近畿地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

TOPICS

近畿地方環境事務所TOPICS>2010年度

【お知らせ】平成22年度3R推進近畿ブロック大会の開催について

2010.10.13 環境省近畿地方環境事務所

 近畿地方環境事務所では、一人ひとりが自らのライフスタイルを見直す機会を提供することを通じて、3Rに関する理解を深めるため、「平成22年度3R推進近畿ブロック大会」を開催します。
 今回は、「FM802」と全面的にタイアップし、若い世代を中心に広く一般に対して、多角的なアプローチを行い、より多くの人の3Rの実践行動に結びつく「きっかけ」を提供する「LIVE 3R!キャンペーン」を展開します。

1.開催目的

 近畿地方環境事務所では、一人ひとりが自らのライフスタイルを見直す機会を提供することを通じて、「3R(廃棄物の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle))」に関する理解を深め、持続可能な社会の実現を目指し、循環型社会の形成の推進を図ることを目的として、「平成22年度3R近畿ブロック大会(以下「大会」という。)」を開催いたします。
 今年度は、若い世代を中心に広く一般に対して、各種広報媒体との連携により多角的なアプローチを行い、より多くの人の3Rの実践行動に結びつく「きっかけ」を提供するキャンペーンを展開し、身近なところから何ができるかを提案し、さらに「習慣化」されることによって、循環型社会の実現に向けたライフスタイルへの転換を促すことを目的としています。
 なお、今年度の業務実施後も取組の効果が持続するような事業の実施を図っていきます。

2.日時及び場所

[全体]

(1)日時:
平成22年10月13日(水)〜平成23年2月末
(2)場所:
近畿一円(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)

[リユースカップ導入]

(1)日時:
平成22年11月12日(金)〜14(日)
(2)場所:
大阪・ミナミ一帯において、「FM802」が主催する「MINAMI WHEEL 2010」のライブ会場21ヵ所
(住所;大阪府大阪市中央区心斎橋及びその周辺)
一部のライブ会場においては、「MINAMI WHEEL 2010」終了後もリユースカップを継続利用予定。

3.主催者等

(1)主催

 環境省近畿地方環境事務所

(2)後援(予定)

 大阪市、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、大阪湾広域臨海環境整備センター、3R活動推進フォーラム

4.開催内容

 今回展開するキャンペーンを「 LIVE 3R!キャンペーン」と銘打ち、「FM802」と全面的にタイアップし、若い世代を中心に広く一般に対して、多角的なアプローチを行い、より多くの人の3Rの実践行動に結びつく「きっかけ」を提供するキャンペーンを展開します。

<「 LIVE 3R!キャンペーン」の趣旨>

 「L」「I」「V」「E」、ライブと書いてリブ、この言葉には、思想などを生活の中に示す、実践するという意味があります。使い捨て社会から一歩先の循環型社会へ進むために、「3R」の大切さを理解するだけでなく、生活の中で実践する・・・そんな思いが込められています。

詳しくは、オリジナルキャンペーンサイト(http://www.live3r.jp)をご覧下さい(本日より開設予定)。

(1) リユースカップの導入

 11月12日(金)〜14(日)まで開催される「MINAMI WHEEL 2010」で、会場となるすべてのライブハウスにおいてドリンクカップの容器をリユースカップ(約15,000個)に変える取組を実施。加えて、新たにリユースカップ(約1,000個)を作成しライブハウスに導入予定。これは、使い捨てカップをなくして「ごみ」を減らそうという「3R」の実践活動です。
 「MINAMI WHEEL 2010」については、専用サイト(http://minamiwheel.jp/index_f.html)をご覧ください。

(2) 「FM802」での放送

 「FM802」において、3Rに関する理解を深めるため、「3R」の推進の必要性や「3R」の具体的な取組の例、「 LIVE 3R!キャンペーン」の趣旨等について、以下の日時(予定)で放送します。

[1]10/14(木)16時台
「3R」の具体的取組の例
[2]10/21(木)16時台
「3R」の推進の必要性 
[3]10/28(木)16時台
「LIVE 3R!キャンペーン」の趣旨 
[4]11/4(木)16時台
「LIVE 3R!キャンペーン」の趣旨 
[5]11/11(木)16時台
「MINAMI WHEEL 2010」でのリユースカップの導入+「アンケート」

(3) 「エコ考え中」への掲載

 「FM802」の公式サイトの中にある「エコ考え中」(http://funky802.com/eco/)に3Rをテーマとした内容を掲載。

(4) アンケートの実施

 「MINAMI WHEEL 2010」の会場及びオリジナルキャンペーンサイト上で「3R」に関するアンケートを実施。
 ※お答えいただいた方の中から抽選で素敵な景品が当たります。

(5) 近畿における3R推進に係る取組支援

 リユースカップの導入(特定非営利活動法人地域環境デザイン研究所ecotone ;http://www.ecotone.jp/)、3R・低炭素社会検定(主催;3R・低炭素社会検定実行委員会、http://www.3r-teitanso.jp/)を支援。

(6) 3Rレシピ集(仮称)の作成

 3R実践のためのツールを作成し、継続的な実践活動を推進。

5.サイドイベント

 4以外、3R推進のための取組を以下のとおり実施します。

(1) 「バスナカムービー」の利用

 バス車載式デジタルサイネージ「バスナカムービー」を利用したPR

設置路線:
阪急バス 千里・豊中営業所管轄路線
(豊中市、吹田市、茨木市内)
「千里中央」を中心にバス100台で放映中
放映期間:
平成22年11月1日(月)〜平成22年12月31日(金)
放映時間:
6時〜24時(18時間)15分サイクル(1日最大72回)
放映内容:
「3R」の実践活動の推進を呼びかけるPRムービー
ムービーの内容はこちらのサイトでもご覧頂けます。
http://www.akabara.or.jp/basunaka/housou.html
「とりくもう!3R運動」

(2) ブース展示

 11月16日(火)・17日(水)、神戸国際会議場(住所;兵庫県神戸市中央区港島中町6-9-1)にて、財団法人日本環境衛生センターが開催する「第54回生活と環境全国大会」のうち、「生活と環境展示会」に3R推進月間パネル・3Rまなびあいブックをはじめとした3R関連グッズ等の展示を行い、3Rの推進をPR。
 「第54回生活と環境全国大会」については、専用サイト(http://www.jesc.or.jp/work/taikai/54th/index.html)をご覧ください。

6.その他

 今後の新たな取組は、随時オリジナルキャンペーンサイトに掲載します。

7.問い合せ先

近畿地方環境事務所
 廃棄物・リサイクル対策課 岡本、川崎、林
 TEL 06-4792-0702 FAX 06-4790-2800