トピックス(2018年4月〜2019年3月)

2018年11月12日

つれもていこら観察会~奇絶峡で秋の恵みを楽しもう!~

 吉野熊野国立公園の奇絶峡地域では、多数の登山道が整備されており、大小の奇岩や急崖などの峡谷景観と、シイ・カシ二次林などからなる良好な森林景観を一度に見ることができるほか、森林内にはカエデ類なども生育していることから、秋は紅葉を楽しむことができます。10月には、これらの登山道を維持・管理する公益社団法人上秋津愛郷会が自然歩道関係功労者表彰を受賞しました。

 今回の「つれもていこら観察会」では、奇絶峡地域のみかん畑においてみかんの収穫体験をした後、紅葉を楽しみながら高尾山に登頂します。秋ならではの色づく木々とそこに生息する生物を観察しながら登山道を登り、登頂した後は山の地形を生かしたまま栽培されたみかんを味わう、自然から生まれる秋の恵みを満喫する観察会です。

 今回の観察会は、国立公園の優れた自然環境と、その自然がもたらす豊かな恵みを感じていただき、地域の自然の重要性について考えてもらうきっかけとなることを目的として、開催します。

1.日時

平成30年11月23日(金) 9:00~15:00(受付8:45~)

雨天の場合は11月24日(土)に延期

2.開催地

集合場所:秋津野直売所「きてら」駐車場(和歌山県田辺市上秋津1487-1)

実施場所:高尾山(和歌山県田辺市上秋津)

3.主催等

(主催)環境省近畿地方環境事務所

(共催) 公益社団法人 上秋津愛郷会

   農業法人株式会社 きてら

4.講師

和歌山県環境学習アドバイザー 藤五 和久 氏

5.実施内容

8:45~9:00 受付

9:00~9:15 全体説明 吉野熊野国立公園説明

9:15~10:00 みかん農園見学

10:00~12:00 徒歩移動。奇絶峡から高尾山頂上まで。

12:00~12:40 高尾山展望台・昼食

12:40~14:30 移動。駐車場まで

14:30~15:00 全体まとめ。解散。

6.参加方法

(1) 参加対象

対象:中学生以上

定員:20名

(2) 参加費

一人 1600円(保険料、みかん収穫体験料、持ち帰りみかん2kg含む。当日受付にて徴収。)

(3) 参加者準備品と服装

弁当、水筒、リュック、山歩きに適した靴、長袖、長ズボン、ビニール袋

(4)申込み及び問合せ先

近畿地方環境事務所田辺自然保護官事務所(担当:中村)

TEL:0739-23-3955 FAX:0739-23-3966

メール:CHIKAKO_NAKAMURA@env.go.jp

電話受付時間:9:00~17:15(平日のみ)

※電話、FAX、メールのいずれかにてお申込み下さい。参加申込書をお送りします。

(5) 申込み期限

平成30年11月16日(金) 17:00まで

7.添付資料

イベントチラシ

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブ・レンジャー日記 近畿地区(リンク)
  • 浜甲子園周辺を渡航する際の注意(リンク)
  • イベントカレンダー
  • 吉野熊野国立公園よしくまfacebook(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
きんき環境館(リンク)
FRP船リサイクルシステムのご案内(リンク)
観光・地域づくり~施策・支援メニュー~(リンク)
歴史街道(リンク)
ページ先頭へ