ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年8月

6件の記事があります。

2020年08月18日西大台に広がるバイケイソウの世界

吉野熊野国立公園 小川 遥

 皆さま、こんにちは。吉野の小川です。

長かった梅雨も明け、セミの大合唱を聞きながらアイスクリームを楽しむ季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

私は夏野菜がずらりと並ぶ直売所の光景を見るだけで気分があがる日々を送っていますが、中でもクウシンサイは別格です。皆さまも、今が旬な味を堪能しつつ、暑さ対策や体調管理には気をつけて今年の夏をお過ごしください。

 さて、本日は、梅雨の時期に見られた、見事な西大台の景色を紹介します。

大台ヶ原は雨が多い地域ということもあり、林内の沢近くや湿った場所ではバイケイソウがよく見られます。有毒植物であることや開花時には独特のにおいがすることで知られていますが、新緑の季節には鮮やかな葉を広げ、森を歩く人々の目を楽しませてくれます。

 花をつける前に枯れていく個体が多い年もある中で、今年は近年稀に見る程の群生となりました。そのままたくさんの花をつけ、西大台の森には幻想的な世界が広がりました。

6月バイケイソウ群生(新緑)

バイケイソウ群落(蕾)

バイケイソウ群生(花)

バイケイソウ群生(新緑)

バイケイソウ群生(蕾)

バイケイソウ群生(花)

バイケイソウの花

バイケイソウとタテハチョウ科

アキアカネ

バイケイソウの花

花の蜜を吸うタテハチョウ科

アキアカネ

 今はすでにバイケイソウは盛りを過ぎましたが、大台ヶ原の夏を代表する花であるリョウブが咲き、麓より一足早くアキアカネが飛び交う様子なども見ることができます。

 大台ヶ原にお越しの際は、体調には十分ご注意の上、熱中症対策の準備を忘れないよう気をつけてお楽しみください。

【ビジターセンター利用におけるお願い】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、皆さまに下記のご協力をお願いしております。

・発熱や咳・咽頭痛などの症状がある場合、入館はお控えください。

・館内では、ご自身のマスク着用をお願いいたします。

・館内では、他の利用者の方と一定の距離をお保ちください。

そのほか、混雑時には入館規制など適切な利用の呼びかけをさせていただく場合があります。ご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いします。

大台ヶ原ビジターセンターFacebook

大台ヶ原ビジターセンター窓口による大台ヶ原の情報をお知らせしております。是非ご覧ください。

大台ヶ原登録ガイド

環境省では、大台ヶ原をより深く楽しく安全に満喫いただくために、大台ヶ原登録ガイド制度を運用しております。ガイドを選んで、是非自分だけの大台ヶ原をカスタマイズしてみてください。

ページ先頭へ↑

2020年08月13日小学生工作教室~漂着物で工作!~

山陰海岸国立公園 竹野 久畑久美子

湿度が高く暑い日が続きますね。

竹野自然保護官事務所のアクティブ・レンジャー久畑です。

毎年夏休み期間中に豊岡市立図書館竹野分館主催の小学生工作教室に講師として参加しています。

今年はコロナの影響で小学校の夏休み期間が短く、夏休み期間外での開催となりました。

いつもより参加人数を減らし、一人あたりの間隔を広くとったうえでマスク着用などの対策をとりました。

夏らしく海をテーマにして、竹野の海に打ち上げられた漂着物を使った工作をします。

今回は流木を使ったペン立てを作りました。

図書館の司書さんの挨拶の後、少し時間をいただいて海の漂着物についてのお話をしました。

今回工作用に準備した貝殻は竹野の海で拾えるほんの一部のもので、もっとたくさんの種類がいること、貝以外にも多様な生物がいることを伝えました。また、近年注目を集めている漂着ゴミについてのお話もさせていただきました。漂着ゴミの話では実際に漂着した海外のゴミや大きなブイ、海岸を写した写真などを見てもらいました。

漂着ゴミの紹介                        

参加者は、こんな大きなものが流れ着くのかととても驚いた様子でした。

みんな身近に感じていることだからでしょうか、とても真剣に聞いてくれました。

お話の後は工作にはいります。

流木を短くカットしたものをペットボトルに貼付け、漂着物のかけら、貝殻などを使って

飾り付けていきます。

グルーガンを慎重に使う子供

グルーガンは熱で溶けるボンドなので火傷に気をつけながら慎重に・・・

今回は材料として使う貝殻の種名を書いたシートをお渡ししました。

貝の種名を調べながら好きな貝殻を貼付けていきます。

貝殻やかけらなどの材料

   

漂着物のかけらは、ガラスや茶碗、レンガ、瓦などが波に削られて丸くなったものを準備しました。

色とりどりのかけらは「かわいい!」とお母様方から好評でした。

小さいパーツをつけるのは大変な作業ですが、リピーターも多く慣れた様子で作っていました。

中にはペイントする子や、工作教室のために自分で漂着物を拾ってくる子、追加でビーズなど

自分が使いたい材料を持ってきてくれる子がいました。

小さなかけらをたくさんくっつける子供貝殻にペイントする子供

材料選びの際の密集を避けるため、一律で材料を配ったので、同じ様な作品ばかりになったらどうしようか

と思っていましたが無用な心配だったようです。

女の子たちはみんなでおそろいを作成

いつもなら集合写真を撮るのですが、 完成品を席から見せて~とお願いしました。

席から完成品を見せてくれる子供

皆さん思い思いのものが作れたようです。

図書館前のブリッジをお借りして8月いっぱい漂着ゴミの展示もしています。

   漂着ゴミの写真のパネル展示も行っていますゴミの展示

主に海外から漂着するゴミを展示しましたが、海岸に打ち上げられたゴミの写真を展示して、私たちが日常生活で出すゴミが川を流れて海に多く流れ着くことも伝えました。

                                        

今回漂着物を使った工作や展示を行ったことで、海の自然環境、美しい海岸の保全に興味を持ってくれる子が増えるといいなと思いました。

それではまた次回。

ページ先頭へ↑

2020年08月11日前鬼三重滝の巡視報告

吉野熊野国立公園 吉野 早川諒介

 皆様、初めまして。5月から新しく吉野管理官事務所(大峯・吉野山・大杉谷地区担当)のアクティブ・レンジャーとして着任を致しました早川(はやかわ)と申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 吉野に来てからは、コロナウイルスの影響でなかなか巡視ができませんでしたが、緊急事態宣言も解除された後、大峯山系(八経ヶ岳・前鬼三重滝)・大台ヶ原・吉野山などを巡視しました。普段から、登山が趣味で多くの山を登ってきました。今後の目標は、全国の100名山を制覇したいと考えております。近々、大峰山系や大杉谷の山特集もしていきたいと考えております。

 また、ロードバイクも趣味で淡路島一周・琵琶湖1周などにも行きました。毎年、大台ヶ原で行われる令和2年度ヒルクライム大台ヶ原はコロナウイルスのため中止となりましたが、令和3年度のレースには出場したいと考えております。ただ、坂は苦手で平地のほうが好きですが。レースに出場しない場合でも、大台ケ原ドライブウェイは大パノラマが広がり最高の景色を楽しむことができ、おすすめのスポットです。

 5月29日、奈良県の南東部、下北山村の、小仲坊(おなかぼう)から垢離取場(こりとりば)を経由して、前鬼三重滝(ぜんきみかさねのたき) に至る登山道を巡視しました。途中にある、エメラルド・グリーン色に輝く美しい淵「垢離取場」の景色に言葉を失いました。多くの、美しい景色をこれまで見てきましたが、ここまで水面に映る鮮やかなグリーン色は初めてでした。今回は、水量は少なかったですが、前日に雨が降った場合などは、水位が上昇し徒渉を伴うので、着替え、タオル等の備えが必要です。

垢離取場     垢離取場

*垢離取場:垢離(こり)とは身についた罪・穢(けが)れという意味になり、修験道の行者さんたちが、この淵に浸かり心身の浄化を祈るための場所となっています。

 

 最終目的地の三重滝は、壮大で絶景な光景となります。この規模の大きさの滝を間近で見たことがなかったので、滝の素晴らしさを改めて肌で感じることができました。三重滝は落差約40m級の3連瀑(下から不動滝・千手滝・馬頭滝)からになります。奈良県には、多くの滝があり、日本の滝百選にも選ばれている名瀑もあります。今後、滝に特化した滝特集もしていきたいと考えております。

前鬼三重滝     前鬼三重滝

 今回初めて前鬼三重滝に行きましたが、コース難易度は中級者以上でした。岩場もあり石は滑りやすくなっていますので転倒の注意が必要です。登山道は標識やテープによる誘導もありますが、迷いそうな場面もありましたので、事前のルート確認、地図の携行が必須です。

下北山役場:http://www.vill.shimokitayama.nara.jp/

*道路の通行止め情報、前鬼三重滝の登山ルート情報など

ページ先頭へ↑

2020年08月04日レンジャーと学ぼう

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさま こんにちは。浦富自然保護官事務所の澤です。

 さて6月になりますが、浦富自然保護官事務所の近くにある小学校で自然保護官が5年生の総合の授業を行いましたので、その様子をお伝えします。

 総合の授業の中で、岩美町の宝の一つである「海」の素晴らしさについて意見を出し合っていました。

岩美町の海はすばらしい。きれい。という意見がでる中、こんなにゴミがあるのに本当にきれいな海って言えるのか。という意見が出てきたそうです。確かに言われてみると、ゴミがたくさんあるなあ、、、という同調する意見も出始め、子どもたちは「きれい」「きたない」の二つのグループに分かれて議論しました。

【きれいな理由】

 ・透明度が高い

 ・水質AA

 ・砂浜がきれい 等

【きたない理由】

 ・ゴミが多い

 ・漂着ゴミがすごい

 ・将来魚よりゴミの方が多くなる

 ・マイクロプラスティックゴミ 等

 そこで今回、山陰海岸国立公園の自然保護官(レンジャー)のお話を聞こうとなりました。

 レンジャーからは、国立公園は日本を代表する自然の風景地であること、全国に34箇所が指定されていることなどをクイズや質問を交えて説明しました。

 「国立公園に行ったことがあるか」という質問には、行ったことがないと答えた子どもたちもいましたが、すぐ身近にある浦富海岸が国立公園であることを知ると、大変生き生きした表情で聞き入っていました。レンジャーが質問すると、毎回手を上げて答えが返ってきます。レンジャーの話を一生懸命に聞いて、黙々とメモをとっている姿に感心しました。

 また、山陰海岸は世界ジオパークとなっている世界的に貴重な地質・地形の宝庫であることを説明し、浦富海岸の美しい景色を写真で紹介しました。

 子どもたちは、浦富海岸は水の美しさ、砂浜の美しさだけでなく、景観的な美しさにおいてもすばらしいところであることを理解したようでした。

授業風景1    休憩時間 

  <質問にはたくさんの手が上がります>         <休み時間もレンジャーへ質問中>

【レンジャーへの質問】

・ゴミの量はどこが一番多いですか。

・浦富海岸の生き物をなぜ捕ってはいけないのですか。

・今までで、保護したことがある希少な動物はなんですか。

・国立公園で一番おすすめはどこですか。

・一番面積が大きい国立公園、小さい国立公園はどこですか。

【今日の授業で感じたこと】

・レンジャーの仕事は自然環境や動物を守ること。

・環境のためゴミ拾いをしたい。

・国立公園やレンジャーについてわかった。

・岩美に国立公園があってすごい

・地元に国立公園があるので、大切にしたい。

授業風景2

       

       <授業風景>

 やはり、子ども達の一番の関心は、海岸の漂着ゴミについてのようでした。

 最後にレンジャーから、山陰海岸国立公園には浦富と竹野の2つの自然保護官事務所に4人しかレンジャーがいないので、みんなもゴミを拾ったり、環境を守る取り組みに参加して、一緒に国立公園を守ってほしいとお願いして、授業が終わりました。

 一生懸命話を聞いていた子どもたち。国立公園やレンジャーについて、初めて聞いた話もあったと思います。今日の話を聞いたことで、環境などについて考えるきっかけになったらいいなと思います。そしてこれから先、美しい海を、環境を守っていって欲しいです。

校舎からの風景

   <校舎から見える浦富海岸>

ページ先頭へ↑

2020年08月04日造成干潟のイベントに参加しました

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 皆さんこんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。停滞していた梅雨前線がやっと抜け、ついに関西にも梅雨明けが訪れ、日差しが気持ちいいですね。でも熱中症には気を付けなくてはいけません。暑さ対策と適度な水分補給を心掛けてくださいね。

 さて、先日は兵庫県西宮市の国指定浜甲子園鳥獣保護区に行ってまいりました。

天気は快晴、なかなかの暑さです  大潮のため、この日は一面に干潟が出現

  【天気は快晴、なかなかの暑さです】      【大潮のため、この日は一面に干潟が出現】

 国指定浜甲子園鳥獣保護区の干潟は渡り鳥の中継地として、また冬はカモ達の越冬地として非常に重要な役割を担っていることから、昭和53年11月に国指定鳥獣保護区となりました。その後兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)の地盤沈下等により干潟が減少し、渡り鳥の利用可能な干潟としての機能が低下、鳥類の飛来数も年々減少したことから、環境省の保全事業として干潟の造成を行いました。

干潟の奥に見えるのは阪神高速5号線です  土の中にいたニホンスナモグリ

【干潟の奥に見えるのは阪神高速5号線です】      【土の中にいたニホンスナモグリ】

 今回はこの造成干潟を生き物にとってさらに魅力的な干潟にするために、地域で活動しているNPO法人海浜の自然環境を守る会の皆さんと有志の皆さんとともにイベント「甲子園浜の再生干潟に生き物のお家を作ろう」に参加しました。

具体的には、造成干潟の上に石を運んで、鳥の餌となるようなカニや貝が住み着けるような新たな環境を作ろう!というイベントです。

1か月前に設置した石を調べてみます  すでにカニ・ヤドカリが住んでいました

 【1か月前に設置した石を調べてみます】     【すでにカニ・ヤドカリが住んでいました】

 生き物が住み着くために最も必要なものは、快適な環境(お家)です。特に鳥や魚に狙われやすいカニや貝などの生き物は、ただ干潟が広がっている場所にはなかなか居つくことが出来ません。ですが干潟に石を1つ置くだけで、石の表面に海面を漂っているフジツボなどが着底し、さらに石の裏にはヤドカリなどが住み始めます。さらに石を重ねて置くことで、石と石の隙間ができ、カニなどのより多くの生き物が住み着ける環境になるのです。

 簡単なレクチャーを終えた後は、みんなで石運び・石並べの時間です。石の重さは様々で小石のようなものから重いものでは2kg以上のものも。干潟の環境づくりのために、皆で楽しみながら汗を流しました。暑い中本当にお疲れ様でした。

ソリで運ぶ人も  環境省職員も石を運搬

      【ソリで運ぶ人も】              【環境省職員も石を運搬】 

せっせと並べていきます  完成!今後どうなるか楽しみですね 

    【せっせと並べていきます】        【完成!今後どうなるか楽しみですね】 

ページ先頭へ↑

2020年08月03日知られざる白浜 ~番所山の夏の海~

吉野熊野国立公園 田辺 戸口協子

 大暑も過ぎ、遅目の梅雨明けで夏本番ですね。

 みなさま、初めまして。このたび、田辺管理官事務所のアクティブ・レンジャーになりました、和歌山県紀北出身の戸口と申します。

 田辺管理官事務所の担当エリアは、吉野熊野国立公園の和歌山県西岸部を中心とするみなべ町からすさみ町までのエリアです。先輩アクティブ・レンジャーさんに引き続きエリアの魅力を伝えていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 担当エリアの中でも、パンダや白良浜、円月島などの関西では観光で名の知れた白浜。そんな白浜ですが、まだあまり広く知られていないスポットを今回ご紹介したいと思います。

天然アーチ越しに望む田辺湾(2020年7月撮影)
天然アーチ越しに望む田辺湾

 ここは番所山。田辺湾の南側で、紀伊水道に突き出した小さな半島です。かつては島でしたが、海流により東側の陸地との間に砂地の平地(陸繋砂州)ができて陸続きになりました。

陸繋砂州で繋がる番所山(出典_国土地理院ウェブサイト)

陸繋砂州で繋がる番所山

(出典:国土地理院 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html

 県道34号沿いにある町営臨海浦海水浴場から砂浜沿いに咲く自生植物の花畑を楽しみながら西進すると、そこに広がる海には...

天然のアーチ、見事です!(2020年7月撮影) 砂浜沿いに咲くユウスゲ(2020年7月撮影)
砂浜沿いに咲くオニユリ(2020年7月撮影)

     天然のアーチ、見物です!     砂浜沿いに咲くユウスゲ(上)

                             オニユリ(下)

 この天然のアーチは塔島礫岩層(とうじまれきがんそう)の比較的柔らかい礫岩からできています(崩落・落石のおそれがあるため、近づきすぎないようご注意ください。)。まさに、波が織りなす自然のオブジェです(円月島も成り立ちは同じ)。

タイドプール越しに望む田辺湾(2020年7月撮影)
タイドプール越しに望む田辺湾

 降雨後でも水が濁ることがほとんどなく、田辺湾口にある塔島の岩礁地帯により、外洋からの波も打ち消され、穏やかで流れもほぼありません。海岸沿いでジオ観察、岩場ではシュノーケルや磯観察、釣りなど、多様な楽しみ方ができます。

臨海浦海水浴場から望む番所山・塔島(2020年7月撮影)
臨海浦海水浴場から望む番所山・塔島

 番所山には、100年以上前に「エコロジー」の考え方を提唱した世界的博物学者である南方熊楠の研究の軌跡を紹介する南方熊楠記念館があります。故・小嶋一浩氏による洗練されたデザインの内装・展示室には、粘菌の細胞の中の原形質が約60〜120秒毎に逆流するのを観察できる顕微鏡があります。また、展示内容もさることながら、屋上デッキからの田辺湾の見応えある360°展望には、つい予定より長居されるお客様が続出です!

南方熊楠記念館展望デッキから望む景色(2020年7月撮影)
南方熊楠記念館展望デッキから望む風景

 記念館では番所山ハイキングマップ等も配布されていますので、散策の際にもぜひお立ち寄りください。

番所山ハイキングマップ(提供:南方熊楠記念館)
番所山ハイキングマップ(提供:南方熊楠記念館)

 今夏は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、楽しみにしていた夏休みも短くなっているところが多いと思います。こんなご時世だからこそ、3密に気を配りながら、自然からパワーをもらい、身体と心の軸を整えられるお休みになるといいなと思います。

 新型コロナウイルス感染症の収束を心から願います。

※海水浴場や南方熊楠記念館などの施設利用に際しては、各施設のHP等の情報をご確認いただいき、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策をとったうえでのご利用をお願いいたします。

  白浜町役場:http://www.town.shirahama.wakayama.jp/

  南方熊楠記念館:http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ