ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年7月

3件の記事があります。

2021年07月26日千畳敷のユビナガコウモリ

吉野熊野国立公園 田辺 戸口協子

みなさま、こんにちは。

田辺管理官事務所の戸口です。

近畿は梅雨が明け、夏空の広がりと共に一気に気温が上昇し、クマゼミの大合唱が暑さをさらに際立たせています。

先日、和歌山県のレッドデータブックで準絶滅危惧種に分類されているユビナガコウモリを観察するため、夕刻の千畳敷に行ってきました。

千畳敷は浅海に堆積した地層が隆起した海食台で、国の名勝指定されている観光地です。

01‗昼間の千畳敷(2020年11月12日撮影)
昼間の千畳敷
02‗千畳敷からの夕日(2021年7月19日撮影)
千畳敷からの夕日

南の海で台風6号が発生しており、まだ紀伊半島から遠く離れているものの、大きなうねりがすでに届いていて、夕暮れ時には岩にぶつかった波が、繰り返しダイナミックに高く上がっていました。

03‗うねりによるダイナミックな波(2021年7月19日撮影)
うねりによるダイナミックな波

千畳敷の端には白浜町の天然記念物にもなっている海食洞(洞窟)があり、近畿地方では唯一のユビナガコウモリの繁殖地となっています。この洞窟に、6月中旬から妊娠したメスのみが飛来し、出産と子育てをします。7月下旬から子どもも飛び始め8月には各地の洞窟へ散らばっていくようです。

レディースクリニックにも似たこの洞窟は、地元では「コウモリ穴」とも呼ばれるそうです。

日没直後から、ユビナガコウモリがエサ(蚊などの小型昆虫)を求めて海食洞から周辺の沿岸林などに向かって飛び立つ様子が見られます。観察時、私たちは海食台の上にいたのですが、それは手品のトランプがシルクハットから不規則に吹き出続けるような様子にも似ていて、高速で飛び出してくるのが観察できました。数が多いことと、飛行スピードが速いことで、観察している私たちにぶつかってくるんじゃないかと思うくらいです。実際は超音波で周辺を正確に把握しながら飛んでいるので、密でもぶつかることはまずないと思われますが。

周辺が薄暗くなって空を見上げると、千畳敷の駐車場の一画では、飛び交うコウモリのシルエットが相当な数見られ、圧倒されました。(速すぎてピントがとても合わないので、この写真からイメージしてみてください。)

04‗飛び交うユビナガコウモリ1(2021年7月19日撮影)
05‗飛び交うユビナガコウモリ2(2021年7月19日撮影)
飛び交うユビナガコウモリ

親コウモリは天井からぶら下がっている無数の子どものなかから、自分の子どもを見つけてエサを与えます。地元でユビナガコウモリの観察を長年実施されている方のお話によると、生まれた無数の子どもが天井からぶら下がっているのですが、中には掴まる力が弱く、落ちてしまうものもいるようです。下ではヘビが待ち構えていて、落ちるとヘビのエサになってしまい、生まれたてから弱肉強食の世界です。上から落ちてくるのは子どもだけでなく、そのヘビがいる底部分はユビナガコウモリの糞が50cmほど積もっているそうです。

ユビナガコウモリのスペクタクルは8月末まで続くので、虫刺され対策、懐中電灯などを持参して、千畳敷の駐車場でまだ明るいうちに安全な場所を探してから観察してみてくださいね。夢中になると、星が見えるくらい暗くなってきますので、駐車場を通る車にもご注意ください。

ページ先頭へ↑

2021年07月20日大峯弥山巡視点検withオオヤマレンゲ

吉野熊野国立公園 吉野 早川諒介

 皆さま、こんにちは。吉野管理官事務所の早川です。

 先日、大峯山系植生調査のため、弥山~八経ヶ岳に至る登山道及び防鹿柵(ぼうろくさく)の巡視点検を行いました。天川村の弥山・八経ヶ岳エリアは、標高1500m以上の山々が連なる大峯山系に位置し、シラビソ林やオオヤマレンゲなど希少な自然環境があります。オオヤマレンゲは国の天然記念物に指定を受けている種でありますが、近年、オオヤマレンゲ群生地の衰退が顕在化しており、要因の一つとしてニホンジカによる食害が考えられています。この対策として環境省では、シカの侵入を防ぐために防鹿柵設置等の取組を行っています。

 オオヤマレンゲの開花時期は5月から7月頃までであり、今回の調査では開花した美しい姿を見ることができました。また、近畿地方の最高峰である、八経ヶ岳(1915m)は視界が広がり素晴らしい眺望になります。登山道中には多くの植物や昆虫に出会うことができ、少しでも興味・関心を持っていただければ、より視野の広い登山ができるかと思います。

オオヤマレンゲ 八経ヶ岳

(オオヤマレンゲ)              (八経ヶ岳からの景色)

*現在、弥山小屋は宿泊可能ですが、コロナウイルスの影響で寝袋は持参となります。

天川村役場:http://www.vill.tenkawa.nara.jp/

 コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国の山小屋なども一部、営業休止のところもあります。登山時においては、スポーツマスクの使用、前の人との間隔を空けるなど、感染予防の徹底をお願いします。また登山する際は、体調・体温状況の確認を行い、熱がある場合は登山を控えるようお願いします。感染予防の徹底をした上で、有意義な登山を楽しんでいただければと思います。

ページ先頭へ↑

2021年07月12日いえしまで自然を満喫!

瀬戸内海国立公園 中村高也

 みなさん、こんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 今月の3(土)と4(日)に、兵庫県立いえしま自然体験センターにて行われたイベント「自然とあそぼう」に講師として参加してきましたので、その様子をご紹介いたします。

フェリーに乗って【姫路港で大人と別れフェリーに。どんな冒険が待っているかな?】

 いえしま自然体験センターがある西島までは、姫路港からフェリーで40分ほど。西島を含む家島諸島は姫路港の沖合約20km、播磨灘に浮かぶ大小44の島々からなっており、今回訪れる西島は島全体が瀬戸内海国立公園に指定されるなど、兵庫県でも手つかずの自然が残る、とても貴重な場所です。

どんな体験が待っているのかな【フェリーを降りたら島を探索して、島の豊かな自然や景色を満喫!】

開会式とお勉強【開会式 萩本所長からご挨拶、私も少しお話しました】

 私は瀬戸内海国立公園や海の知識・生き物についてみんなと一緒に勉強しました。その後はお待ちかねの自然観察の時間!水中メガネで海の中を見てみたり、色々な動植物を見て、さわって普段できないことをたくさん経験できました。

海の中をのぞいてみよう【海の中を探索しました。 ウニの足の感触は『気持ちいい!』】

浜で植物観察会【浜の植物、ハマゴウはミントの香り? 珍しいハマボウフウの姿も】

 夜のイベントとして星空観察も予定しておりましたが、こちらはあいにくの曇り空。満天の星空はまたの機会にお預けですが、代わりに海では光り輝く夜光虫や、ウミホタルを見ることが出来て、子どもたちは大興奮でした。

夜光虫とウミホタルを観察【ウミホタルを観察。青く光る姿はまるで海に浮かぶお星さま!?】

 このほかにもカヌーに乗ったり、浜に流れ着いた漂着物を探して、絵を描いたりと盛りだくさんの2日間イベントで、子ども達も大満足だったのではないでしょうか。講師として同行した私も、貴重な体験をさせていただきました。

 今回のようなイベントは、いえしま自然体験センターのHPで募集を行っておりますので、ご興味を持たれた方はぜひ一度参加してみては、いかがでしょうか?

兵庫県立いえしま自然体験センター

http://www.shizen-ieshima.com/

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ