ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年11月30日

1件の記事があります。

2018年11月30日鳥取砂丘ビジターセンターがオープンいたしました。

山陰海岸国立公園 浦富 澤恵美子

 みなさん、こんにちは。

9月より浦富自然保護官事務所のアクティブ・レンジャーとして着任しました澤 恵美子(さわ えみこ)と申します。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 鳥取は日に日に寒くなってきています。天気も雨や曇りのどんよりした日が多くなり、寒さが身にしみます。でも、晴れた日の空は澄んで気持ちよく大変貴重でありがたい気持ちになります。

 さて、待望の山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター(以下:ビジターセンター)が10月26日にオープン致しました。

 平成25年からビジターセンター整備に向けて地域の皆様と検討をはじめ、ようやくこの日を迎えることができました。

新しくオープンしたビジターセンターは、山陰海岸国立公園鳥取砂丘地域の利用拠点として年間利用者60万人の来場を目指します。

 

 今回は開館記念式典の模様についてお知らせします。

2018年10月26日鳥取砂丘ビジターセンター開館記念式典当日正面写真

 

 式典当日の天気は風が少々ありましたが、大変気持ちのよい秋晴れ。

まずは、福部保育園の園児による、元気いっぱいの「エビカニクス」の踊りで始まりました。楽しく踊る子どもたちの姿に会場の方々の手拍子も弾み、皆さんの表情もにこやかでした。

鳥取砂丘ビジターセンター開館記念式典園児踊り(2018年10月26日)

式典では環境省、鳥取県、鳥取市の主催者挨拶のあとに、多くのご来賓の方々からご祝辞、お祝文、ご祝電をいただきました。

そしていよいよ、待ちに待ったテープカットです。

鳥取砂丘ビジターセンター開館記念式典テープカット(2018年10月26日)

テープカットの瞬間、山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンターが誕生しました。

 ビジターセンターの外観は山陰地方の宿場町の雰囲気を醸し出すデザインとなっています。

1階には案内カウンターや休憩スペースがあり、1階から2階の吹き抜けには全長4メートルの火山灰層の標本が展示されています。

半地下には体験学習室、レクチャールーム。体験学習室には風紋発生装置があり館内スタッフが無料でビジターセンターのガイドをしてくれます。

2階は映像ミニシアター「すなくら」があり、普段なかなか目にできない、生きている砂丘の姿を体験できます。このほかにも展示コーナー、学習コーナーなどもあり、色々な砂丘を発見できると思います。

 たくさんの方々に立ち寄っていただき、いつまでも親しまれ愛される施設に成長していってほしいです。

 みなさまも機会があれば是非とも山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンターへお越しください。

こころよりお待ちしております。

鳥取砂丘ビジターセンター開館記念式典当日朝の砂丘(2018年10月26日)

当日朝の砂丘 

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ