大台ヶ原の利用対策に関する調査業務報告書

 環境省では平成14年度に大台ヶ原自然再生検討会を設置し、学識経験者、民間団体、関係機関等とともに調査検討を進め、平成17年1月に大台ヶ原の今後の保全・再生の方向性をとりまとめた「大台ヶ原自然再生推進計画」を策定しました。その後、平成21年3月に策定した第2期計画を経て、平成25年度末に新たに「大台ヶ原自然再生推進計画2014」を策定し、吉野熊野国立公園の核心地域の一つである大台ヶ原における自然環境への負荷の軽減及び自然体験学習の提供等を可能にする新しい利用のあり方の確立を目指した目標が設定されました。

 本業務では、「大台ヶ原自然再生推進計画2014」の効果的な推進に資するため、大台ヶ原の利用状況に関する基礎的なデータ等の収集・分析を行っています。

平成28年度大台ヶ原の利用対策に関する調査業務報告書

報告書本文

平成28年度大台ケ原の利用対策に関する調査業務報告書

平成28年度吉野熊野国立公園大台ヶ原協働型管理運営体制強化事業業務報告書

平成27年度大台ヶ原の利用対策に関する調査業務報告書

報告書本文

平成27年度大台ヶ原の利用対策に関する調査業務報告書[PDF 1,443KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブ・レンジャー日記 近畿地区(リンク)
  • 浜甲子園周辺を渡航する際の注意(リンク)
  • 吉野熊野国立公園80周年・拡張記念(リンク)
  • 観光・地域づくり ~施策・支援メニュー~(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
きんき環境館(リンク)
FRP船リサイクルシステムのご案内(リンク)
ページ先頭へ