ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年01月23日ちびっ子砂丘レンジャーへの道2017 第3回を開催しました

山陰海岸国立公園 井原早紀

 皆さん、こんにちは。厳しい寒さが続き、山陰海岸国立公園では日本海の大きな波が岩礁に打ち寄せています!

 さて、昨年10月29日に鳥取砂丘で「ちびっ子砂丘レンジャーへの道2017」の第3回が開催されましたので、ご報告します。最終回となる今回のプログラムは、砂丘の保全学習とファットバイク体験、ガイドブック作りです。

 まず砂丘の保全学習では、「落書き」「ゴミ」「草原化」といった美しい砂丘の景観を損ねる問題について学びました。「草原化」というのは、砂丘に本来生えていない外来植物が勢力を伸ばし、砂の移動が減少することで、砂丘本来の植生や、美しい砂の模様が見られなくなってしまう問題です。草原化問題は、すでに学校などで学習して知っている子も多かったようです!

【1991年頃の草原化した砂丘の写真】

【保全学習の様子】

 たくさんのボランティアの方々による除草活動によって、今の鳥取砂丘の姿が保たれているという話を聞いて、「ぼくもボランティアに参加したい!」と言ってくれる子も。 みんな砂丘の問題を解決することを真剣に考えてくれました。

 保全学習の次は、ファットバイク体験です!この日はあいにくのお天気で、野外でのサイクリングはできませんでしたが、室内でファットバイクの試乗体験をしました。ファットバイクは、太いタイヤが特徴の砂の上でも走ることができる自転車です。

 「タイヤが太いので、安定感ばつぐんだった!乗った感じはフワフワしていた。」と、みんないつもの自転車とは違う感覚を楽しんでくれました。今度砂丘に来たときは、ぜひ砂の上を走ってみてほしいです!

 最後に、第1回からの学習や体験を通じて見つけた砂丘の面白さや不思議を訪れる人に紹介しよう!ということで、大きな鳥取砂丘ガイドブックを作りました。

 ガイドブックが完成した後は、発表会!ちびっ子たちの家族や第1~3回でお世話になった講師の先生方に、砂丘の魅力や豆知識を紹介しました。風紋やカヌーの動きなどをお題にしたジェスチャークイズも盛り上がりました!

 みごとに最後までミッションをやり遂げたちびっ子たちは、認定証を受け取り、「ちびっ子砂丘レンジャー」に変身! 砂丘に新たなちびっ子砂丘レンジャーたちが誕生しました。

 砂丘の面白さや不思議をたくさん学んだちびっ子砂丘レンジャーたち。これからもたくさんの人に砂丘の魅力を伝えていってほしいです!

ページ先頭へ↑

2018年01月12日よしくまアドベンチャーin神島でおそうじカヤック

吉野熊野国立公園 中村千佳子

 皆さんこんにちは。田辺自然保護官事務所アクティブ・レンジャーの中村です。

新しい年もよしくまの豊かな自然を皆さんにお知らせしていきたいと思っております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


 さて、12月3日(日)に田辺市で開催した「よしくまアドベンチャーin神島でおそうじカヤック」についてご報告します。

 今回のよしくまアドベンチャーは、地域の子ども達に普段は上陸することのできない神島にシーカヤックで渡る機会を提供することで、神島の自然や文化について学び、地域の豊かな自然やその恵みに目を向けるとともに、海岸部の漂着物を回収し、海域の抱える環境の課題に触れ、考えるきっかけとして頂くことを目的として開催しました。当日は近隣の市町から7組14名の親子が参加しました。

 まず、シーカヤックの漕ぎ方や諸注意を講師に教えてもらいました。

シーカヤックの説明

 教わった漕ぎ方を湾内で練習し、いよいよ神島へと向かいました。この日は外海もとても穏やかで風もなく、ベタ凪で最高のコンディションでした。参加者全員、シーカヤックに乗るのは初めてでしたが、漕ぎ方にもすぐに慣れ、水面で休んでいる鳥を観察しながら、海からの田辺の山並みを眺めて、「とても気持ちがいいね」、「景色がきれいだね」と話していました。

湾内で練習中                   神島が見えてきました

到着しました                   清掃中

 神島へ上陸すると沢山の漂着ゴミがあり、「どんなゴミが、どれくらいあるか」を記録しながら清掃活動を行いました。

集まったゴミ                   集合写真

 ゴミを清掃する中感じたことは、ペットボトルや発泡スチロール、ビニール袋など日常生活で一人一人が気をつければ少なくできるゴミが多かったことです。

 清掃後、地域の子ども達でも中々見る機会のない、島内に自生するハカマカズラを皆で観察しました。和歌山県はハカマカズラの分布域の北限であり、この種の存在をもって南方熊楠が強く島の保存活動をしたことは有名です。市内にある神島高校の校章にもハカマカズラが使われています。子ども達も初めて見るハカマカズラに興味津々でした。

 その後、集めたゴミを皆で分別しながら袋に入れた後、シーカヤックに乗せて出発地点へ戻りました。

これらの経験を通して参加者からは、「シーカヤックは漕ぐのが難しかったけど楽しかった」、「普段行けない神島へ行けて嬉しかった」、「ゴミが神島に漂着していることが良く分かった。これからゴミを捨てるときに気を付けたい」、「海がとてもきれいで、シーカヤックを漕いでいるときに海底が見えた。魚が泳いでいるのが見られて嬉しかった」などの感想が寄せられました。

 これからも、地域の子ども達が色々な体験をしながら、豊かな自然にふれあう機会を作っていきたいと思います。

注:神島は、田辺市の管理により上陸が禁止されています。今回は市の許可を得て上陸しました。

  また、神島は、国指定天然記念物、吉野熊野国立公園第1種特別地域に指定されています。

ページ先頭へ↑

2018年01月04日大峰山系雪景色

吉野熊野国立公園 青谷 克哉

今年の冬は、よく冷えますね。奈良でも、所によっては雪が降り積もっているようです。事務所近くの吉野川に飛来しているカモを見て、もう冬だなと思ったりする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?吉野自然保護官事務所の青谷でございます。

さて、吉野熊野国立公園の大峰もすっかり雪化粧。国道309号が通行止めになる直前の12月8日に、行者還トンネル西口の登山口に設置している登山者カウンターの回収に行った時の道の様子がこちら。

309号雪道

スタッドレスタイヤをはいた車を、ゆっくり慎重に運転しました。見渡す限り真っ白で、なかなか幻想的な雰囲気でした。道中では、ゆっくり走る車の前をニホンザルが横断していきました。餌を探していたのでしょうか?

これから2月にかけて、大峰山系にはどんどん雪が降り積もることでしょう。雪遊びや冬登山を楽しむなら、上北山村にある和佐又山がおすすめです。和佐又山のヒュッテ前では雪遊びが出来ますし、ソリやスキーも楽しめます(リフトはないので徒歩で上がりましょう)。

ソリ遊び

これは、昨シーズンの2月に和佐又山ヒュッテ前にてソリを楽しんでいる私です。ソリで遊ぶのは久しぶりで、童心に帰ることが出来ました。子どもだけでなく、大人の方もとても楽しめるのでおすすめです。

登山については、冬山ですので道中の油断は禁物ですが、和佐又山山頂からは雪化粧の大普賢岳などを眺めることが出来ます。

大普賢岳雪化粧

写真は一昨年2月に山頂から撮影した大普賢岳です。天気がよければ大峰の山並みも一望できます。

上北山村では和佐又山でのスノーシュー体験ツアーを企画していますので、よろしければ参加してみてください。詳しくは上北山村ホームページ(http://vill.kamikitayama.nara.jp/)から。

和佐又山に向かう道路には雪が積もります。スタッドレスタイヤやチェーン等、雪対策をしっかりとした上で、安全運転でお越しください。それでは、今回はこの辺でごきげんよう。

ページ先頭へ↑

2017年12月21日成ヶ島クリーン作戦

瀬戸内海国立公園 神戸 高橋明子

 今年も残すところあとわずかとなりました。先日、毎年12月の第一土曜日に開催される「成ヶ島クリーン作戦」に参加してきましたが、この恒例行事に参加すると今年も時間がたつのが早かったな・・・と焦りを感じてしまいます。

 さて、成ヶ島クリーン作戦は、淡路島の東端に位置する成ヶ島に漂着するゴミを、地元の由良中学校の生徒・保護者・成ヶ島を美しくする会、公共機関、関係団体など多くの方が参加し、総勢200名以上で一斉に清掃するものです。毎年多くのゴミが漂着しますが、今年は台風の影響もあり、例年より多くのゴミが漂着していました。

開会式 ゴミ拾い中
海岸に漂着したゴミ

 

 実際にゴミ拾いをしていて感じたことは、そのゴミの多くがペットボトル、お菓子やお弁当のパッケージ、食品が入っていたプラスチックのトレイといった、生活ゴミだということです。これらのゴミはルールを守り、分別して処分していれば出なかったゴミです。

 また、プラスチックのゴミは漂流したり、日光にさらされたりしているうちに劣化し、粉々になり回収することが困難になります。このようなゴミのうち5mm以下の微細なプラスチックごみは、マイクロプラスチックと呼ばれ、それ自体や、吸着する化学物質が誤食により生物に取り込まれることによって、生態系に影響を及ぼす危険性のあることが懸念されています。今回のクリーン作戦でも、拾い上げることができないほど細かくなったゴミが多数みられました。

    木の根元のプラスチックごみ

   植え込みに散らばった発泡スチロール

    (白く見える部分すべて)

 今回のイベントは20年以上続いているもので、当時中学生だった方が現在はお子さんと参加されていたり、なかには親子3代で参加されている方がいるなど幅広い年齢層の方が参加しており、地域ぐるみで環境に関心を持ち、行動に移しているすばらしい例だと感じました。ゴミが漂着する地域だけではなく、誰もが関わっている問題として多くの方に認識して頂けたらと思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ