報道発表資料

2021年12月01日

きんき脱炭素チームの発足、脱炭素先行地域づくりに向けた「相談窓口」設置について~近畿地方における脱炭素の支援のために~

近畿地方環境事務所では、地域の実施体制に近い国の地方支部局による機動的・効果的な支援を実施するため、関係支分部局が連携した「きんき脱炭素チーム」(以下「チーム」という。)を立ち上げました。

また、チームによる支援の第一弾として、脱炭素先行地域づくりに向け、自治体、自治体との連携を検討する企業等からの相談を受け付ける「相談窓口」を開設いたしました。

1.チーム設立の趣旨

近畿地方環境事務所では、「地域脱炭素ロードマップ」(令和3年6月9日国・地方脱炭素実現会議決定)が掲げる施策の実現のため、地域の実施体制に近い国の関係支分部局が一体となった連携チームとして「きんき脱炭素チーム」を立ち上げました。

きんき脱炭素チーム

2.チームの構成員及びオブザーバー

○ 構 成 員:近畿財務局、近畿農政局、近畿中国森林管理局、近畿経済産業局

近畿地方整備局、近畿運輸局、神戸運輸監理部、大阪管区気象台

近畿地方環境事務所

○ オブザーバー:滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

3.チームの活動内容

(1) 各構成員が持つ支援ツールや支援実績等及び地域への情報発信や働きかけなどに関する情報共有

(2) 脱炭素先行地域をはじめとした案件形成のための構成員による意見交換や複合的・包括的な支援の検討及び実施

(3) その他本チームの運営を含む必要な活動

4.脱炭素先行地域づくりに向けた「相談窓口」の設置 ~チームによる支援の第一弾~

国は「地域脱炭素ロードマップ」において、2030年までに全国で少なくとも100か所以上の「脱炭素先行地域」を創出することとしており、これに関して「きんき脱炭素チーム」が一体となって支援する相談窓口体制を以下のとおり設けました。お気軽にお問い合わせください。

<ポイント>

  • 脱炭素先行地域づくりを検討されている近畿地方の自治体や、自治体との連携を希望されている企業などが対象です。

  • 近畿地方環境事務所にお問合せいただくことで、きんき脱炭素チーム構成員の脱炭素に関する施策によって横断的な支援が可能か、検討させていただきます。

  • 相談窓口〔PDF〕

5.今後の予定

   チーム内での日頃のやりとりを重視しつつ、必要に応じて会合を開催

6.問合せ先

環境省近畿地方環境事務所 環境対策課

電 話:06-6881-6503

メール:CN-Kinki@env.go.jp

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • 環境省Twitter(リンク)
  • アクティブ・レンジャー日記 近畿地区(リンク)
  • 吉野熊野国立公園よしくまfacebook(リンク)
  • 大台ヶ原ビジターセンター フェイスブック(リンク)
  • 大台ヶ原登録ガイド ホームページ(リンク)
  • 宇久井ビジターセンター ホームページ(リンク)
  • 竹野スノーケルセンターfacebook(リンク)
  • 鳥取砂丘VC facebook(リンク)
  • 鳥取砂丘VC Instagram(リンク)
  • 浜甲子園周辺を渡航する際の注意(リンク)
おすすめサイト
きんき環境館(リンク)
FRP船リサイクルシステムのご案内(リンク)
観光・地域づくり~施策・支援メニュー~(リンク)
歴史街道(リンク)
ページ先頭へ