トピックス(2014年4月〜2015年3月)

2014年08月05日

大台ヶ原自然再生10周年シンポジウム「大台ケ原に苔むす自然は再生できるのか」

近畿地方環境事務所

 平成16年から大台ヶ原自然再生に取り組み10年が経過したことを記念し、シンポジウムを開催します。シンポジウムでは自然再生の取り組みに至った経緯、取り組み開始から10年たった今の状況(ニホンジカの密度低下、防鹿柵の効果、再生の兆し、地域振興との関係など)と、これから目指すべき大台ヶ原の姿について専門家、地元住民代表が環境省とともに議論します。
 詳細は次のとおりです。

開催日時

平成26年8月24日(日)14:00から16:30

開催場所

奈良教育大学 大講義室(奈良県奈良市高畑町)

内容

○開会挨拶 近畿地方環境事務所長
○報告「大台ヶ原自然再生推進計画2014の策定」 (環境省)
○基調講演 「自然再生10年の取り組みの総括を目指して」(村上興正)
○パネルディスカッション
テーマ:
「大台ヶ原の100年後の森を考える」
司 会:
田村 省二(近畿地方環境事務所 統括自然保護企画官)
パネラー:
遠藤 学(上北山村建設産業課 主幹)
田村 義彦(自然を返せ!関西市民連合)
鳥居 春己(奈良教育大学自然環境教育センター 特任教授)
福嶋 啓一(ワーク21上北山 会長)
松井 淳(奈良教育大学生物学教室 教授)
村上 興正(元京都大学理学研究科 講師)
横田 岳人(龍谷大学理工学部 准教授)      (50音順 敬称略)

実施体制

主催:近畿地方環境事務所
後援:奈良教育大学

参加経費

無料

申込方法:

電話または必要事項(氏名(ふりがな)、年齢、職業、住所、電話番号)記入の上、メール、FAXにて申し込み。
申し込み締め切り:平成26年8月20日(水)ただし、先着140名とさせていただきます。

申込連絡先:近畿地方環境事務所 吉野自然保護官事務所
TEL : 0746-34-2202(電話受付時間:9:00~17:00(水、土、日を除く))
FAX : 0746-34-2204
E-mail : RO-YOSHINO@env.go.jp

チラシ

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブ・レンジャー日記 近畿地区(リンク)
  • 浜甲子園周辺を渡航する際の注意(リンク)
  • 吉野熊野国立公園80周年・拡張記念(リンク)
  • 観光・地域づくり ~施策・支援メニュー~(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
きんき環境館(リンク)
FRP船リサイクルシステムのご案内(リンク)
ページ先頭へ