ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年05月24日特定外来生物:ナルトサワギク除草

瀬戸内海国立公園神戸 高橋明子

みなさんこんにちは。

 梅雨入り前から気温が30度に達する日が出てきそうな、神戸からです。


 先日、淡路島の由良地区にある生石(おいし)公園で、特定外来生物・ナルトサワギクの除草を行いました。生石公園は紀淡海峡を望む、すばらしい展望地なのですが、困ったことにナルトサワギクの脅威にさらされています。外来種のお花畑と化した公園に心を痛め、なんとか少しでも減らせないか・・・と言うことで、保護官と除草作業を行いました。

 

◇ナルトサワギク

 マダガスカル原産のキク科植物。温帯~暖帯に分布し、海辺の埋立地、空港、路傍、河川などに生育する。開花は周年。1976年に徳島県鳴門市で確認された。埋立地の緑化に使われたシロツメクサやシナダレスズメガヤの輸入種子に混入していたと考えられている。

 1986年には兵庫県の淡路島で採集されたものが報告された。兵庫県や大阪府南部で急速に広がり、本州(中部地方以西)~九州で見られる。また、草食動物に対して毒性があるため、シカなどの食害を受けることが少ない。

作業前 作業後


ここで、「特定外来生物」について・・・

もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって海外から入ってきた生物(外来種)のうち、生態系や人の生命・身体、農林水産業に悪影響を与える侵略的な外来種の中から外来生物法により指定されたものを言います。

特定外来生物は以下のことが禁止されています。


今回のナルトサワギクについていえば、抜いてそのままどこかに集積、という訳にはいきません

(保管・生きたままの運搬にあたる)。ゴミ袋にしっかりとつめ、洲本市の協力を得て焼却処分を

行いました。

 この除草作業については、地元の方にもご協力いただいているところですが、今後も状況を

悪化させないよう、取り組んでいきたいと思います。

     【生石公園から紀淡海峡・友ヶ島を望む】

ページ先頭へ↑

2016年05月11日盛り上がろう「よしくま」in2016

吉野熊野国立公園 青谷 克哉

 今年も、山登りの季節が始まりました。吉野熊野国立公園内でも、登山道やドライブウェイが開通し、多くの人が山に出かけることでしょう。

 そんな吉野熊野国立公園ですが、今年はおめでたいことが既に二つもありました。まずは、今年の3月にユネスコエコパーク(生物圏保存地域 Biosphere Reserves)の大規模拡張登録が認められました。ユネスコエコパークとは、生態系の保全と持続可能な利活用の調和を目的とし、保護・保全だけでなく自然と人間社会の共生を目指すものです。現在、日本のユネスコエコパークの登録件数は、7件です。これまでは、「大台ヶ原・大峯山ユネスコエコパーク」でした。そこに、大杉谷を加え、範囲を拡張し、「大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパーク」として生まれ変わりました。こんな幟が関係市町村の道路や施設で見ることができます。探してみるのもおもしろそうですね。

エコパーク幟旗

 二つ目は、今年の2月に、吉野熊野国立公園が指定80周年を迎えました!国立公園に指定されたのは1936年(昭和11年)です。同時に指定された国立公園は、十和田国立公園(現:十和田八幡平国立公園)、富士箱根国立公園(現:富士箱根伊豆国立公園)、大山国立公園(現:大山隠岐国立公園) があります。ちなみに、「国立公園」として指定された世界初の公園は、アメリカのイエローストーン国立公園(1872年指定)です。

 また、吉野熊野国立公園は、去年の9月にその範囲を大規模に拡張しました。和歌山県串本町からみなべ町にかけて、海岸と海域を中心に大きく区域が拡張されました。

 80周年&拡張記念として、関係する三重県、奈良県、和歌山県の市町村でパートナーシップイベントが募集されています。すでに、いくつかは開催されており、これからも随時開催予定です!詳しくはこちらからご確認頂けます!

http://kinki.env.go.jp/to_2016/8024.html

 

 これから、良い行楽の季節になります。山・川・海・文化、様々な「よしくま」を楽しみに、是非足を運んでみて下さい。それでは、吉野事務所AR青谷でした。

山上ヶ岳からの日の出                 大峰山系山上ヶ岳より雲海の日の出

 

ページ先頭へ↑

2016年03月29日【実施報告】                                     初心者のための冬鳥観察~身近な鳥を見てみよう~

瀬戸内海国立公園神戸 高橋明子

みなさんこんにちは。

あっという間に桜の季節から新緑の季節になりましたね!

越冬のため日本にやってきた鳥たちも、北へ帰ってしまった時期ですが、

先日、冬に観察できる鳥を見に行こう!ということで、2回にわたってふれあいイベントを

実施しましたので、その様子を報告します。


今回は野鳥観察初心者を対象としたプログラムだったので、第1回は神戸市立王子動物園で鳥の専門家から

鳥の体の特徴や生態の話を聞いて、鳥とはどんな生き物なのか学習しました。

 鳥の体や羽のつくりなど、ベテラン

 飼育員さんからのお話に興味深々   

水禽舎にてカモ類のお話や、飼育裏話を聞く

スペシャルゲスト、フラミンゴのうめちゃん。

脚が開いてしまう病気の治療中のため

リハビリを兼ねて飼育員さんとお散歩中。

今回はイベントの為に、特別に来て頂きました。                          

 


そして第2回は、国指定浜甲子園鳥獣保護区での野鳥観察です。

浜甲子園鳥獣保護区は都会の中にありながら、渡り鳥の貴重な中継地となっています。この鳥獣保護区のすぐそばには西宮市立自然環境センターがあり、浜甲子園鳥獣保護区で見られる野鳥などの生物に関する資料が展示されています。

西宮市と、NPO法人海浜の自然環境を守る会から

浜甲子園鳥獣保護区の役割や歴史、市民活動に

ついて解説

双眼鏡の使い方レクチャー


日本野鳥の会ひょうごのメンバーから、鳥の見分け方と双眼鏡の使い方のレクチャーを受けた後は、いよいよ屋外での野鳥観察へ。園路のすぐそばに干潟が広がるため、間近に野鳥を見ることができます。

   【左上】野鳥を観察する参加者

   【右上】水際で休むカモたち

   【左下】鳥獣保護区に広がる干潟


今回は短い時間でしたが、23種の鳥を確認することができました。

また、私からは鳥獣保護区での環境省の取り組みとして、干潟再生事業について紹介しました。

  

「国指定浜甲子園鳥獣保護区保全事業」

阪神淡路大震災の影響によって地盤が沈下し、

面積が減少してしまった干潟の再生工事を

行っています。

  

 イベントのまとめで、参加者に観察できた鳥の

 中から、好きな種を選んで色塗りと感想を

 書いて頂きました。

  ホオハジロが人気だったみたいですね!


 参加者からは、浜甲子園が鳥獣保護区に指定された経緯が興味深かった、こんなに身近な場所でたくさんの野鳥を観察できるなんて思わなかったといった感想をいただきました。これをきっかけにまた足を運んで頂ければと思います。

 

 皆さんもぜひ季節ごとの野鳥を観察してみて下さい!

ページ先頭へ↑

2016年01月19日【イベント告知】野鳥観察

瀬戸内海国立公園神戸 高橋明子

 皆さんこんにちは。新しい年がスタートしましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今年初めての神戸からのAR日記はイベント告知になります。


 突然ですが、鳥はお好きですか?食べる方ではなく、見る方です。

冬は木々の葉が落ちるため鳥が見つけやすく、バードウォッチングには最適な季節です。

 また、この時期、越冬の為日本にやってくる「冬鳥」と呼ばれる鳥を観察することができます。

今回はこの「冬鳥」の観察会を実施します。いきなり野鳥観察といわれても、ちょっとハードルが高いし、

何から始めていいかわからない・・・そんな野鳥観察初心者さんのためのイベントです。


 全2回のプログラムで、第1回は神戸市立王子動物園にて、そもそも鳥類とはどんな生物なのか、

鳥についてのレクチャー(見分け方や、それぞれの鳥の特徴)を受けたあと、園内で飼育されている鳥を

観察します。動物園のスタッフさんから直接お話をしていただきます!!


 そして第2回は、実際に屋外で野鳥観察を行います。日本野鳥の会ひょうごの、ベテランの講師から双眼鏡の使い方、鳥の見分け方を教えていただく予定です。場所は甲子園球場のすぐ近くにある「国指定浜甲子園鳥獣保護区」になります。都会で野鳥??と思われるかもしれませんが、この保護区には、わずかながら希少な干潟が残っており、冬鳥が羽を休める場所になっています。西宮市さんやNPOの方のご協力をいただき、鳥獣保護区の役割や、そこで活動されている方々からのお話も聞かせていただく予定です。


 今回は、公共交通機関で移動できる場所でのイベントなので(山に登って・・とかではないので)、初めての方や、お子様連れの方も参加しやすいのではないかと思います。

 これを機会に身近な野鳥を見てみませんか?双眼鏡等、お持ちでなくても大丈夫です!

たくさんのご応募お待ちしています! 詳しくは添付のPDFファイルをご覧ください

↓↓↓

イベントチラシ.pdf

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ