ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年08月19日【実施報告】子どもパークレンジャー事業                          ~いえしまの「しぜん」と「くらし」にふれてみよう!~

瀬戸内海国立公園神戸 高橋明子

 夏らしい毎日が続いている神戸です。通勤電車の中でも、大きな荷物のこれから遊びに行きますという雰囲気の小学生をよく見かけるようになりました。みなさん、夏を満喫していますか??


 さて、7月の最終週に子どもパークレンジャー事業~いえしまの「しぜん」と「くらし」にふれてみよう!~を開催しました。今回会場となった家島と男鹿(たんが)島は姫路港から20kmほど沖合の瀬戸内海に浮かぶ島々です。参加者の小学生が、島ならではの自然や暮らしについて学んだり、体験したりしながら普段の生活との違いを見つけ、発表を行う1泊2日のプログラムです。


 

家島の主な産業の一つである海運業。島のあちこちに見られる船のドック(船の修理や建造などの為の施設)や部品を作る工場を見学しました。 子ども達に人気だった昔懐かしい手押しポンプ。今は対岸の赤穂市から送水管で給水されていますが、その昔は井戸水しかなく、大変貴重だったとのこと。


 

・    
地元の人は生きた魚を買って食べるのが当たり前とのこと。いけすで魚が売られています。

定置網漁の見学。マダイやマアジ、ハモ、タコなど、美味しそうな魚がたくさん獲れました。          


                

 

 


 漁業・海運業が盛んなことから、家島には海上の安全を祈るための神社がいくつかあり、その総本山ともいえるのが家島神社です。家島神社の社寺林は、島唯一の原生林で、この地域が国立公園に指定されています。私からはクイズを交えながら、瀬戸内海国立公園の特徴について解説を行いました。

祭りで使われるだんじり船(右上)

岸壁からすぐのところに立つ家島神社の鳥居。その後ろにはシイ、トベラ、ウバメガシなどの照葉樹の原生林が広がっています(左)。


 

.

その他にも、男鹿島では浜辺で思い切り遊んだり、海の幸を楽しみました。


 最終日には、島内散策で感じたことを班ごとにまとめたのち、発表を行いました。参加した児童からは、海に関係する神社がたくさんあったことや、漁業や海運業など島の産業と暮らしがすごく近い感じがしたことなどが発表されました。今ではほとんど見かけることのない、手押しポンプやメーターがアナログ表示のガソリンスタンドなどは、アニメでしか見たことがなかったようで、こちらも印象に残ったようです。また、家島や男鹿島の人はみんな知り合いのような感じで優しく、初めて島に来た児童にも声をかけてくれたことが嬉しかったようです。(島をよく知るリーダーから、昔から台風などで定期船が来ないなど困ったことがあると、食料を分け合うなど近所の人と協力して暮らしてきたからだよ、と教えて頂きました)


 

.

白熱するまとめ作業。書ききれないぐらいたくさん気づいたことがあったようです。

.

各班発表の様子


 今回のプログラムを通して、自然からの恵みを頂く事や、それと密接した島ならではの暮らしを体験できたようです。住んでいる地域に戻っても周りの自然や暮らしに目を向け、色々なことに興味を持って欲しいなと思います。


 これから残りの夏休み、まだまだ海や山へ出かける機会もあるかと思います。自然を楽しみつつ、その土地ならではの産業や暮らしに着目するのも面白いかもしれませんね!

ページ先頭へ↑

2016年08月08日【実施報告】ちびっ子砂丘レンジャーへの道・第1回

山陰海岸国立公園 井原早紀

皆さんこんにちは。浦富のアクティブ・レンジャーの井原です。

8月に入り、夏本番! 暑さもますます厳しくなってまいりましたね。

比較的暑さに強い私も、鳥取砂丘の中を巡視すると、定番の梨ソフトクリームと一緒に溶けてしまいそうになります。まさに灼熱。

【夏の鳥取砂丘】  


しかし、そんな真夏の砂丘の中でも、ちびっ子は元気!!

7月31日(日)に開催された子どもパークレンジャー事業、「ちびっ子砂丘レンジャーへの道」の第1回目にも、元気なちびっ子達がやって来ました!(事業の詳細については7月20日のAR日記をご覧ください!)


第1回目は、砂丘とらっきょうの関係や、砂丘の地形地質・いきものについて学ぼう!というプログラムです。「なぜ鳥取砂丘でらっきょうなの?」と思った方もおられるのではないでしょうか?

実は、らっきょうは、鳥取砂丘のような厳しい環境の砂地でも育てられる数少ない農作物のひとつなのです。だから、鳥取砂丘の周辺に暮らした人々は、戦後、国から払い下げを受けた砂丘地を農地にするために植林し、一生懸命水をやり、試行錯誤しながら、立派な「砂丘らっきょう」というブランドを作り上げたのです!


午前中は、そんならっきょうの歴史を学んだ後、らっきょうの植え付け体験をしました。

   【らっきょう農家の方の説明】
   
 


らっきょうをまっすぐに植えるのは大変でしたが、力を合わせて目標の範囲を植え付けすることができました。でも、頑張った部分は広い畑のほんの一部。

広大ならっきょう畑を人力で植え付けしている農家の方々の大変さがよく分かりました!


植え付け体験の後は、らっきょうを使った料理づくり体験。

今回は、酢豚と春巻きを作りました。

はじめて使う包丁にドキドキ。


初めて本格的な料理づくりをして、「ぼくでも料理が作れるんだ!」と自信をつけた子も。

とっても美味しいらっきょう料理が完成しました。


腹ごしらえが済んだところで、もちろんちびっ子砂丘レンジャーたちは、砂丘の基本も学びます。午後からは砂丘の中を歩いて、砂丘のでき方や、砂丘のいきものについて学びました。

「砂の温度が60℃になるの!?」「砂丘に土器が落ちているよ!!」と、知らなかった砂丘の一面を知ってみんな大喜び!

アリジゴクを捕まえたり、カワラハンミョウを追いかけたりと、珍しい砂丘のいきものにみんな大興奮!

【アリジゴクを観察中】


たくさん砂丘をかけ回った後は、学んだことや発見したことを絵や写真を使いながら学習シートにまとめました。


「砂丘の火山灰の出ている場所に土器のかけらがあった」

「砂の温度を計った。暑かった」など、思い思いの感想があり、出来上がった学習シートからは子どもたちそれぞれの感動が伝わってきました!


朝から盛りだくさんの一日でしたが、参加してくれた子ども達はいい笑顔で帰っていきました。


子ども達のちびっ子砂丘レンジャーへの道のりは、まだまだ続くので2回目以降も楽しみにしていてくださいね!

ページ先頭へ↑

2016年08月04日スノーケル体験 in 白浜

吉野熊野国立公園田辺 都築真子

 こんにちは!田辺自然保護官事務所の都築です。夏真っ盛り!みなさんいかがお過ごしですか?私は、当事務所に着任してから、すっかり海に魅了され、7月にダイビングのライセンスを取得しました。 

 

 ダイビングというと難しいイメージがあり、できるか不安な方も多くいるかと思いますが、もうひとつ海中の景色を楽しむスポーツにスノーケルがあります。

 

 7月24日から8月28日の毎週日曜日(8月14日を除く)に、白浜で特定非営利活動法人自然体験学習支援センターが、子どもを対象としたスノーケルによる海洋環境学習体験実習を行っています。先日、そのうちの1回にスタッフとして参加してきました。このイベントは、吉野熊野国立公園80周年&拡張記念パートナーシップイベントにもなっています。(パートナーシップイベント一覧はこちらをご確認ください⇒:一覧)

 

 参加した子供たちは、海で泳いだことはあるけどスノーケルをするのは初めてで、白浜の海中を見てとても楽しんでいました。終わりに近づくと「まだやりたい!」とみんな口をそろえて言っていました。海からあがった後もなかなか海から離れず、磯で生き物や海のカニや貝を探して遊んでいました。

 この体験を通して、白浜の海の豊かさを感じ、自然の中で遊ぶ楽しさを知ってくれたかなと思います。また、新しい友達もできて、夏休みの良い思い出になったとのではないでしょうか。

 

 イベント後の「またやってみたい!」「楽しかった」と言う子供たちの笑顔が素敵でした。このようなイベントをきっかけに、自然を好きになって、自然の中で遊んでくれる人がもっと増えればうれしいですね。

ページ先頭へ↑

2016年07月21日アフリカツメガエル

吉野熊野国立公園田辺 都築真子

 みなさん、こんにちは。今週から小中学校では夏休みが始まりましたね。

梅雨の間、みなさんも耳にされたかと思いますが、窓を開けると雨の音と共に聞こえてくる音といえば・・・カエルの鳴き声ですね。私が地球上で一番苦手な生物です。

 6月に、田辺市の鳥ノ巣半島のため池に生息している外来種『アフリカツメガエル』の現地調査に行ってきました。環境省 田辺自然保護官事務所が地域の自然保全団体とともに行うグリーンワーカー事業の一環です。下の写真がアフリカツメガエルです。かわいいと言われる方も多くいらっしゃるようですが、みなさんはいかがでしょうか?

 アフリカツメガエルは、一生を水中で過ごす生物で、アフリカ中南部原産ですが日本の気候にも適応しており、氷点下にならない限り生きています。

 実験動物やペットのえさとして輸入され現在も流通していますが、日本国内で野生下での定着が確認されているのは、国内では鳥ノ巣半島以外に千葉県の利根川下流域周辺だけです。そのため、詳しい生態はわかっていない状態です。

 当日は、自然環境研究センターの戸田光彦主席研究員を招き、地元の関係者20名程度が集まり防除検討と調査を行いました。

 鳥ノ巣半島は、入り組んだ海岸線に囲まれ、小規模な水田や梅畑、ため池、タブノキやスダジイ等の二次林が点在しており、里地里山の景観が成立している地域です。神社合祀令で有名な南方熊楠ゆかりの神島を眺望できる場所もあります。

 この鳥ノ巣半島で、平成19年に地元の写真家・内山りゅう氏により初めてアフリカツメガエルが確認され、その後、生息場所が広がり、今では半島に37あるため池のうち21箇所でみられるようになりました。水生昆虫などの在来種の捕食といった生態系への影響が心配されています。

 平成26年からは地元の中学校・高等学校の生物部が防除に取り組んでおり、現在までに、約2000匹も捕獲しています。しかし、今回の調査で、息継ぎに上がってくるカエルの成体や幼生(いわゆるオタマジャクシ)が何匹も確認され、夕方に一部のため池に9つのわなを仕掛け、翌朝回収に行くと、約100匹ものカエルが入っていました。

 捕獲したカエルの内容物を調べたところ、驚いたことに胃の中からは同種のカエルがでてきて共食いが確認されました。その他にも、今までに、オタマジャクシやネズミとみられる哺乳類やヤゴ、マツモムシなどの昆虫も見られています。

 

 今後は、戸田主席研究員のアドバイスをもとに、中学校・高等学校の生物部や地元の方々と共に協力し、防除に向けた取り組みを進めていきたいと思っています。そして、私自身も、この機会に、もう少し積極的にカエルに向き合い、カエルを克服して、どんな自然の中でも、どんな生き物でも対応できるアクティブ・レンジャーを目指してがんばりたいと思います。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ