ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年10月26日

2件の記事があります。

2021年10月26日こうべ森の文化祭2021 in 再度公園

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 皆さんこんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。

 季節外れの暑さがやっと過ぎたと思えば、急に寒くなってびっくりしました。過ごしやすい秋はいったいどこに行ってしまったのでしょうか。急激な気温の変化に六甲山の木々達も驚いているのか、色づいている木々はほとんど見受けられず、紅葉の見ごろまではもうしばらく時間がかかりそうです。

 さて、そんな六甲山地・再度山頂上の北に位置する再度公園にて、1024日(日)に神戸市主催のイベント「こうべ森の文化祭2021」が開催され、我々も参加してきましたので、その様子をご紹介いたします。

こうべ森の文化際

 こうべ森の文化祭は、六甲山緑化百周年を記念して、2002年からスタートしており、六甲山をフィールドに活動している団体が各々ブースを出展し、参加者に活動を紹介するパネルの展示や、ワークショップや自然体験ゲーム等を楽しんでもらうイベントで、神戸自然保護官事務所も毎年参加しています。昨年はコロナ禍の影響を受け中止しておりましたので、今年は2年ぶりの開催となりました。

公園内に様々なブースが出現し、パネル展示や体験プログラムが催されました【公園内に様々なブースが出現し、パネル展示や体験プログラムが催されました】

 我々の神戸自然保護官事務所のブースではカミツキガメ・ブラックバス等の剥製展示や外来種・国立公園を紹介するパネルの展示を行いました。

【剥製展示】と【国立公園パネル・パンフレット】【剥製展示】          【国立公園パネル・パンフレット】

お客さんも盛況です コロナ禍ということもあり、なかなか大々的にPRを行っていなかった今回のイベントでしたが、ご家族連れで来ていただいた方や、登山中にふらっと訪れてくれる方など、たくさんの方に参加いただきました。子どもはカミツキガメ・ブラックバスの剥製に興味津々です。他にもスタンプラリー用の国立公園クイズで子どもから大人まで、みんなで盛り上がりました。

再度公園の様子 イベントが開催されたここ再度公園は瀬戸内海国立公園の六甲地域にもふくまれる都市公園で、休みの日は自然を満喫できる公園として、家族連れやハイカーで賑わいます。公園内にある修法ヶ原池は、秋が深まると真っ赤な紅葉が映り込む紅葉の名所としても有名です。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

紅葉の様子(過去に撮影したもの。今年の紅葉が待ち遠しいですね)

【紅葉の様子(過去に撮影したもの。今年の紅葉が待ち遠しいですね)】

ページ先頭へ↑

2021年10月26日大台ヶ原のササ刈り業務

吉野熊野国立公園 吉野 丸毛絵梨香

吉野管理官事務所アクティブレンジャーの丸毛です。

前回8月の続きで、大台ヶ原の自然再生事業をご紹介します。9月に正木峠にある地樹防鹿柵内のササ刈り業務を行いました。

正木峠から正木ヶ原にかけて歩いていると、黒い柵がたくさん建っているのが見えることかと思います。

これらは、針葉樹(主にトウヒやウラジロモミ)の稚樹をシカの食害から守るために設置されたものです。稚樹は柔らかく、シカにとってはごちそうだからです。

正木峠は現在、樹木の次世代の生育が、林床がササに覆われているため非常に難しくなっています。そのため、数少ない稚樹をこのように保護して昔の森林の姿に戻そうとしているのです。

 1936年の大台ヶ原の様子 2021年10月の正木峠の様子

(1936年の正木峠の姿、菅沼孝之氏撮影)    (2021年10月の正木峠)

 稚樹防鹿柵の中の様子(ササ刈り前) 稚樹防鹿柵の様子(ササ刈り後)

(防鹿柵内 トウヒ稚樹・ササ刈り前後。分かりにくいですが刈った真ん中にある緑が稚樹です。)

ササ刈りをしないと、稚樹は光や水分を獲得しにくく、うまく成長ができません。一般に、ササの根から冬に蓄えた養分を葉に戻したあとの6月頃と、夏に生産した栄養が根に戻る前の9月頃に行うことが良いとされています。

生命力の強いササに一面を覆われてしまうと、他の植物が生育することは非常に難しくなります。正木峠には140基近くの稚樹防鹿柵があるため、重労働となりますが環境省職員が一丸となって刈り作業を行っています。今年度はコロナの関係で実施できませんでしたが、一般ボランティアの募集イベントも例年開催しておりますので、ご興味ある方は来年度の9~10月頃、ご応募してみてくださいね。

※大台ヶ原は多くの部分が国立公園の特別保護地区になっており、一般に植物の採取や損傷が規制されています。刈り作業などができるのは防鹿柵内などで環境省事業として行う限られた範囲や状況のみとなりますのでご注意ください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ