ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年12月

3件の記事があります。

2016年12月26日成ヶ島クリーン作戦

瀬戸内海国立公園 神戸 高橋明子

 成ヶ島は淡路島の東側、大阪湾の入り口に位置し、別名「淡路橋立」とも呼ばれる

南北3kmにわたる砂州が特徴的な島です。この砂州や塩沼湿地は、海岸性生物の

貴重な生息地となっています。

 一方で成ヶ島は海流の関係から、大阪湾を漂流したゴミの吹き溜まりとなりやすく、

常に漂着ゴミに悩まされている島でもあります。普段から「成ヶ島を美しくする会」の皆さんが

清掃活動をして下さっていますが、台風の後などは特に大量のゴミが打ち上がってしまいます。

このようなゴミを人海戦術で一気に清掃するイベントが「成ヶ島クリーン作戦」です。

 12月3日に開催された「成ヶ島」クリーン作戦には、地元の由良中学校の生徒・保護者・成ヶ島を美しくする会、公共機関、関係団体など多くの方が参加し、総勢250名ほどになりました。

開会式 浜辺に打ち上げられたゴミ
ゴミ拾いできれいになった浜辺 集められた発泡スチロールゴミ

 発泡スチロールやペットボトル、プラスチックなどであっという間にゴミ袋がいっぱいになりました。集められたゴミは国土交通省の海面清掃兼油回収船「Dr.海洋」 に回収して頂きました。

 中学生の保護者が「子どもたちは小学生のころから 成ヶ島を環境学習で訪れているし、毎年こうやってゴミ拾いを行うことで、その環境を身近に感じているはず。この子たちはきっと大人になっても、海やこのあたりにゴミを捨てることはしないと思う。」とおっしゃっていたのが印象的でした。

 成ヶ島クリーン作戦は20年近くも続いており、地元の多くの方に支えられ、成ヶ島の自然環境が維持されていることを実感できる活動でした。

  また、この機会に環境省が整備した園路標識 もきれいに塗り直してきました。成ヶ島にはこのような標識の他に、動物や季節の草花の紹介などを記した案内板 もありますので、島を訪れた際はぜひご覧下さい。

ページ先頭へ↑

2016年12月22日ちびっ子砂丘レンジャーへの道・第3回開催!

山陰海岸国立公園 井原早紀

 みなさん、こんにちは! 浦富自然保護官事務所 アクティブ・レンンジャーの井原です。寒い日が続き、鳥取砂丘の空に雪が舞うのももうすぐです。

 さて、11月20日(日)に開催された「ちびっ子砂丘レンジャーへの道」の第3回目では、雪よりも一足先にちびっ子達が鳥取砂丘の空を舞いました!

(第2回の詳細については10月20日のAR日記 http://kinki.env.go.jp/blog/2016/10/20/をご覧ください!)

 第3回目は、鳥取砂丘の農業利用の歴史学習と、砂丘をパラグライダーで空から見てみよう!というプログラムです。午前中は、鳥取砂丘のすぐそばにある、鳥取大学乾燥地研究センターで「鳥取砂丘の農業利用の歴史」=「人々の砂丘との戦いの歴史」を学びました。

「砂丘との戦い」という言葉に疑問を持たれた方がいるかもしれません。

今では観光地となり、国立公園としてもその貴重な価値が認められている鳥取砂丘ですが、かつて、砂丘は周辺の人々にとって、使い道のない広い砂地だと思われていた時代がありました。

人々は、ここで暮らしてゆくためにどのような試行錯誤をしてきたのでしょうか?

 まず、家や畑を砂で埋めてしまう、「飛砂」について機械で実験!

砂防林や防砂柵をつくることで、人々の生活を飛砂から守ってきたこと教えてもらいました。

 【まるで砂嵐の中みたい!】

 つづいて、砂丘地で農業をするために開発・改良されたスプリンクラーやトラクターなどを見学し、水やりや、砂地での車移動など、砂丘特有の問題を乗り越えるための色々な工夫を学びました。

スプリンクラーがない頃の、昔の水やり方法も体験!農家のお嫁さんは死ぬほどしんどい思いをしたので、「嫁殺し」と呼ばれたそうです。「昔の水やりは大変だったんだなぁ。」

みんな、乾燥地研究センターでの体験を通して砂丘の農業利用の歴史を楽しく学んだ様子でした!

 午後は、楽しみにしていたパラグライダー体験!

パラグライダーは、鳥取砂丘の人気アクティビティの一つです。空・砂丘・海の景色がバツグンなことはもちろん大きな魅力ですが、地面が砂地で柔らかいことや障害物がなく、見通しが良いことから、初めてパラグライダーをするにはもってこいの場所なのです。

ちびっ子の準備は万端! いよいよ空へ飛び立ちます!!

 さすが元気いっぱいのちびっ子たち、寒さをものともせず、2回目、3回目と砂丘の空へ飛んでいきます。

はじめは怖がっていた子どももいましたが、気が付けば順番待ちの列が!

「最初は難しかったけど、2回目は長く飛べてうれしかった!」

「おまたが痛かったけど、楽しかった!」

みんな楽しんでくれたようです。いつもより少し高いところから見た鳥取砂丘は、また少し違って見えたのではないでしょうか。

 終わりのまとめシートの時間は、3回目にもなるとみんな慣れた様子で感想を書きました。この時間もとても楽しそうでした!

 さて、次回はいよいよ最終回!

ちびっ子砂丘レンジャーを目指して、ちびっ子たちが益々大奮闘!?

どうぞ盛大なご声援をお願いいたします!

ページ先頭へ↑

2016年12月21日吉野の名産「柿の葉寿司」の紅葉

吉野熊野国立公園 青谷 克哉

 冬至も来まして、寒さもひとしおの季節です。炬燵にみかんは冬の定番だと思っています、吉野自然保護官事務所の青谷でございます。

 皆さんは、吉野の名産と聞いて何を思い浮かべるでしょう?吉野葛、杉や檜を使った木工製品等々ありますが、私が一番に思い浮かべるのは柿の葉寿司ですね。柿の葉寿司は吉野だけでなく、奈良県各地にお店があり、それぞれのお店で作り方が違っているので、お店毎の味を楽しめます。食べ比べてみるのもなかなか乙なものですよ。

 私が赴任したての頃、行きつけのスーパーマーケットで、柿の葉寿司の材料(酢で〆た鯖の薄切りや塩漬けにした柿の葉)が鮮魚コーナーに並んでいたり、別の所で柿の葉寿司を作るための調理器具(杉で作られた箱)が売られたりしているのを発見し、家庭でも作れるものなのかと驚いたものです。秋の紅葉の季節には、写真のように柿の葉寿司も紅葉したりします(お店によっては、緑の葉のままの所もあります)。私は毎年楽しみにしていて、今年も紅い柿の葉寿司に舌鼓を打ちました。

 皆さんも、吉野にお越しの際は是非味わって、自分好みの柿の葉寿司を探してみて下さい。

柿の葉寿司紅い柿の葉寿司

続いては、吉野熊野国立公園関連のお知らせをさせて頂きます。

①吉野熊野国立公園指定80周年&拡張記念パートナーシップイベントについて

 国立公園関係市町村で開催される、11月1日~2月28日までのイベント一覧が更新されました。近畿地方環境事務所のホームページ「http://kinki.env.go.jp/calender11_2.pdf」から確認できます。冬の時期ならではのイベントもありますので、是非ご覧になって下さい。

②吉野熊野国立公園Facebook

 吉野、熊野、田辺の3つの自然保護官事務所のレンジャーとアクティブ・レンジャーが、吉野熊野国立公園の情報配信をしています。https://www.facebook.com/吉野熊野国立公園-517635898422732/?ref=bookmarksにて、綺麗な写真や海中の映像なども見られます。

③環境省インスタグラム

 環境省では、全国の国立公園から選りすぐられた写真を投稿しています。各地の自然保護官事務所勤務のレンジャーとアクティブ・レンジャーによる珠玉の作品の数々を楽しんで下さい。

アカウント名:nationalpark_japan

https://www.instagram.com/nationalpark_japan

ぜひ、こちらもご覧になってみてください。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ