ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年9月 1日

2件の記事があります。

2020年09月01日国立公園 吉野山の魅力

吉野熊野国立公園 吉野 早川諒介

 皆さま、こんにちは。吉野管理官事務所の早川です。

暑い日が続いていますが、皆さまはどうお過ごしでしょうか。私は改めてエアコンに感謝をしながら生活をしております。

 先日、吉野山の巡視を行いました。

 吉野山には、シロヤマザクラを中心に約3万本の桜が生育しています。標高の低い方から、下千本(しもせんぼん)・中千本(なかせんぼん)・上千本(かみせんぼん)・奥千本(おくせんぼん)となります。現在は、一面緑の葉桜となっていますが、例年4月初旬から末にかけて、下千本→中千本→上千本→奥千本と、山麓から山頂へ向けて順に開花してゆくため、長く開花を楽しむことができます。春以外にも、秋の紅葉、冬の雪化粧と、四季折々の美しい景色を堪能できます。

 今回は、初めて世界遺産、金峯山寺(きんぷせんじ)を訪ねたのですが、建物の大きさに圧倒されました。外観・内観に繊細な彫刻が施されており、木造の建築がこれほど美しいものがあるとは思いませんでした。改めて、日本の建築の美しさを知ることができました。

吉野山 展望台  金峯山寺
(4月 吉野山 展望台にて)           (金峯山寺)

 次に金峯神社から山道を歩き、奥千本にある西行庵に行きました。西行庵とは、平安から鎌倉時代の歌人「西行」が3年を過ごしたと言われる場所であります。西行は吉野山の桜について、数多くの歌を詠んでおり、吉野桜をこよなく愛した歌人と言われています。特に秋は紅葉の名所としても知られています。

西行庵 新緑  西行庵 紅葉

(西行庵 新緑)                (西行庵 紅葉)

 西行庵の近くには、吉野山の最高峰「青根ヶ峰、標高858m」(あおねがみね)があります。世界文化遺産の紀伊山地の霊場と参詣道に含まれる大峯奥駈道は、奈良の吉野山と熊野三山を結ぶ、もとは修験道の修行場として開かれた道であり、総延長が約90kmにもなります。このコースは経験者向けなので、十分な日程の確保、ルート確認等の事前準備が必要です。

 吉野山は、名物である柿の葉寿司やくずもちなどを楽しめる飲食店・和菓子店・お土産を販売するお店、吉野山を見渡せる展望台などもあるので、1日かけてじっくりゆっくり過ごす楽しみ方を、お勧めします。

吉野ビジターズビューローや、よしのーとでは、最新のイベントやグルメスポットなども発信していますのでぜひご覧ください。また吉野町役場では、ドローンを使用した吉野町観光PRの動画制作もしております。吉野町役場のHPから動画を視聴できますのでそちらもご覧ください。

金峯山寺 ドローンにて撮影

吉野ビジターズビューロー:https://yoshino-kankou.jp/

よしのーと:https://yoshi-note.com/

吉野町役場ホームページ内「動画で見る吉野」:http://www.town.yoshino.nara.jp/

ページ先頭へ↑

2020年09月01日冠島調査に参加してきました。

山陰海岸国立公園 竹野 久畑久美子

皆さまこんにちは。

竹野アクティブ・レンジャーの久畑です。

今回は舞鶴市の主催で毎年行われている国指定鳥獣保護区・冠島の調査に参加してきました。

コロナウイルスの影響で春の調査が中止になり、大変残念に思っていたところでしたが秋の調査は無事に開催できる事となりました。

冠島は京都府舞鶴市にある無人島です。

日本海側では最大級のオオミズナギドリの繁殖地であることから鳥獣保護区に指定されているほか、天然記念物にもなっており、文化財保護法で上陸が制限されています。

当日は自衛隊の艦船で島の近くまで送っていただき、沖合に停泊した艦船からゴムボートに乗り換え上陸しました。

冠島にゴムボートで上陸する様子

        ゴムボートで上陸

上陸後は長年オオミズナギドリの調査を続けている冠島調査研究会の会長から島内の案内と鳥の生態についてお話ししていただきました。

島の林の中に入るとすぐに巣穴があります。

巣穴は土、木の根元、土と岩の隙間など至る所にありました。

土に掘られた穴は踏み抜かないよう細心の注意をはらい歩きます。

巣穴を掘る場所は島内で20箇所ほどあり、10メートル四方で約60個もの巣穴があるそうです。

想像以上に多くの巣穴があり、横穴の深さなどを考えながらかなり慎重に歩かなければなりませんでした。

落とし穴のような地面の巣穴

       落とし穴のような巣穴

    

幸い踏み抜くことはありませんでしたが、もし踏み抜いてしまった場合には、巣穴の中に残っているヒナが生き埋めにならないよう修復しなければいけません。

残念ながら今回の滞在時間内では雛が巣穴の奥深くに潜んでいたので、実際に見ることは叶いませんでした。

冠島調査研究会の方々は、この後3泊4日も島に滞在してオオミズナギドリの調査を続けられます。

鳥獣保護区を示す標柱の点検も行いました。

浜にあるはずの標柱が見当たらず地図を頼りに捜索した結果、草むらに倒れているところを保護官が発見しました。台風や高潮の波で土台が破損し倒れたようです。

草むらの中に倒れている標柱

   草むらの中の海洋ゴミに混じって発見            頑丈に石を積んでいきます

台風や冬の荒波に耐えてくれることを祈りつつ皆で石を積み上げ頑丈に固定しました。

あれこれとしているうちにすぐに帰りの船の時間がきてしまいました。

なにかと慌ただしく、色々と心残りはありますが次はオオミズナギドリの雛に出会えることを願って島を離れました。

青い海に浮かぶ冠島全景

冠島全景

それではまた次回!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ