近畿地方のアイコン

近畿地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

今年1番の思い出写真

2021年12月28日
竹野

 皆さま、こんにちは。

 竹野自然保護官事務所の久畑です。


 先日から降り続く雪で日本海側には大雪警報が発令されていましたが、日本海まで50メートルもない竹野事務所の周辺は、12月27日9時現在の積雪量、3センチメートル程です。

竹野自然保護管事務所前の積雪の様子

   (竹野事務所前の積雪の様子)

 先日から、ごうごうと風が強く吹いていたので、雪雲が飛ばされたようです。内陸の方では積雪が多いそうです。車でのご走行にはご注意ください。海岸部では風がやむと積もり始める合図。車の運転など一層気を引き締めていきたいと思います。

 今年1年もあと数日ですね。私の今年1番の思い出写真をご紹介します。

来日岳山頂から見る夜明け前の雲海

      (来日岳山頂から見る夜明け前の雲海)

 11月に撮影した来日岳の雲海の写真です。

 おおよそ北側半分が国立公園区域内にある山で、豊岡盆地、竹野、京丹後、山間に久美浜湾が一望できます。朝5時過ぎに到着したのですが、山頂にはすでにカメラを構えた方がたくさんおられました。

円山川から昇り立つ霧が盆地に溜まり雲海になります。豊岡市は霧の発生率は高いのですが、雲海発生には晴れていること、前日の夜と朝の気温差が大きいこと、風がないことなど、いくつか条件があり、1つでも揃わないと綺麗な雲海を見ることはできません。今回の読みは大当たりでした!

 昼間の来日岳山頂からはこのような景色を眺めることができます。

晴れた日の来日岳山頂から見た豊岡盆地と円山川

   (晴れた日の来日岳山頂から見た豊岡盆地と円山川)

もう1箇所見ておきたい場所があったので、日が昇る前に移動しました。

日和山海岸を見下ろす

        (日和山海岸を見下ろす)

日和山海岸です。奥で一筋に伸びているのが円山川河口から流れ出ている雲海です。山を越えて流れているものは雲海が盆地から溢れてきているものです。日が昇るにつれ、どんどん流れ出してきます。時間を忘れて魅入った、今年一番の思い出となりました。

皆さまも、今年一番の思い出写真はありますか?