ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [近畿地区]

近畿地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年9月27日

2件の記事があります。

2017年09月27日よしくまアドベンチャー in 鹿島でシュノーケル

吉野熊野国立公園 中村千佳子

 皆さんこんにちは。田辺自然保護官事務所アクティブ・レンジャーの中村です。

9月に入り風が涼しくなり、栗の実が落ちる季節となってきました。

栗の実

 

 さて、先日告知させていただきました海中イベント「よしくまアドベンチャー in鹿島でシュノーケル」を8月26日(土)に開催しましたので報告します。

 今回のイベントは、和歌山県みなべ町鹿島にてシュノーケリングで海中景観を楽しむことを通じて、国立公園に指定されている本地域の豊かな自然とその恵みに目を向けてもらうことを目的として開催しました。当日は、地元の小学3年生~6年生までの児童21名が参加してくれました。

船に乗って鹿島へ                 さあ海へ!

ソラスズメダイとソフトコーラル          何が見えるかな?

 

 最初は不安そうだった子ども達も、泳ぎはじめると海中の生き物を見つけ、「わー!お魚いっぱい!」と楽しそうな様子で観察していました。報告会では 「たくさんの生き物がいて海から上がりたくなかった。もっと鹿島で観察したかった。きれいな海を大事にしたい。」や、「サンゴやウニ、ソラスズメダイやメジナがたくさんいた。鹿島には海食洞があるのをはじめて知った。」といった感想を聞くことができました。
 子ども達が、この体験をきっかけに、地元の豊かな海を大切にし、未来に残していく事を考えてくれると嬉しいです。

集合写真

ページ先頭へ↑

2017年09月27日☆秋の大台ヶ原自然観察会のお知らせ☆

吉野熊野国立公園 吉野 小川 遥

 皆さま、こんにちは。

 だんだん肌寒くなりすっかり秋の季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

秋といえば実りの秋、食欲の秋、食べる秋と思っている私は、色々な味覚を逃さず、いかに美味しく食べるかということを日々考えております。あまり一般的ではないけれどもこれぞ秋!という珍しい食べ物や食べ方を見つけたいものです。

 食に関することばかり・・・と思われるかもしれませんが、秋といえばスポーツの秋ともいわれるほど、運動をするにもとても良い時期です。

 そこで今回は、野外で身体を動かすのにぴったりのお知らせです。

10月15日(日)に、大台ヶ原(東大台)にて、大台ヶ原のことを楽しく学んでもらうための自然観察会を開催します。解説は、吉野熊野国立公園のパークボランティアの皆さんです。

毎回、初めての方もリピーターの方にも大変好評をいただいております。

 

これまでの観察会の様子を少しですがご紹介しましょう。

橋を渡るとその先には・・・!(5月観察会)  自然再生の取組みのお話(6月観察会) 

橋を渡るとその先には・・・!(5月観察会)      自然再生の取組みのお話(6月観察会)

よくよく足下を見ると何かが・・・?(7月観察会)   森林が衰退した立ち枯れの正木峠(8月観察会)  

 季節や天候によって、様々な姿を見せる大台ヶ原の風景と動植物。パークボランティアによるここでしか聞くことができない話や大台ヶ原で取り組んでいることを聞きながら散策すると、様々な気づきや出会いがあることと思います。

 今回が、今年最後の開催となります。ぜひ、このチャンスをお見逃しなく!大台ヶ原の森も色づいているかもしれません。

皆さまのご参加をお待ちしております。

☆吉野熊野国立公園 大台ヶ原自然観察会☆

日程:10月15日(日)

内容:大台ヶ原で活動するパークボランティアが、一緒に歩きながら東大台ヶ原の自然や自然再生の取組について解説します。

気になった方は下記のURLをご覧ください♪

HP:http://kinki.env.go.jp/to_2017/post_82.html

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ