平成21年度近畿地方における地域循環圏の構築に向けた検討業務

近畿地方環境事務所における取組

○ 3R推進近畿ブロック大会

近畿地方環境事務所では、一人ひとりが自らのライフスタイルを見直す機会を提供することを通じて、「3R(廃棄物の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(
Recycle))」に関する理解を深め、持続可能な社会の実現を目指し循環型社会の形成の推進を図ることを目的として、「3R推進近畿ブロック大会」を毎年開催しています。


☆平成23年度

開催時期:

平成23年9月23日(水)~平成24年3月16日(金)

開催場所:

近畿(2府4県)全地域

開催概要:

昨年初めて実施した「LIVE3Rキャンペーン」を本年度も期間を設定して展開するとともに、その期間中に①「第6回3R推進全国大会京都市環境展」(平成23年10月28日(金)~30日(日):京都市勧業館(みやこめっせ))へのブース出展、②近畿2府4県で「マイボトルどこでもカフェスタンプラリー」(期間:平成23年9月23日~10月30日)の実施、③「第4回スイーツマラソンin大阪」(平成23年12月4日(日):大阪城公園)での参加者を対象としたリユースカップの使用体験の実施等と多様なメニューを提案し、一般の方々が気軽に参加、体験できるような場を提供する大会となるような取り組みを行いました。
概要は、こちら(http://c-kinki.env.go.jp/to_2011/0922a.html)をご覧下さい。
詳細は、報告書[PDF 6.08MB]をご覧下さい。

☆平成22年度

開催時期:

平成22年10月13日(水)~平成23年2月28日(月)

開催場所:

近畿(2府4県)全地域

開催概要:

関西エリアのラジオ局で人気№1の「FM802」と全面的にタイアップし「LIVE3Rキャンペーン」と銘打った啓発キャンペーンを展開し、その中で様々な広報活動、体験の場の提供等の取組を行い、「循環型社会の実現に向けた3Rの取組」が身近なものとなるような仕組みやツールを提案しました。また、域内で既に循環型社会の実現に向けた取組を実践しているグループ等と連携し、その取組が一層拡がるよう支援しました。
詳細は、報告書[PDF 7.92MB]をご覧下さい。

☆平成21年度

【メイン企画】
開催時期:

平成21年9月20日(日)

開催場所:

京セラドーム大阪(大阪市西区千代崎)

開催概要:

プロ野球パ・リーグ公式戦「オリックスバファローズVs北海道日本ハムファイターズ」戦において「リユースカップの試験的導入」等のイベントを実施しました。

【サテライト企画】
開催時期:

平成21年10月3日(土)、4日(日)

開催場所:

「京橋中央商店街」(大阪市都島区)、「天神橋三丁目商店街」(大阪市北区)

開催概要:

両商店街とも環境にやさしい商店街をめざしており、その自主的な環境運動を後押しするため、キックオフイベントとして今大会を位置づけました。平成21年度 3R推進近畿ブロック大会の開催結果について [PDF 876KB]

☆平成20年度

【メイン企画】
開催時期:

平成20年9月20日(土)

開催場所:

奈良県広域地場産業振興センター(奈良県大和高田市幸町)

開催概要:

「環境フェア~みんなでとめよう温暖化~」(奈良県等主催)と同時開催。会場の一角に3R推進近畿ブロック大会エリアを設置。エリア内にブースを設置し各種展示等を行ったほか、ステージ等でのイベントも実施しました。

【サテライト企画】
開催時期:

平成20年11月29日(土)、30日(日)

開催場所:

イオンモール橿原アルル(奈良県橿原市曲川)

開催概要:

「エコな~らフェスタストップ温暖化広場」(奈良県主催)と同時開催。会場の一角に3R推進近畿ブロック大会エリアを設置。エリア内にブースを設置し各種展示等を行ったほか、ステージ等でのイベントも実施しました。平成20年度 3R推進近畿ブロック大会の開催結果について [PDF 700KB]

☆平成19年度

開催時期:

平成19年10月6日(土)、7日(日)

開催場所:

烏丸半島芝生広場(滋賀県草津市下物町)

開催概要:

「地球温暖化防止フェアinびわこ・くさつ」(滋賀県等主催)と同時開催。場内に3R推進近畿ブロック大会エリア(エリア内にはブースを設営。)設置し、各種展示等を行ったほか、場内のステージでのイベントも実施しました。

☆平成18年度

開催時期:

平成18年12月9日(土)、10日(日)

開催場所:

京都府総合見本市会館パルスプラザ(京都市伏見区竹田)

開催概要:

「京都環境フェスティバル2006」(京都府等主催)の一角に、3R推進近畿ブロック大会エリアを設置。エリア内にブースを設置し各種展示等を行ったほか、ステージ等でのイベントも実施しました。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブ・レンジャー日記 近畿地区(リンク)
  • 浜甲子園周辺を渡航する際の注意(リンク)
  • 吉野熊野国立公園80周年・拡張記念(リンク)
  • 観光・地域づくり ~施策・支援メニュー~(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
きんき環境館(リンク)
FRP船リサイクルシステムのご案内(リンク)
ページ先頭へ