ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年1月

2件の記事があります。

2020年01月30日霧氷はありますか?

吉野熊野国立公園 青谷 克哉

 新年です。昨年は日本も世界も見渡せば、善し悪しあれど何かと騒がしい一年でありました。今年も色々と事が起こるのでしょうが、良い一年であったと言えるようにしたいものです。一年の願いは「平穏無事」、吉野管理官事務所の青谷でございます。

 1月13日のこと、吉野熊野国立公園のお隣、室生赤目青山国定公園にあります三峰山(みうねやま)に登って参りました。世は成人の日ということで、山へ向かう途中にあった公民館の様なところでも成人式の準備をしていました。大人の仲間入りを果たす若人が祝われるさなか、近畿地方環境事務所主催の山の日記念行事の最終回を三峰山にて開催しました。

霧氷トレッキングと銘打ちまして、奈良県は御杖村(みつえむら)からの登山を計画したのですが、聞く限りでは暖冬という始末。はたして雪山登山はできるのか?はたまた普通の山登りになってしまうのか?答えは登ってみないと分かりません。

 当日の天気は晴れで、風は少々強く感じるが寒さはそこまでではなく。みつえ青少年旅行村にある登山口から始めは舗装路を歩き、途中から植林地の山道へ入ります。勾配の急なところは少ない、歩きやすいコースでした。

 お昼休憩は山中の避難小屋にて。今回のイベントに合わせて地元のものを使ったお弁当(写真左)を用意しました。御杖村特産の漬物やこんにゃくも入っており、大変美味でした。腹ごしらえが済んだら、後半の登りに出発です。ここからは雪が積もっており、軽アイゼンの出番になります。雪の量は少ないと思いましたが、雪山を体験できて一安心。後は霧氷が見られるかどうかです。

山のお弁当雪だるまと登山道

 道中には、誰が作ったのか雪だるまがお出迎え。山頂への道のりも変わらず穏やかで、晴れていたこともあり眼下に御杖村を望むことが出来ました。

三峰山のビューポイントから

 唐突に現れたビューポイント、雄大な山並みは壮観でありました。なんでも、条件が揃えば木曽御嶽山や富士山までも見ることができるということでしたが、当日の結果は上の写真のとおり、見ることは叶いませんでした。さて、ビッグイベントたる霧氷はどうだったのかと言いますと。

霧氷霧氷

 見事に見ることが出来ました。さて、霧氷(むひょう)とは何ぞやといいますと、霧や水蒸気が凍って木についたもの。蔵王で有名な樹氷も霧氷の一種です。

雪だるまの社

 山頂には、雪だるまの社がありました。皆で記念撮影をし、無事に下山いたしました。

御杖村のみつえ青少年旅行村では、1月11日から3月1日まで、霧氷まつりを行っております。当日も物産店など出ていましたので、よろしければ遊びに行って下さい。詳しくは、御杖村のホームページから

(https://www.vill.mitsue.nara.jp/kurashi/kanko/5/1338.html)。

 冬山は、夏や秋とはまた違った顔になります。登山道が雪で隠れたり、既存のコースを外れないと行けなかったりと、迷う可能性も考慮して、しっかりと準備して余裕のある登山計画で楽しんで下さい。

ページ先頭へ↑

2020年01月28日六甲山 冬の自然観察

瀬戸内海国立公園 神戸 中村高也

 皆さん、こんにちは。神戸自然保護官事務所の中村です。今年もよろしくお願いいたします。

 ついに2020年になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。今年は東京オリンピックが7月に開催予定で、日本にとって節目の年になりそうですね。

 さて、先日は外に飛び出して、瀬戸内海国立公園の六甲地域にございます六甲山ビジターセンターと近くのフィールドで開催された環境学習イベントに参加させていただきましたので、ご報告させていただきます。

 こちらのイベントは「六甲山を活用する会」の皆さんが毎年行っている四季の環境学習プログラムの一つ。大都市神戸から気軽に訪れることができる六甲山で、四季折々の自然の移り変わりを肌で感じてもらえることから人気を集めています。

冬の自然観察についてお勉強 自然観察をしながら、森を目指します

  【冬の自然観察についてお勉強】       【自然観察をしながら、森を目指します】

 六甲山ビジターセンターに集合して、まずは少しお勉強の時間です。春から秋まで森にいた生きものたちは冬になってどこにいったのか?また今年の干支であるネズミについてなど、講師の皆さんから丁寧な説明を聞いた後は、お待ちかねの探索タイム。自然観察に向けて森へ出発です。

森で見てほしい植物 これがクロモジの冬芽です

  【森で見てほしい植物"クロモジ"】        【これがクロモジの冬芽です】

 道中、みんなでクロモジという木を探しました。あまり目立たない植物ではありますが、北海道を除く全国の里山に生育するクスノキ科の樹木で、良い香りを持つことから和菓子を切る楊枝としても利用されています。お菓子の香料として使われるニッキ、シナモンも同じくクスノキ科の植物です。当日はクロモジを使ったお茶(クロモジ茶)もふるまわれ、自然をいっそう身近に感じる良い機会になりました。

森の中の池で生きもの調査 薄いですが、表面に氷が張っていました

  【森の中の池で生きもの調査】        【薄いですが、表面に氷が張っていました】

 

 続いては、このイベントの名物、二つ池での自然観察です。と言っても、動物や植物を観察するのではありません。池の氷を観察するのです。今年は暖冬のため、氷が張っているか心配でしたが、厚さおよそ0.5cmの氷が張っていました。割った氷を手にとって子ども達は大はしゃぎ。分厚い氷が張っていれば乗ることができるのですが、薄い氷でも子ども達には十分楽しかったようで、大人たちもホッと胸をなでおろします。標高の高い六甲山ならではの体験です。

たまった落ち葉の裏にマメシジミ 見つけた生きものは顕微鏡で観察

  【たまった落ち葉の裏にマメシジミ】      【見つけた生きものは顕微鏡で観察】

 1時間ほど二つ池で調査をして、マメシジミ(シジミに近い仲間の二枚貝)とトンボのヤゴを見つけることができました。

朽ち木を砕いて生きもの調査 中から幼虫(コメツキムシ類)を発見!

   【朽ち木を砕いて生きもの調査】     【中から幼虫(コメツキムシ類)を発見!】

 森から戻って朽ち木の中の生きもの調査。朽ち木を砕いていくと甲虫の幼虫などが見つかりました。

六甲山の寒い冬、地上ではほとんど生きものを見ることができませんが、水中や地中、朽ち木の中で、春が来るのを待っているのですね。

 近年、里山のような身近な自然は減少傾向にあります。雑木林での虫取り、池で遊ぶといったことも普段はできないと、保護者の方からも声がありました。だからこそ、このようなプログラムを通して子ども達が自然から学び、成長する場として、今後も六甲山をどんどん活用してもらえたらうれしいです。

   

 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ