ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年8月

3件の記事があります。

2018年08月15日『上北山村 神秘の森 荘厳の山 大台ヶ原を歩く』

吉野熊野国立公園 小川 遥

 皆さま、こんにちは。吉野自然保護官事務所の小川です。

8月に入り立秋も過ぎましたが、暑い日が続きつつも朝夕には涼しい風を感じる日も出てきました。

とはいえ、暑さにはまだまだ注意が必要です。私も、スイカにトマト、ナスなどさっぱりした旬の野菜を楽しみながらも、体力をつけるべくお肉は欠かさず食べている日々を送っています。

 

 さて、本日は、8月1日に開催した大台ヶ原ガイドウォーク『大台ヶ原を歩く』の様子をお届けします!(※7月28日開催分は、台風12号による影響が予想されたため、中止となりました)

このガイドウォークには、大台ヶ原を周回する歩道を歩く「西大台ツアー」と「東大台ツアー」のほか、大台ヶ原自然再生事業の取り組みにふれる「自然再生ツアー」があります。

「自然再生ツアー」では大台ヶ原自然再生推進委員会の委員でもある奈良教育大学 松井淳教授の案内により、東大台の自然再生推進事業の実施場所をめぐって、大台ヶ原の現状を見聞きしました。普段は入ることができない防鹿柵(ぼうろくさく)内にも入り、幼木の育ち具合など柵の中と外の違いを見ていただきました。

防鹿柵の解説

金属製剥皮(はくひ)防止ネットの解説

防鹿柵の解説

金属製剥皮(はくひ)防止ネットの解説

 現在、大台ヶ原で目にする景色は、数十年前から変わらない場所もあれば、大きく変わってしまった場所もあります。何が変わったのか、どうして変わってしまったのか、なぜ自然再生の取組みが必要なのか。このツアーで、豊かな自然の中でも随所で見られるシカによる森林への影響の様子など、何気なく歩くだけでは気が付かない部分を知っていただけたのではないでしょうか。

 「西大台ツアー」と「東大台ツアー」では、昨年10月より登録が始まった大台ヶ原登録ガイド(詳しくはこちら→http://vill.kamikitayama.nara.jp/guide/)の案内のもと、原生的な雰囲気あふれる西大台と雄大な景色が味わえる東大台をそれぞれ堪能していただきました。

 吉野熊野国立公園大台ヶ原を知っていただくために企画したガイドウォーク『大台ヶ原を歩く』も残すは9月開催のみとなりました。この機会を逃さず、是非参加してください。皆さまをお待ちしております☆

☆上北山村 神秘の森 荘厳の山 「大台ヶ原を歩く」☆

日程:9月28日(金)

内容:大台ヶ原登録ガイドや自然再生に詳しい特別講師による、ひと味違う大台ヶ原を楽しめるガイドウォークです(西大台、東大台、自然再生の3ツアーから選択)。

※公共交通機関の使用による参加が必須です。

※好評につき、西大台ツアーは満員となりました。

詳しくはこちら→ http://vill.kamikitayama.nara.jp/

ページ先頭へ↑

2018年08月14日夏休み子ども見学デー

瀬戸内海国立公園 神戸 高橋明子

 みなさんこんにちは。神戸自然保護官事務所の髙橋です。気温の高い日が続いていますが夏バテなどされていませんか??

 今回は国立公園の話題から少し離れて、神戸自然保護官事務所がある神戸地方合同庁舎で開催されたイベントについてご報告します。

 神戸地方合同庁舎には様々な国の出先機関がありますが、それぞれの機関の仕事内容を知ってもらおう!ということで、「夏休み子ども見学デー」が8月2日から3日の2日間にわたって開催され、それぞれの機関の仕事紹介や体験ができる18のブース出展がありました。

 神戸自然保護官事務所のブースでは、外来生物問題についての展示と瀬戸内海国立公園六甲山・摩耶山の紹介を行いました。カミツキガメをはじめ、外来生物の標本に関心が高く、特にヒアリの樹脂包埋標本は、大人から子どもまで多くの人が興味深そうに見て下さいました。ヒアリは皆さん一様に「思っていたより小さい!」との感想でした。昨年より話題になっているヒアリですが、TVなどでは拡大されて放映されているため、大きいものと勘違いされている方が多いようです。

 ヒアリは肉眼で識別することは困難なので、疑わしいアリに出会ったときは触らずにヒアリ相談ダイヤル 【☎0570-046-110(※一部機種では利用できないためその場合は☎06-7634ー7300):午前9時から午後5時まで】へご相談下さい。

 また瀬戸内海国立公園六甲山・摩耶山については、クイズをまじえながら紹介をしました。

神戸保護官事務所展示ブース(2018年8月2日撮影) カミツキガメやヒアリの標本に見入る来場者(2018年8月2日撮影)

     神戸自然保護官事務所のブース        カミツキガメやヒアリの標本に見入る来場者

六甲山・摩耶山クイズに挑戦する子ども達(2018年8月2日撮影) ヒアリの樹脂標本(2018年8月2日撮影)

     六甲山・摩耶山クイズに挑戦!       ヒアリの標本(ヒアリの大きさは約2.5mm~6mm)

 

 そのほか、農林水産省近畿農政局兵庫県拠点の食品表示や自給率について学ぶコーナーや農林水産省の植物防疫所及び動物検疫所神戸支所の植物や動物の検疫、近畿地方整備局の港湾について学ぶブースなど大人が見ていても、興味深い内容でした。

動物検疫所神戸支所のブース(2018年8月2日) 瀬戸内漁業調整事務所のブース(2018年8月2日)

       動物検疫所神戸支所                瀬戸内漁業調整事務所

動物検疫所&大阪入国管理局イメージキャラクター探知犬「クンくん」&「えんトラくん」(動物検疫所神戸支所のブース(2018年8月2日撮影))      動物検疫所&大阪入国管理局イメージキャラクター探知犬「クンくん」&「えんトラくん」(動物検疫所神戸支所のブース(2018年8月2日撮影))

 今回のイベントは、色々な国の機関の仕事に触れる良い機会だったのではないかと思います。また、資料も充実しており、夏休みの自由研究の題材を見つけた!といった声もたくさん聞かれました。

 気温が高すぎて屋外で活動できない日は、このようなイベントに参加してみるのもよいのではないかと思います。残りの夏休み、元気に楽しんで下さい!

ページ先頭へ↑

2018年08月03日「よしくまアドベンチャーinウミガメ調査隊になろう!」を開催しました

吉野熊野国立公園 中村千佳子

 みなさん、こんにちは。田辺自然保護官事務所アクティブ・レンジャーの中村です。毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、7月7日(土)・13日(金)・16日(月・祝)にみなべ町で子どもパークレンジャー事業「よしくまアドベンチャーinウミガメ調査隊になろう!」を開催しましたので、ご報告します。

 今回のアドベンチャーは、地域の子どもたちにアカウミガメの産卵観察や調査体験を通じて、自然に対する興味を持ってもらい、改めて地域の自然に目を向けるきっかけになることを目的として開催しました。当日は12名の子どもたちが参加してくれました。

   

座学の様子   講師の説明

 座学の様子

 第1回目は、吉野熊野国立公園の千里の浜に上陸・産卵するアカウミガメの生態と関係者による保護活動・調査について学びました。子どもたちは、熱心にメモをとりながら話を聞き、手を挙げて質問をしていました。

 第2回目は、実際に浜に出てアカウミガメの産卵の観察と調査・保護活動の体験をしました。産卵の観察は母ガメの邪魔にならないよう、産卵がはじまるまで物音を立てずに静かに待たなくてはいけません。

この「待つ」ということが子どもたちにとって一番の試練でした。なぜなら、母ガメは穴を掘り始めたとおもったら止めて、別の場所へ移動してまた穴を掘る、という行動を繰り返すので、長時間待たなければならなかったからです。最終的には子どもたちの目の前で産卵がはじまりました。体験終了後、子どもたちは興奮した様子で「すぐ目の前にカメがきたよ!」と教えてくれました。

母ガメの気持ちになって穴を掘ろう   産卵の様子

 母ガメになった気持ちで穴を掘ろう          産卵の様子

 第3回目は、第2回目で観察した母ガメが今シーズン3回目の産卵であったことや、2年前にも千里の浜に上陸していたことについて学びました。

 その後、母ガメの気持ちになって昼間に上陸しない理由を知るために穴掘り体験をしました。子どもたちは一列に並んで母ガメのように手足を使って穴を掘りますが、砂が熱くてなかなか深く掘れませんでした。講師がお手本に穴を早く深く掘ったのを見て子ども達は驚くとともに悔しそうでした。

 そして、みんなで掘った穴で砂の表面と下の方の温度を調べました。表面はとても熱いのに、下の方は冷んやりとしていていました。

 講師から、昼間は砂浜が熱すぎて産卵に上陸しないことや子ガメの性別は砂の温度で決まることを学びました。

手本に穴を掘る講師   集合写真

                          集合写真

 子どもたちからは「浜を歩いたとき、砂に足が埋まって歩きにくく、産卵のパトロールをしている人は大変だなと思った。」「毎晩、パトロールする人は凄いなと思った。昼の砂浜はとても暑いけど穴を掘ると中は冷たかった」「みなべ町に住んでいるがウミガメの産卵を見たのは初めてだった。必死に産んでいる感じがして感動した。」「どんなふうに穴を掘って卵を産むのかよくわかった。自分で海に行ったときにも探せたらいいなと思った」などの感想が寄せられました。

 これらの経験を通して、子どもたちには自然の中で遊ぶだけでなく、一歩踏み出して考える事でアカウミガメの調査や保護活動に関心を持ち、自然を守り残していく気持ちにつながってくれるといいなと思いました。

 次回のよしくまアドベンチャーもお楽しみに!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ