ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年8月

5件の記事があります。

2021年08月30日大台ヶ原でガイドウォークを開催しました

吉野熊野国立公園 吉野 丸毛絵梨香


吉野管理官事務所(大台ヶ原担当)のアクティ・ブレンジャーの丸毛(まるも)です。
7月22日に大台ヶ原で上北山村共催のガイドウォークを開催しました。
コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、奈良県在住者のみと募集を制限したため例年よりも少人数の開催となりましたが、気軽に質問できる空気もあり、わきあいあいとしたイベントとなりました。
天候にも恵まれ、非常に良い一日となりました。
8月の開催は大雨のため残念ながら中止となりました。

では、「大台ヶ原」で環境省が力を入れて取り組んでいる「自然再生の取組」についてご紹介したいと思います。
ガイドウォークの自然再生ツアーではさらに詳細なお話を大学の先生から聞くことができます。
大台ヶ原では約60年前の伊勢湾台風をきっかけに、針葉樹が枯れ、ササが拡大し、森林が衰退していきました。
苔むす植生豊かな森林が失われつつある今、自然再生に向けた取組を継続的に行っています。
東大台でも西大台でも、周遊コースを歩くと防鹿柵(ぼうろくさく)と出会うことになります。
 
この防鹿柵、何のために設置しているのかと言うと、漢字のとおりシカからの害を守るためのものになります。
では、何をシカから守っているのか?
それはトウヒやウラジロモミといった針葉樹の「実生」や「稚樹」、つまりは子どもです。
大台ヶ原のウラジロモミの実生 ← ウラジロモミの実生
今の大台ヶ原は、シカが若い樹木を食べてしまうため、次世代を残すことが難しくなっています。
さらに、ササが繁茂しているため、地面は実生が生存していくには暗すぎる環境となっています。
現状では人の手がなければ、樹木が次世代を残すこと、「更新」が困難な状況です。
更新がうまく進まないと、大台ヶ原はササに包まれたササしかない山になってしまうでしょう。
現在、大台ヶ原では大きい防鹿柵を約60基、稚樹ひとつずつにかけた防鹿柵を約140基設置しています。
防鹿柵がもたらす効果・問題点はたくさんあって、ここで一度に紹介しきれないので、また少しずつお話出来ればと思います。
早く知りたい!と思う方は是非環境省の大台ヶ原のHPを覗いてみてください。
多くのお金と人の力、想いを注いで、この大台ヶ原の自然を守る取組を続けているのです。
大台ヶ原が持つ自然の力で持続する森林を目指して、多くの人への普及活動を含め、私も尽力していきたいと思います。


最後に、景色の良いところもご紹介します。こちらはお天気のいい日の大蛇嵓(だいじゃぐら)です。

夏の晴れた日の大蛇嵓
大台ヶ原は雨の日が多いので、気持ちのいいお天気の写真は少し貴重だったりします。
ここ最近は雨が多いので、散策の際は、足下にお気をつけください。

ページ先頭へ↑

2021年08月23日特定外来植物『ナルトサワギク』

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 皆さんこんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 突然ですが、皆さんこちらの植物を見たことがありますでしょうか?

ナルトサワギク 

 タイトルにもあるのですが、この植物は『ナルトサワギク』といいます。マダガスカル原産の植物ですが、世界各国に分布域をひろげ、日本でも1976年に徳島県鳴門市で初めて発見されて以降、近畿地方を中心に分布が拡大しております。

 見た目は華やかで美しいキク科の植物なのですが、ナルトサワギクは拡大のスピードがすさまじく、すぐにあたり一面がこの黄色い花で覆いつくされてしまいます。

写真内の黄色の花は、全てナルトサワギクです【写真内の黄色の花は、全てナルトサワギクです】

 このAR日記にたびたび登場する成ヶ島(瀬戸内海国立公園)において、環境省はナルトサワギクの防除活動を実施しており、先日私も作業に立会しました。

当日は、照り付ける太陽がまぶしい快晴でした【当日は、照り付ける太陽がまぶしい快晴でした】

 成ヶ島ではナルトサワギクの防除活動が継続的に行われておりますので、先ほどの写真のようにあたり一面がナルトサワギクで覆いつくされる、というようなことにはなっておりません。ではどこに生えているのかというと・・・

大人の腰の高さくらいまである植物(ハマゴウ)群落ですが・・・【大人の腰の高さくらいまである植物(ハマゴウ)群落ですが・・・】

よくよく探していくと、ハマゴウに交じって、黄色い花が【よくよく探していくと、ハマゴウに交じって、黄色い花が】

 ナルトサワギクには、アレロパシーという他の植物の生長を抑制する物質を出す特徴があるということがわかっており、成ヶ島の貴重な海浜性植物の保全のために、ナルトサワギクの分布域が広がらないうちに、しっかりと防除作業をすることが大切です。

中腰になって懸命に探します【中腰になって懸命に探します】  

 皆さま、暑い中お疲れ様でした。

ページ先頭へ↑

2021年08月18日小学生夏休み工作教室~鳥と環境~

山陰海岸国立公園 竹野 久畑久美子

 みなさま、こんにちは。竹野自然保護官事務所の久畑です。

先日、豊岡市立図書館竹野分館主催の小学生工作教室が開催されました。この工作教室では地元の小学生を対象に、身近な環境を考えるきっかけ作りになるような、自然のものを使ったネイチャークラフトを行っています。今年も講師として参加してきましたのでその様子をお伝えします。

 今年はコロナ感染症対策のため、少人数で2回開催されました。

前年まで海がテーマの工作が続いたので、今年度は陸地をテーマに、鳥の巣の工作を行いました。図書館司書さんの挨拶の後、時間をいただいて、国立公園、鳥獣の保護について、コウノトリのこと、身近で見られる野鳥についてお話をさせていただきました。

(解説している様子)

 

 今回作る鳥の巣は、巣箱ではなくお椀型の鳥の巣です。ヤシの繊維、干し草、枯葉、小枝、コケ、小石などを使って作ります。参考に、実際の鳥の巣のイラストをホワイトボードに貼り付けました。子供たちは鳥の種類によって違う巣の形に、どれを作ろうか迷っていました。自分の作りたい形が決まったら、紙皿や紙コップに、ヤシの繊維を貼り付けていきます。

グルーガンで火傷しないよう慎重にヤシの繊維を貼る子

(グルーガンで火傷しないよう慎重に)

ヤシの繊維が貼れたら、他に貼り付ける材料を選びます。

干し草や枯葉、コケなど、鳥になった気分で好みのものを貼りつけます。

材料がたくさんあって悩む子     会場内の様子
  (材料がたくさんあって悩みますね)               (会場内の様子)

土台に小枝を固定し、巣を固定して完成です。

木を集めて積むだけの鳥もいれば、このようにいろいろな材料を使い、クモの巣を作って巣を作る鳥もいることを伝えました。子供たちは野生の知恵に感心していました。

皆、それぞれに工夫を凝らした、とても個性的な鳥の巣が完成しました。

デコレーションされた鳥の巣    巣材が盛りだくさんな鳥の巣

   (デコレーションされた鳥の巣)            (巣材が盛りだくさんな鳥の巣)

 

 完成品を手に満足そうに帰って行く姿はこちらまで嬉しくなりました。

 工作教室に併せて図書館前のブリッジでは国立公園について、鳥獣保護区について、周辺で見られる鳥などの展示を8月末まで行っています。

パネル展示の様子

(パネル展示の様子)

 豊岡市といえばコウノトリですが、コウノトリ以外にもたくさんの鳥を見ることができます。そんな豊かな環境が、すぐそこにある。と、興味を持ってもらえたらいいなと思いました。

 それでは、また次回。

ページ先頭へ↑

2021年08月17日但馬御火浦(たじまみほのうら)のみどころ

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま、こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 但馬御火浦は兵庫県新温泉町岸田川河口から香美町井笹岬までの約8kmの岩石海岸です。変化に富む力強い海岸線が魅力ですが、急峻な地形ゆえに陸上からは近づくことができません。

 今回は、船上より観察した日本列島形成にかかわる岩石が描くさまざまな模様、洞門や奇岩などがパノラマのように連なる素晴らしい景色をご紹介したいと思います。

 浜坂港より東へ向けて出発すると、【鬼門崎】が見えてきます。浜坂の東にあった芦屋城から見て鬼門に当たるので鬼門崎の名がついています。銛の先端のような形の岩です。約7000万年前、日本列島がアジア大陸の東の端にあった頃に噴火した流紋岩で出来ています。

流紋岩は白っぽい色の溶岩で、地表近くで固まった溶岩を火山岩と呼びます。

【龍宮洞門】

一帯は花崗岩でできていますが、一筋の安山岩の岩脈がこれを貫いています。海面付近の洞門から、天に向かって昇る岩脈の様子を龍にたとえ、龍宮洞門と名がつきました。花崗岩は日本が大陸の一部だった時代にマグマが地下深くで固まったもの(深成岩)で、白っぽい色をしています。一方、岩脈は日本列島形成後に花崗岩の岩山を割って吹き出した火山岩で、やや黒っぽい色をしています。

【獅子の口】

黒い岩の間の裂けた穴から赤い岩が見えています。獅子が赤い口を開けているように見えることから、この名前が付いています。日本海ができるころに流れた溶岩が波によって侵食され、獅子が口を開けたような割れ目が出来上がりました。

獅子の口の真っ赤な色に見えているのは岩石に含まれる鉄分が酸化してできた赤さびの色です。

海岸線の色が手前(右)から<黒っぽい~黄土色~黒っぽい>へと色の変化が見られます。手前の黒っぽい岩石が獅子の口があるところで安山岩です。黄土色は流紋岩、奥はデイサイトという火山岩です。こうやって眺めるだけでも、変化に富む景色を見ることが出来ます。

【三尾大島】

島全体に柱状節理が発達しており、とくに南東側の岩壁には無数の柱状節理と、それを横切る板状節理が美しい景観を造っています。

        <南西部>                 <南東部>

【鋸岬(のこぎりみさき)と旭洞門】

新温泉町と香美町境の岬です。岬の頂上部が鋸状になっていることから、鋸岬と名付けられました。岬の中央部の洞門は旭洞門と呼ばれ、洞門から朝日がさす景色の素晴らしさから名付けられていますが、見られるのは5月中旬の数日だけで、この時期の日の出時刻は5時頃。船上からしか見られないので、なかなか難しいですね。漁師さんの特権といったとこでしょうか。

 このように但馬御火浦では、日本列島がまだ大陸の一部だった時代から、様々な年代にできた様々な種類の岩石がモザイク状に組み合わさり、岩質によって色や割れ方、崩れ方が違うことでそれぞれ異なる景観を形づくっています。

 以上、船上より観察した、但馬御火浦のご紹介でした。

ページ先頭へ↑

2021年08月03日国立公園の企画展示が開催中です

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 みなさん、こんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 現在「近畿地方環境事務所管内 国立公園の紹介」の企画展が桜ノ宮合同庁舎(大阪市北区)の1階「森林(もり)のギャラリー展」にて、開催中です。

国立公園の紹介

 私たち近畿地方環境事務所に所属するアクティブ・レンジャーが、自分たちの管轄する国立公園内のおすすめスポットを紹介するパネル展示コーナーもありますよ。

パネル展示コーナー

 紹介しているスポットは、観光名所になっているところや、「え?こんなところが?」という意外なものも。国立公園で活躍しているアクティブ・レンジャーならではの視点があって、面白いものになっております。

 8月2日(月)から8月20日(金)までの期間限定展示ですので、皆さまのお越しをお待ちしております。

【アクセス】

JR大阪環状線「桜ノ宮駅」下車。西口から徒歩5分

大阪メトロ堺筋線「扇町」下車。4番出口から徒歩10分

アクセス

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ