近畿地方のアイコン

近畿地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

大杉谷 森林鉄道跡現地調査

2022年03月07日
吉野

 皆さまこんにちは。吉野管理官事務所の早川です。

 三重県大杉谷には、かつて木材を搬出するために使われていた森林鉄道の軌道跡が、今も残っています。これを、新たな観光資源として活用できなか検討するため、昨年(令和3年)、地元行政関係者等により現地調査が実施されました。今回は、その調査の状況をお伝えします。

 三重県尾鷲地方は古くから木材運搬の民間鉄道があり、1897年(明治30年)頃には運行されていたと言われています。大杉谷森林鉄道は1931年(昭和6年)から、1974年(昭和49年)頃まで運行されており、周囲は全国有数の杉産地としても知られています。

 軌道跡を踏査すると、風呂場や食器などが残されており、周辺はノスタルジックな雰囲気が漂い、当時の様子を思い浮かべることができました。

森林鉄道跡

 区間によっては、森林鉄道のレールが現存しており、産業遺産、地域資源として、とても価値あるものと感じました。

森林鉄道跡

 調査した場所は、一般の方の立入が禁止されている地域で、今回は特別な許可を得て入山しました。参加者からは、ガイド付き限定での利用など、活用の可能性について様々な意見が出ていました。実際に利用するとなると、様々な課題のクリアが必要になりますが、今後の展開が楽しみです。