ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年9月

4件の記事があります。

2019年09月13日冠島とオオミズナギドリ【雛との対面編】

山陰海岸国立公園 派谷 尚美

 皆さま、こんにちは。竹野自然保護官事務所の派谷です。

 前回は、冠島という無人島へ上陸し、オオミズナギドリの巣穴を確認したところまでお伝えしました。今回は待望(!?)のオオミズナギドリ雛との対面です。

雛の体重測定

 いかがでしょうか。この雛の愛らしさ。

 冠島調査研究会の先生が、調査・研究のために足環を着け、頭・嘴(くちばし)・翼の長さと体重を測定しました。この雛は体重436グラム。成鳥の平均体重は約500グラムだそうです。

オオミズナギドリ雛のカメラ目線

 正面顔は、この可愛さです・・・私は一瞬でメロメロになりました。

 ※オオミズナギドリに触れるには鳥獣保護管理法の許可が必要です。

巣穴に戻された雛

 雛をそっと巣穴に戻したら、早くも帰りの船の出発時間がやって来てしまいました。

 私は今回、日帰りで調査に同行しましたが、冠島調査研究会の方々は、3泊4日で島に滞在して調査を行いました。この調査は毎年、1年に2回行われています。昼の調査では雛の成長具合や親鳥からもらった餌の量を確認し、夜の調査では成鳥に調査・研究のための足環を装着し、体長の測定や数を記録したりと、厳しい暑さの中、無人島での大変な作業を続けているそうです。

冠島の漂着ごみ① 冠島の漂着ごみ②

 さて、行きはオオミズナギドリのことで頭がいっぱいでしたが、帰りは島の状況に注意を払いながら歩いてみました。

 冠島にも、やはりたくさんの漂着ごみがありました。この島の漂着ごみで特に目立っていたのは、発泡スチロール製フロートやプラスチック籠などの漁具と、ペットボトルでした。

冠島の漂着ごみ③

       無人島(冠島)の海岸にも多くの漂着ごみが

 漂着ごみの現状を目の当たりにする度に、野生生物たちへの申し訳なさで胸がいっぱいになります。無人島で暮らす生き物たちも、人間社会から出るごみの影響を受けています。

 世界中で多くの海鳥が、プラスチックごみを誤飲しているといわれています。飲み込んだプラスチックは消化しないので、糞と一緒に排泄されないものはお腹の中に溜まっていきます。冠島のオオミズナギドリも、ごみを誤飲しているかも知れません。

 海洋ごみの問題を解決するためには、今あるごみを回収することと、これ以上海にごみを増やさないことが必要です。私たち一人ひとりが実態を知り、意識と行動を変えることで、問題の解決に近づくことは可能だと思います。

 環境省では、海洋ごみ問題について多くの方に知っていただくことを目的として、学習用教材を作成しています。小中学生用と高校生用があり、大人の方にもご利用いただける内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

【海洋ごみ教材(小中学生用・高校生用)】

ページ先頭へ↑

2019年09月12日冠島とオオミズナギドリ【上陸編】

山陰海岸国立公園 派谷 尚美

 皆さま、こんにちは。竹野自然保護官事務所の派谷です。

 今回は、若狭湾に浮かぶ美しい島と、そこに生息している「オオミズナギドリ」という海鳥についてお伝えします。

冠島(かんむりじま) オオミズナギドリ

       冠島(かんむりじま)             オオミズナギドリ        

 京都府舞鶴市の沖に、冠島(かんむりじま)という無人島があります。島は原生的な自然林で覆われていて、周囲は一部を除いて崖となっています。

 冠島は、オオミズナギドリの繁殖地として国指定鳥獣保護区に指定されています。日本海側では最大級の繁殖地です。上陸が厳しく制限されている島ですが、9月上旬に生息状況調査に同行し、島やオオミズナギドリの状況を確認することができました。

海上自衛隊による輸送支援 ゴムボートで上陸

 冠島への往復は、海上自衛隊による輸送支援の協力をいただきました。島の近くまで船で進んでから、ゴムボートに乗り換えて上陸しました。

オオミズナギドリの巣穴

 島の奥へ進むと、地面の至る所にオオミズナギドリの巣穴がありました。冠島には推定20万羽のオオミズナギドリが生息しており、森の中は巣穴だらけです。一見穴がないように見えても、上だけが塞がっていてその下は穴になっていたりするので、気を付けて歩いていても穴を踏み抜いてしまうことがあるほどです。

オオミズナギドリが登った跡

 オオミズナギドリは、傾斜した木や崖上などの高い所から、落下する加速を利用して飛び立ちます。このマツの木は、たくさんのオオミズナギドリが登るために樹皮が剥がれていました。

巣穴の中に雛を発見

 程なく、オオミズナギドリと出会いました。成鳥は海へ出ていて巣穴を留守にしていましたが、雛が残っていました!上の写真で、穴の中に灰色の毛玉が見えますね。これが雛なのですが、記事が長くなってしまったので次回に続きます。

 次回はオオミズナギドリ雛のかわいい姿・・・必見です!

ページ先頭へ↑

2019年09月09日「よしくまアドベンチャーin天神崎でシュノーケル!」を開催しました

吉野熊野国立公園 中村千佳子

 こんにちは、田辺管理官事務所の中村です。夏休みが終わり子ども達の声が聞こえなくなった海水浴場は、なんだか少し寂しいような気もしますが、私にとっては、これからがスキューバダイビングで海中観察する絶好のシーズンとなるので、田辺周辺のどの海へ潜りに行こうかと今からわくわくしているところです。

 さて、8月26日(月)に田辺市の天神崎周辺の海域にて令和元年度子どもパークレンジャー事業「よしくまアドベンチャーin天神崎でシュノーケル」を開催しましたのでご報告します。

 当日は県内から30名を超える応募があり、その中から14名の子ども達が参加しました。

 子ども達を海の世界へと案内してくれたのは、日頃から田辺湾でスキューバダイビングのガイドを行っている紀州灘ダイビング組合の皆さんです。まずはウェットスーツの着方やマスクのあわせ方、海中観察時の注意点等を教えてもらい、その後海へ向かいました。

 

海に入る前に事前学習をしました
事前学習

 ウェットスーツを初めて着る子ども達からは「きつい」「暑い」という言葉が聞こえつつも、表情からは早く海に行きたい!という気持ちがでており、私も早く海の中に入ってもらいたい思いになりましたが、そこは安全のため準備を怠らないようにぐっと我慢しました。

 海に到着するとマスクの曇り止めの方法やシュノーケルの水抜きの方法を練習します。

浅場で練習しましたフィンのはきかたを習いました
浅場での練習

 さあ、いよいよグループに分かれて海中観察に出発です。初めは水泳のクロールをするように手を動かして、慣れていない様子の子もいましたが、段々と上手に泳げるようになりました。

 スタッフにナマコを触らせてもらっている子もいました。触った感想を聞くと「初めて触ったけど、柔らかくて気持ち悪かった」と言っていました。

 じっくりと海中観察を行い、ダイビングショップに戻ったら、どんな魚をみたか、図鑑で調べてみたり、スタッフに教えてもらったりしました。

カメラを見つけピースする参加者スタッフに手を繋いでもらいながら泳ぐ参加者
カメラにピース

カメラにピースする参加者スタッフにナマコを手に乗せてもらい感触を確かめる参加者
                       ナマコの感触を確かめる参加者

 子ども達からは、「最初は怖かったけど、スタッフの人が優しく教えてくれて嬉しかった」「サンゴはいないと思ったけど生きているのを見られて嬉しかった」「色んな生き物が見られて楽しかった。また泳ぎたい」等の感想が寄せられました。

 これからも、「地域の宝」である子ども達に、身近な自然について楽しく学びながら、豊かな自然を大切にする気持ちを育てていってもらえると嬉しいです。

海中で見た生きものを調べます集合写真
海中で見た生きものを調べます         集合写真

ページ先頭へ↑

2019年09月06日大台ヶ原・大杉谷の森林再生応援団!!

吉野熊野国立公園 吉野 小川 遥

 皆さま、こんにちは。吉野管理官事務所の小川です。

9月に入って更に涼しさが増し、夜には鈴虫の鳴き声が聞こえるなど秋を感じる季節となりました。おいしかった夏の野菜に未練を残しつつも、すでに秋の味覚が楽しみでたまらない日々を送っています。

 さて、本日は、是非知っていただきたい取組みにして、参加いただきたいイベントをご紹介します。これまでにも、大台ヶ原で環境省が行っている防鹿柵やネット巻きをはじめとする大台ヶ原自然再生の話をしてきました。(過去の記事はこちら) 

 その一環として、東大台正木峠には小型の柵がたくさんあります。展望がよい場所なのに人工物が点在している・・・と思われるかもしれませんが、この中には大台ヶ原の代表的な針葉樹であるトウヒやウラジロモミなどの稚樹がいます。今はササが広がる開けた場所になっていますが、かつてコケに覆われた森林だった頃の生き残りです。ササに覆われて目立ちにくいものの、シカの食害で枯死する個体も多く見られたため、1本でも多くの稚樹を保護するべく設置しています。

木道階段から見える稚樹保護柵(正木峠) 1963年の正木峠(写真提供:菅沼孝之氏)
木道階段から見える稚樹保護柵(正木峠) 1963年の正木峠(写真提供:菅沼孝之 氏)

 柵もあるしこれで安心・・・と思いきや、周辺のササも一緒に囲われるため、ササが伸びすぎると稚樹に十分な太陽光が当たらず、生育に影響があるのではという懸念も出てきました。そのため、稚樹がササの背丈を超える程度の高さになるまで、ササを刈る作業を毎年行っています。

柵内のササ刈り(作業:パークボランティア) トウヒの稚樹(ササ刈り後)
柵内のササ刈り(作業:パークボランティア) トウヒの稚樹(ササ刈り後)

 この自然再生へと繋がる大切な一歩一歩を皆さんにもご協力いただくべく、林野庁と環境省の共催で、「大台ヶ原・大杉谷の森林再生応援団」を平成28年度より開催しております。

(※正木峠周辺は奈良県と三重県の県境であり、大杉谷エリアにつづく場所です。三重県側は林野庁、奈良県側は環境省が主体となって自然再生への取組を行い、協力して進めています。)

 

 今回も、稚樹保護柵内のササ刈り、又は林野庁も取り組んでいる剥皮防止ネット巻きを行います。大台ヶ原の森林に起きていること、そしてそれぞれの取組を体感できる貴重な機会です。

 是非ご参加ください。お待ちしております♪

☆大台ヶ原・大杉谷の森林再生応援団☆

日程:9月28日(土)

詳しくはこちらのHPをご覧ください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ