈りをしないと、稚樹は光や水分を獲得しにくく、うまく成長ができません。一般に、ササの根から冬に蓄えた養分を葉に戻したあとの6月頃と、夏に生産した栄養が根に戻る前の9月頃に行うことが良いとされています。

生命力の強いササに一面を覆われてしまうと、他の植物が生育することは非常に難しくなります。正木峠には140基近くの稚樹防鹿柵があるため、重労働となりますが環境省職員が一丸となって刈り作業を行っています。今年度はコロナの関係で実施できませんでしたが、一般ボランティアの募集イベントも例年開催しておりますので、ご興味ある方は来年度の9~10月頃、ご応募してみてくださいね。

※大台ヶ原は多くの部分が国立公園の特別保護地区になっており、一般に植物の採取や損傷が規制されています。刈り作業などができるのは防鹿柵内などで環境省事業として行う限られた範囲や状況のみとなりますのでご注意ください。

ページ先頭へ↑

2021年10月20日秋の鳥取砂丘

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 日増しに秋の深まりを感じるようになりました。

空は高く澄み渡り、夕方には美しい夕焼けにしみじみと秋の風情を楽しむこのごろです。

秋晴れの日、鳥取砂丘を歩いてきました。

 砂丘のあちこちでコウボウムギを見かけます。今の季節は、枯れて雌株の穂から焦げ茶色の種がたくさんおちていました。穂先もムギによく似ています。

       【コウボウムギ】

 ところで、麦わら帽子のことを英語で「ストローハット」と呼びます。ムギを含め、イネ科の植物は茎の中がストローのように空洞になっているのが特徴です。(というより、昔はもっぱら麦わらをストローとして使っていたのです。)

一方、コウボウムギの茎の断面を見てみると、、、なんと、中に空洞がありません。つまりコウボウムギはムギの仲間ではないとわかります。コウボウムギはイネ科ではなく、カヤツリグサ科の植物です。

いじわるなネーミングですね。私もまんまとだまされてしまいました。(笑)

    【コウボウムギの茎の断面】

コウボウムギと同じように、ランの仲間ではないのに「ウンラン」とか、ニンニクの仲間ではないのに「ハマニンニク」という植物もあります。興味がある方は調べてみて下さい。植物だけではなく、ほかにもたくさんありますよ。

 さて、山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンターでは、オープン3周年を記念して、10月23日土曜日より10月31日日曜日まで「鳥取砂丘ビジターセンターフェスティバル2021~砂だけじゃない❤鳥取砂丘を遊びつくそう~」が開催されます。缶バッチつくりなど、期間限定のイベントがあります。

【 #鳥取砂丘川柳コンテスト2021】
#鳥取砂丘川柳コンテスト2021で鳥取砂丘をテーマにした川柳をTwitterにつぶやこう。

鳥取砂丘ビジターセンター館内でも同時募集しています。

私も、一生懸命アイディアを考え中です。なかなかいい句が思いつきませんが、記念に一句、がんばって応募したいと思っています。みなさんもつぶやいてみて下さい。

 また、企画展示では【鳥取砂丘今昔写真展】が展示中です。(10月9日(土)~10月31日(日))

数十年前と現在を比べてみると、昔と大きく変わったもの、昔から変わらないもの、、、なつかしさとおどろきがいっぱいです。

展示物だけではなく、写真集としても置いてありますので、たくさんの写真を見ることができます。

この機会に是非ビジターセンターへお越し下さい。

 10月中旬17時頃の夕日です。夕日の時間は、砂丘の色々な場所で、夕日を見ている方がおられます。時間を忘れて、見入ってしまいます。

2021イベントチラシ.pdf

ページ先頭へ↑

2021年10月15日宝探し 時々 海岸清掃 のち プラゴミの由来(後編)

吉野熊野国立公園 田辺 戸口協子

ここのところ、田辺では夏が舞い戻ったような日差しが続いています。

時折吹く風だけは秋をまとっていますが。

みなさま、こんにちは。吉野熊野国立公園 田辺管理官事務所の戸口です。

今回は、前回記事から引き続き、9月に参加したビーチクリーンアップのイベントで集めた漂着ゴミの中で、私が興味深いと感じたものの紹介を続けたいと思います。

(前回記事はこちら: https://kinki.env.go.jp/blog/2021/09/post-195.html

イベントで集めたゴミを種類別に分けることで、海に漂着するゴミは、プラスチックゴミが群を抜いて多いことを知りました。

01_kakiyouhsokupaipu

これらは垂下式と呼ばれる方式のカキの養殖のため、日本で使われているものだそうです。海に漂うカキの卵はロープに通したホタテの貝殻と長さ1.5cmの「豆管」を幾重にも重ねた貝殻の部分に付着します。その後、カキが大きく成長するために間隔を取るため、豆管は「パイプ」に交換されます。「ワッシャー」はロープ最下部の留め具となります。

これらの漁具は本来であれば再利用されるようですが、非常に強い荒波や台風などがあった際に流出してしまい、紀南にまで流れ着いたと考えられます。

02_garasu-dama 03_purasutikkuukiko

これは昔、よく使われていた浮子の一種で、ガラスでできています。とてもきれいで、ビーチコーミング※される方にもファンが多いそうで、実際に手にしてみると納得できる一品でした。

※ビーチコーミング...海岸や浜辺に打ち上げられた漂着物を収集すること

現在は、写真右に見られるようなプラスチック浮子が代役を務めているようです。

このとおり、かつては別の素材で利用されていたいろいろな物が、現代ではプラスチック製品に置き換わっています。

プラスチックの便利な点は、ゴミになると大きな問題になります。

プラスチックの便利な点と大きな問題

壊れにくい・分解しない →

 ずっと環境に残る

 生物に絡むと外れない

 誤飲すると消化されない

軽くて 便利      →

 風や海流で容易にどんなところ

 (拾うことが困難な場所や遠く海外等)

 にも運ばれる

発泡スチロールを例に考えてみます。

発砲スチロールはコルクの代用に使われ出したのをきっかけに、用途が広がっているものです。発砲スチロールもプラスチックの一種で、断熱性に優れ、また衝撃吸収にも優れたもので、陸上・海上で重宝されています。

原材料となるビーズを熱で膨らませ、接着剤などの化学薬品を使わずに熱でくっつけることで成型しており、原材料体積は製品体積のわずか2%であることから、省資源素材と言えます。

04_happosuchirol1 05_happosutirol2 07_happosutirol4
06_happosuchirol3 08_happosutirol5
発泡スチロールゴミ

一方で、上の表のとおり、便利だからこそ、ゴミになってしまうと回収が難しい側面も持っています。「軽くて丈夫で耐水性がある」ということは、「風でどこにでも飛ばされ分解されにくく水に浮く」ということです。また、熱で圧着しているだけなので、一度劣化すると容易にはがれてバラバラになりやすいという性質を持っています。実際に、海岸で大きな発泡スチロールの塊を見つけたことがありますが、表面が朽ちており、風が吹く度に細かい粒が飛ばされるのを目にしました。

プラスチック製品の多くは、劣化してしまうと細分化され無数の破片になって散らばるため、回収は非常に困難になります。

「大きな塊のうちに」、そうでなくとも「拾うことができるうちに」、回収できるものは回収したいものです。

私の家ではキッチンから出るゴミをみると、生ゴミ以外のゴミはほぼプラスチック包装であることになんとなく罪悪感があります。しかも毎日のこと。

チリも積もれば山となりますが、チリほど小さくないプラスチック製品ではゴミ山が容易にできます。商品を取り出して不要になり、1回しか使われないプラスチック包装が嵩を増すごとに、代用品はなにかないかな...と思いを馳せますが...

これだけ便利になった時代に、プラスチックを使わない生活に戻ることは難しいです。そんな中で私たちができることは、なるべくプラスチックのゴミを減らすこと・使える物は繰り返し使うこと。そして使用から廃棄まで、総量を減らさないと問題は膨れあがるばかりに思います。

09_puragomi-kyouryu10_puragomi-hasamia-to

9月の清掃活動は、プラスチックゴミの由来を想像しながらの宝さがしを楽しみつつ、できることから取り組んでいきたいと、心改まる機会となりました。

Save the Ocean、 Save the Earth...

皆さまもどこかの海岸に行くことがあれば、のんびり散歩がてら、漂着物の観察をしてみると楽しいですよ。

ページ先頭へ↑

2021年10月13日家島で鳴く虫探し(子どもパークレンジャー(JPR))を開催しました!

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 皆さん、こんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 先日、兵庫県姫路市の家島にて、子どもパークレンジャー(JPR)を開催いたしましたので、その報告をさせてください。

 子どもパークレンジャーとは、自然保護の大切さや自然との付き合い方、生き物に対する思いやりの心など、豊かな人間性を育むことを目的として国立公園などにおいて自然観察や自然解説による自然環境学習を子どもたちに体験してもらうプログラムです。

 今回は、自分たちが住んでいる国立公園の自然の多様性や生き物の面白さを体験・学習してもらうことを目的に、家島在住の子ども達を対象に、この季節にぴったりの「鳴く虫探し!」を開催しました。

当日は夏のような暑い日でした【当日は夏のような暑い日でした】   【開会式 みんなやる気満々です】

 開会式の後はみんなで目的地を目指します。道中もただ歩いているのではなく、何の虫の鳴き声なのか、みんなで静かにして、耳を澄ませて聴いてみました。

静かにして虫の声を聴きます  【静かにして虫の声を聴きます】   【何の虫の声か、先生に教えてもらいます】

 普段は虫や鳥のさえずりが聞こえても、そこまで気にも留めていなかった子ども達。集中して虫の声を聴くことで、「きれいな声!」「他の虫の声よりも大きい!」「家の裏で聴いたことある!」など色々な発見があったようです。

 少し歩いて家島神社についてからは、国立公園の勉強。家島の一部は瀬戸内海国立公園に含まれていること、みんなが毎日見ている瀬戸内海の光景がとても大切なものであることを学びました。

国立公園のお話し 静かに聞けました【国立公園のお話し 静かに聞けました】  【家島から見る瀬戸内海と島々たち】

 さぁ、移動と勉強の後は、体を動かして「鳴く虫探し!」本番のスタートです。

子どもたちは網を片手に走り回って鳴き声を頼りに虫を捕まえました。

開放された場所での虫探し【開放された場所での虫探し】      【芝生にいた虫は?】

コオロギをゲットして「やったー!」.【コオロギをゲットして「やったー!」】 【わからない虫は先生に教えてもらいます】

飛んできたトンボを先生がキャッチ【飛んできたトンボを先生がキャッチ!先生の網は長い!】

 イベントでは3か所、それぞれ環境の違う場所(暗い場所・解放された場所・草が生い茂った場所等)で虫取りを行いました。環境の違いによって生息している虫の違いに気付いた子もいました。子ども達からは「楽しかった」「今までに見たことない虫を捕まえた」「捕まえた虫が夜どんな声で鳴くか楽しみ!」などの感想をもらいました。

閉会式にて、JPR認定書の授与【閉会式にて、JPR認定書の授与 頑張ったね】

 短い時間でしたが、自分たちがいつも見ている風景や自然が大切なものだと学んでもらえたと思います。今回の子どもパークレンジャー(JPR)を通して、自然にさらに興味を持ってもらえると嬉しいです。

ページ先頭へ↑

2021年10月11日「成ヶ島の自然観察会」を開催しました!

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 みなさんこんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 前回私の記事では「秋の気配がしてきました」と書きましたが、台風通過後の神戸は夏に逆戻りしたのかと思うくらい暑いです。事務所の扇風機を片づける準備をしていたのですが、まだまだ必要ですね。

 さて、先日は淡路島の瀬戸内海国立公園『成ヶ島』にて、自然観察会を開催しましたのでその様子をご報告いたします。

船に乗り込みさぁ出発です 開会式【船に乗り込みさぁ出発です】         【開会式の様子】

 今回の自然観察会は、国立公園である成ヶ島の魅力について知ってもらうことを目的として開催させていただきました。

国立公園の勉強もしっかりと【国立公園の勉強もしっかりと】

 淡路島に住んでいるけど成ヶ島には初めて来た、という子ども達も何人かいて「どんな生き物がいるかな?」とみんなワクワクです。

干潟で生きもの探し開始 カニの感触【干潟で生きものを探し開始です】  【カニを触った感想『ざらざら』】

何を見ているのかな?ハクセンシオマネキ【何を見ているのかな?】    【ハクセンシオマネキがいます】

 干潟生き物観察会では貝やカニだけでなく、珍しいウミウシや魚など、いろいろな生き物を干潟で見ることが出来ました。講師の方からは、生き物の名前だけでなく、干潟の持つ水をきれいにする力や自然の大切さも教えていただき、子ども達には楽しく、また大人にとっても勉強になる観察会になったのではないでしょうか。

 干潟での観察会の後は、成ヶ島を一望できる展望台がある成山(標高52m)の山頂を目指します。

山頂までみんなで探検です【山頂までみんなで探検です】

成山展望台の景色【成山展望台の景色】

 当日は、天候にも恵まれてとても素晴らしい景色を見ることが出来ました。展望台では講師の方より、成ヶ島がどうやってできたのか、成ヶ島のある由良地域の過去の歴史についてなど、詳しく解説していただきました。子どもたちは、淡路橋立を股のぞきで見て、何に見えるかを言い合いました。

淡路橋立を『股のぞき』【淡路橋立を『股のぞき』】

 

 今回の観察会では、子ども達からは「干潟で色々な生き物を見られて楽しかった」「山の中で聞く波の音がきれいだった」「成ヶ島の自然をもっといろんな人に知ってもらいたい」等の感想が寄せられました。自然観察会を通して、成ヶ島の自然を大切にする気持ちを子ども達に持ってもらえれば、とても嬉しいです。

ページ先頭へ↑

2021年10月07日「熊野川生き物探し」を開催しました!

吉野熊野国立公園 熊野 内橋未裕

みなさんこんにちは。

よしくま事務所(正式名:吉野熊野国立公園管理事務所)の内橋です。

涼しい日もあれば、暑くて半袖じゃないとやってられない日もある今日この頃。

大好きなキンモクセイの花の香りが漂い始め、ようやく秋の訪れを感じるようになりました。

 さて、去る10月3日に「熊野川生き物探し」を開催しました。

吉野熊野国立公園である熊野川を舞台に、講師として漁師さんをお招きし、昔ながらの漁法や漁具についてのお話、今と昔の熊野川を取り巻く環境の違いなどを分かりやすく教えていただきました。

漁具の実演と説明      小鷹網を投げる漁師さん               漁具の説明を受ける様子

 さらに、自分たちでエサ(水生昆虫)を捕まえて、釣りをしよう!ということで、みんなタモ網を握って川の浅瀬をガサガサ・・・一体どんな生き物に出会えたでしょうか。

ヤゴやカゲロウの幼虫、ヘビトンボ、昆虫ではないですが、和歌山県の希少種であるアカザ(魚)やカジカガエルを捕まえてきた子もいました。

浅瀬でガサガサ浅瀬でガサガサ

 さあ、自分たちで捕まえたエサで釣りタイム。自分たちで獲った水生昆虫を針にかけ、じっと魚が掛かるのを待ちます。熊野川の支流である大塔川の透き通った水。もちろん魚からも人間の姿は見えています。さあ何が釣れるかな?ウグイやカワムツ、オイカワ、ヌマチチブなど、最終的には子供たちみんな魚を釣ることが出来ました!

釣った魚を見る子供たち釣った魚を見る子供たち

採取できた生き物(エサ以外は全てリリースしています)

浅瀬ガサガサ:カワゲラ、カゲロウ、ヘビトンボの幼虫、アカザ、ヨシノボリ、テナガエビ、カジカガエル

釣り・ビンヅケ:カワムツ、ウグイ、オイカワ、ヌマチチブ

 色々な種類の生き物を観察することができました。見たことのない水生昆虫や魚を目の前に、「先生、これなあに~?」の声がたくさん響く、賑やかで楽しい学びの場となりました。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ