ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年07月21日アフリカツメガエル

吉野熊野国立公園田辺 都築真子

 みなさん、こんにちは。今週から小中学校では夏休みが始まりましたね。

梅雨の間、みなさんも耳にされたかと思いますが、窓を開けると雨の音と共に聞こえてくる音といえば・・・カエルの鳴き声ですね。私が地球上で一番苦手な生物です。

 6月に、田辺市の鳥ノ巣半島のため池に生息している外来種『アフリカツメガエル』の現地調査に行ってきました。環境省 田辺自然保護官事務所が地域の自然保全団体とともに行うグリーンワーカー事業の一環です。下の写真がアフリカツメガエルです。かわいいと言われる方も多くいらっしゃるようですが、みなさんはいかがでしょうか?

 アフリカツメガエルは、一生を水中で過ごす生物で、アフリカ中南部原産ですが日本の気候にも適応しており、氷点下にならない限り生きています。

 実験動物やペットのえさとして輸入され現在も流通していますが、日本国内で野生下での定着が確認されているのは、国内では鳥ノ巣半島以外に千葉県の利根川下流域周辺だけです。そのため、詳しい生態はわかっていない状態です。

 当日は、自然環境研究センターの戸田光彦主席研究員を招き、地元の関係者20名程度が集まり防除検討と調査を行いました。

 鳥ノ巣半島は、入り組んだ海岸線に囲まれ、小規模な水田や梅畑、ため池、タブノキやスダジイ等の二次林が点在しており、里地里山の景観が成立している地域です。神社合祀令で有名な南方熊楠ゆかりの神島を眺望できる場所もあります。

 この鳥ノ巣半島で、平成19年に地元の写真家・内山りゅう氏により初めてアフリカツメガエルが確認され、その後、生息場所が広がり、今では半島に37あるため池のうち21箇所でみられるようになりました。水生昆虫などの在来種の捕食といった生態系への影響が心配されています。

 平成26年からは地元の中学校・高等学校の生物部が防除に取り組んでおり、現在までに、約2000匹も捕獲しています。しかし、今回の調査で、息継ぎに上がってくるカエルの成体や幼生(いわゆるオタマジャクシ)が何匹も確認され、夕方に一部のため池に9つのわなを仕掛け、翌朝回収に行くと、約100匹ものカエルが入っていました。

 捕獲したカエルの内容物を調べたところ、驚いたことに胃の中からは同種のカエルがでてきて共食いが確認されました。その他にも、今までに、オタマジャクシやネズミとみられる哺乳類やヤゴ、マツモムシなどの昆虫も見られています。

 

 今後は、戸田主席研究員のアドバイスをもとに、中学校・高等学校の生物部や地元の方々と共に協力し、防除に向けた取り組みを進めていきたいと思っています。そして、私自身も、この機会に、もう少し積極的にカエルに向き合い、カエルを克服して、どんな自然の中でも、どんな生き物でも対応できるアクティブ・レンジャーを目指してがんばりたいと思います。

ページ先頭へ↑

2016年07月20日ちびっ子砂丘レンジャーへの道 参加者募集中!

山陰海岸国立公園浦富 井原早紀

 皆さんこんにちは。浦富のアクティブ・レンジャーの井原です。

夏が近づいてくるにつれて、イベントの数も増え、山陰海岸国立公園は夏らしい活気にあふれています!


 私の最近の楽しみは、国立公園内にある鳥取砂丘で、毎週金曜日に行われている夕方除草ボランティアに参加することです。

 除草ボランティアは、ちょうど日没の時間に終了するのですが、鳥取砂丘のサンセットはとても素晴らしく、日本海に沈むダイナミックな夕陽を眺めることができるんです!

 とってもロマンチックですよ♪


【鳥取砂丘の夕陽】


 さて、そんな魅力いっぱいの鳥取砂丘で、この夏、環境省子どもパークレンジャー事業として子ども向け自然体験プロジェクトを開催します。

 その名は、「 ちびっ子 砂丘レンジャーへの道 」です!

 鳥取砂丘は歩いて眺める、という楽しみ方以外にも、たくさんの魅力的なアクティビティや歴史、自然の不思議があるんです!砂丘のいきもの観察や、パラグライダー、らっきょうの植えつけなどのアクティビティを体験しながら、いっぱい楽しんでいっぱい学び、鳥取砂丘のおもしろいひみつをたくさん知っている"ちびっ子砂丘レンジャー"を目指そう! というプロジェクトです。

 【パラグライダー】

                                     

 【砂丘でのガイドさんによる自然解説】                 

【平成25年度子どもパークレンジャー認定式の様子】


 夏から秋にかけて、様々な感動的な表情を見せてくれる砂丘で、いつもとはひと味違う体験が盛りだくさんのプログラムとなっています。広い砂丘を思う存分、たっぷり遊びたいお子様はぜひお申込みください☆

夏休みの宿題にもぴったりです!

先着15名となっておりますので、お早めにどうぞ。

  詳細はコチラ:http://kinki.env.go.jp/to_2016/post_59.html

  チラシ:チラシ.pdf


もしかしたらこの夏、鳥取砂丘にお越しの際は、ちびっ子砂丘レンジャーたちに会えるかも!

ページ先頭へ↑

2016年07月19日よしくまの奇祭

吉野熊野国立公園 青谷 克哉

 7月は文月、七夕の季節ですね。一説には、字が上手くなりたい!と書道の上達を祈り、短冊に歌や願いを書いてお祈りした七夕の祭事から、「文披月(ふみひらづき)」が転じて文月になったとか。字はもう少し上手になりたい、吉野自然保護官事務所の青谷です。

2016年吉野熊野国立公園"よしくま"を盛り上げようということで、前回は下北山村の前鬼・三重滝を紹介しました。今回は第二弾、"よしくま"の文化として吉野山のお祭りをご紹介させて頂くとしましょう。

 吉野山では、毎年7月7日に「蓮華会・蛙跳び行事」という祭事が行われます。蓮華会は、修験道の開祖である役行者が産湯に浸かったとされる池から蓮華を運んできて、蔵王大権現に奉納するものです。蛙跳び行事はその昔、山上ヶ岳の大峯山寺にて、1人の男が蔵王大権現を誹った(バカにした)ことから天罰がくだり、大きな鷲にさらわれ、崖に置き去りにされました。その時の場所とされるのが、山上ヶ岳に至る道中で見ることができる鷲ノ巣岩です。

左の岩が鷲ノ巣岩


 さて、崖に置き去りにされた男は自分の言動を深く後悔し、崖の上で許しを請いました。それを見た金峯山寺の高僧が男をカエルに変えて救いました。その後、蔵王大権現の宝前にて読経の功徳により、人の姿に戻れたという伝説です。

 まず、カエルの乗った御神輿が金峯山寺蔵王堂にやって参ります。

カエルを乗せた御神輿

 蔵王堂に到着したら、蓮華会が行われ、その後蛙跳び行事が始まります。下の写真は、僧の方たちの読経を受けるカエル。

 その後、無事人間に戻れました。ちなみに、カエルを真正面から見るとこんな感じ。

真正面カエル

 ちょっと怖いかも知れないですね。しかし、御輿に乗っているときは手を振るなど愛嬌たっぷりです。

こういったお祭りは、長い歴史の中で脈々と続く文化の一部であると思います。

 このお祭り以外にも、"よしくま"では様々なお祭りが開催されます。奈良、三重、和歌山とよりどりみどりでどれに行こうか悩みますね。そんなときは、近畿地方環境事務所のホームページから、パートナーシップイベントカレンダーをご覧下さい。

HPアドレス⇒http://kinki.env.go.jp/to_2016/8024.html

 暑さ寒さも彼岸までとはいいますが、外に出かけられる際、山に登られるときは、十分にお気を付けて。それでは、今回はこれにて。

 ※写真は許可を得て掲載していますので、無断での転写等は、どうかご遠慮下さい。


カエルのササ飾りカエルの笹かざり 願いが叶いますように

ページ先頭へ↑

2016年07月13日マリンイベント情報

吉野熊野国立公園熊野 岩田佐知代

 熊野自然保護官事務所 アクティブ・ レンンジャーの岩田です。

 夏休みのマリンイベント、串本海中公園センターで開催される「串本海中観察会」のご案内です。

 本州最南端に位置する和歌山県串本では、色とりどりのサンゴや熱帯魚をみることができます。美しい景色が広がる串本沿岸海域は吉野熊野国立公園の海域公園地区に指定され、ラムサール条約湿地にも登録されています。世界最北となるテーブルサンゴ群集の生態系について学び、自然環境への関心と理解を深めることを目的とした観察会を開催いたします(詳細はこちら:http://kinki.env.go.jp/to_2016/post_57.html)。

 チラシ.pdf

【サンゴの海】 【ハコフグ】
【クマノミ】 【観察会の様子】

 みなさんも吉野熊野国立公園のサンゴ群集をスノーケリングで観察してみませんか?

 海中では、どんな生き物に出会えるでしょうか?

 皆様のご参加をお待ちしております!(応募者多数の場合は抽選となります。)

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ