報道発表資料

2017年05月12日

城北わんど群における「イタセンパラ」の保護に向けた啓発活動等の実施

平成25年10月に行われた城北わんどでのイタセンパラ再導入(放流)を受け、二枚貝の中で育ったイタセンパラの稚魚が浮出する5月上旬から、本種の保護並びに錯誤捕獲と密漁の防止のため啓発活動等を実施します。
その最初の取組として、5月14日(日)午前10時から大阪市旭区の城北わんど群において、城北わんどイタセンパラ協議会構成機関による合同パトロールを実施します。合同パトロールでは、河川利用者に対してチラシを配布し、イタセンパラの捕獲や二枚貝の採取を行わないよう呼びかけます。合同パトロールは随時実施していく予定です。
 また、合同パトロールと同時並行で、淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワークによる外来魚駆除等の保全活動が行われます。

■ 問い合わせ先
代表:06-4792-0700
直通:06-4792-0706
環境省 近畿地方環境事務所
野生生物課長  鑪 雅哉
    係長  北井正彦

添付資料

地域環境データベース
  • アクティブ・レンジャー日記 近畿地区(リンク)
  • 浜甲子園周辺を渡航する際の注意(リンク)
  • 吉野熊野国立公園80周年・拡張記念(リンク)
  • 観光・地域づくり ~施策・支援メニュー~(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
きんき環境館(リンク)
FRP船リサイクルシステムのご案内(リンク)
ページ先頭へ