近畿地方のアイコン

近畿地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

初めての管内巡視で感動

2022年04月25日
浦富

 みなさん、はじめまして。この4月からアクティブ・レンジャーとして浦富自然保護官事務所で勤務している堀田です。どうぞよろしくお願いします。

 直前まで職場は変わりながらも、鳥取砂丘に関わる仕事に永年従事してきました。その間、ガイドとしても多くのお客様に鳥取砂丘の魅力を案内してきました。出身は、大山隠岐国立公園大山の西麓で学生時代から大山の自然も存分に楽しんでいました。もちろん山陰海岸国立公園も学生時代、社会人となってからも仕事や釣り、撮影小旅行などプライベートでもよく通ったところです。このたび、アクティブ・レンジャーとして山陰海岸国立公園の仕事ができることを大変うれしく、幸せ者だと思っています。皆様の期待に応えられるかは、少し不安はありますが・・・。

 自己紹介は、さておき、先日、自然保護官と管内の施設点検など巡視に出かけましたのでそのときの様子などを紹介させていただきます。

 まずは、鳥取砂丘ビジターセンターへ。来館者は、春休みに入り少し増えた感じでしたが、春休みが終わるとまた静かな鳥取砂丘に戻り、ビジターセンターでは来館者もゆったりと過ごされていました。

春休みの鳥取砂丘

【春休みの鳥取砂丘】

 つづいて、岩戸(いわど)海岸、大谷(おおたに)海岸と車で看板などを確認しながら進み、鴨ヶ磯(かもがいそ)へ。

鴨ヶ磯では、海岸に沿って整備された遊歩道を歩いて巡視します。鴨ヶ磯展望駐車場から高低差約50mの遊歩道を下っていくと白砂のポケットビーチ的な小鴨ヶ磯にたどり着きます。続いて石英斑岩の柱状節理が見事な椿谷を抜けると大鴨ヶ磯へ。ここも花崗岩由来の少し粗い粒の白い砂浜で、永年鳥取砂丘の黄色っぽい砂ばかり見ていた私は、その様に感動しました。また視線を海に向けるとマツの生える大小の小島が浮かんでいます。これまでは、展望駐車場(海抜約50m)から俯瞰するばかりでしたが、磯浜から間近にみる景色は、絶景です。椿谷手前の遊歩道は、満潮時は通行に支障があるため注意看板を数カ所設置していますが、特に異常はありませんでした。この後、遊歩道沿いの落石など確認しながら令和3年3月に開通したショートカットコースで県道に戻り、車道をしばらく歩き元の場所へ着くと汗ばむ位の運動量でした。

                  【椿谷付近からの島々】

                     【大鴨ヶ磯】

 途中、数組の観光客とすれ違いましたが、皆さん感動されている様子で何よりでした。

さらに車で東に向かい、兵庫県は新温泉町の諸寄港を見下せる城山園地へたどり着くと昼の時間となりました。ここでは、案内看板などに支障が無いか確認しました。桜の花も満開で、花見をしながらお弁当を食べる方々もいらっしゃいました。桜の花咲く時期に初めて来ましたが、他の利用者も風景を撮影するなどここの景観に感動されている様子でした。

                    【諸寄港】

                   【城山の桜】

 山陰海岸は、いつ来ても素晴らしい。ここから見る日本海に沈む夕日もきっと素晴らしいでしょう。 機会があれば是非夕陽の時間に様子を見てみたいです。

 まだ巡視は、続きましたが、今回はここらで初日記をさせていただきます。

 山陰海岸一帯は、2月下旬から大量の注射器の漂着が続いています。危険ですので、海岸を散策される際はご注意いただき、発見された場合は、手を触れずに最寄りの県事務所や市町村にご連絡ください。

 鳥取県HP:https://www.pref.tottori.lg.jp/208432.htm