トピックス(2016年4月〜2017年3月)

2016年10月28日

平成28年度吉野熊野国立公園指定80周年・拡張記念『「京都大学・畠島実験地」観察会』の開催について

 吉野熊野国立公園は、平成27年9月24日和歌山県串本町からみなべ町にかけて、海岸と海域を中心に大きく区域が拡張し、平成28年2月1日に指定80周年を迎えました。
 これらを受けて、環境省近畿地方環境事務所では、平成28年2月から1年間を指定80周年・拡張記念の年と位置づけ、1年間を通した記念事業として、よしくま地域の魅力を広く地域内外に発信するため、各地で吉野熊野国立公園指定80周年&拡張記念イベントを実施しています。
 本イベントは、記念イベントの一環として、拡張域の海域の畠島(京都大学所有地)において、畠島の地形地質・磯の生き物を観察するもので、地域の豊かな自然に目を向けるきっかけづくりを目的として開催します。

日時

 平成28年11月27日(日)8:45~15:30 (受付開始8:30)

開催地

 集合場所:白浜 綱不知港(住所:和歌山県西牟婁郡白浜町綱不知)

 開催場所:畠島(住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田) 

  ※集合場所から開催場所までは、渡船で移動。

実施体制等

(主催)近畿地方環境事務所、熊野人倶楽部

(共催)京都大学瀬戸臨海実験所、南紀熊野ジオパーク推進協議会

(後援)白浜町教育委員会、紀伊民報社

(協力)眞鍋和功、太陽食堂

講師

・南紀熊野ジオパーク学術専門委員 中屋志津男氏(地形地質)

・京都大学瀬戸臨海実験所 助教 大和茂之氏(磯の生き物)

参加方法

(1)参加対象

  ア 小学5年生以上を対象とする。(小学生は保護者同伴)

  イ 定員30名

(2)参加費 

   1人2,500円(保険料、講師代、資料代、昼食代。当日受付にて徴収。)

   ※渡船代は、南紀熊野ジオパーク活動促進事業で負担。

(3)参加者準備品

  動きやすい服装、軍手、磯を歩きやすい靴、温かい飲み物、酔い止め薬(必要に応じて)

  ※昼食は実施団体で用意いたします。

(4)申込方法(定員になり次第申込終了)

  熊野人倶楽部へ往復はがきまたは電話にて申し込む。

  申込期限 11月25日(金) 18:00

(5)申込及び問合せ先

  熊野人倶楽部 TEL:090-9548-9299(串上)、090-8575-8505(阪中)

※畠島は無人島のため、トイレはありません。島へ移動前にトイレを済ませておいてください。

添付資料

 チラシはこちら

地域環境データベース
  • アクティブ・レンジャー日記 近畿地区(リンク)
  • 浜甲子園周辺を渡航する際の注意(リンク)
  • 吉野熊野国立公園80周年・拡張記念(リンク)
  • 観光・地域づくり ~施策・支援メニュー~(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
きんき環境館(リンク)
FRP船リサイクルシステムのご案内(リンク)
ページ先頭へ