ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年1月 4日

1件の記事があります。

2018年01月04日大峰山系雪景色

吉野熊野国立公園 青谷 克哉

今年の冬は、よく冷えますね。奈良でも、所によっては雪が降り積もっているようです。事務所近くの吉野川に飛来しているカモを見て、もう冬だなと思ったりする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?吉野自然保護官事務所の青谷でございます。

さて、吉野熊野国立公園の大峰もすっかり雪化粧。国道309号が通行止めになる直前の12月8日に、行者還トンネル西口の登山口に設置している登山者カウンターの回収に行った時の道の様子がこちら。

309号雪道

スタッドレスタイヤをはいた車を、ゆっくり慎重に運転しました。見渡す限り真っ白で、なかなか幻想的な雰囲気でした。道中では、ゆっくり走る車の前をニホンザルが横断していきました。餌を探していたのでしょうか?

これから2月にかけて、大峰山系にはどんどん雪が降り積もることでしょう。雪遊びや冬登山を楽しむなら、上北山村にある和佐又山がおすすめです。和佐又山のヒュッテ前では雪遊びが出来ますし、ソリやスキーも楽しめます(リフトはないので徒歩で上がりましょう)。

ソリ遊び

これは、昨シーズンの2月に和佐又山ヒュッテ前にてソリを楽しんでいる私です。ソリで遊ぶのは久しぶりで、童心に帰ることが出来ました。子どもだけでなく、大人の方もとても楽しめるのでおすすめです。

登山については、冬山ですので道中の油断は禁物ですが、和佐又山山頂からは雪化粧の大普賢岳などを眺めることが出来ます。

大普賢岳雪化粧

写真は一昨年2月に山頂から撮影した大普賢岳です。天気がよければ大峰の山並みも一望できます。

上北山村では和佐又山でのスノーシュー体験ツアーを企画していますので、よろしければ参加してみてください。詳しくは上北山村ホームページ(http://vill.kamikitayama.nara.jp/)から。

和佐又山に向かう道路には雪が積もります。スタッドレスタイヤやチェーン等、雪対策をしっかりとした上で、安全運転でお越しください。それでは、今回はこの辺でごきげんよう。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ